機材の予備

2019年11月29日 08:00

シクロクロスに参加するときに何を持っていくか?これからはじめようって方向けに「【2019】シクロクロスをはじめたいあなたへ(機材編)」って記事も書きましたが、これ以外にできればトラブルを想定したバックアップ体制が必要になる。基本は予備を持っていくこと。RDやディレイラーハンガーとかチェーンなどの部品はもちろん、ジャージやグローブ、シューズなんかも予備があると安心だ。

IMG_1566.jpg
Photo by Uzzy

予備は壊れた時のバックアップだけではない。雨などの悪天候によりレースがマッドコンディションだった場合に試走だけで相当汚れる。予備がなければそのままレースに参加しなければならない。汗で冷え、雨で冷え、泥で冷え・・・見た目の悪さだけではなく、まともなコンディションでレースに臨ことが難しくなるだろう。

今年の野辺山がまさにこれ。野辺山らしい泥々のコンディションで自転車もウェアもすぐに泥だらけになった。それは分かっていたのでウェアもシューズも全て2セット持参して対応。

個人的なこだわりですが、試走の時はビブではなく、タイツが好き。朝試走のために自宅から履いていっても途中のコンビニやSAなどですぐにトイレ(大)に行けるので。

話が少し逸れました。

ウェア関係を2セット準備したおかげで躊躇なく水たまりも泥も気にせずに有効なラインを探すためにトライし続けられた訳。

mud_nw.jpg
参考:Northwave Hammer CX 購入時レビュー

もちろんシューズも2足持参。試走でNorthwave Hammer CXでレース本番ではGIRO EMPIRE VR90に履き替える予定でした。しかし、結局試走もレースもNorthwave Hammer CXで済ませました。やっぱりこのシューズは良いです。最悪のコンディションでもシューズ内を濡らさないネオプレン製のアンクルカバー。試走後靴を脱いだたソックスは全く湿っていませんでした。このネオプレン製アンクルカバーと踵のカップによる最高のフィット感。程よい剛性のナイロンソールによってラン多めのコースに対応しやすい。

シクロクロス シューズ

シンプルな3本ベルクロは壊れる心配はなく、ラチェットやダイヤルタイプに比べて掃除もしやすい。CXと名乗るだけあってまさにシクロクロスに向いたシューズです。これだけ持ち上げていますが、残念ながらすでに廃盤。ネオプレン製アンクルカバーは新型に引き継がれていますが、固定方法がBoaダイヤルになってしまいました。もう1足買っておくべきだったと後悔。

giroiceb.jpeg

レース用に考えていたエンパイアも泥で汚れた際に掃除がしやすい構造で、ビブラムソールのグリップも良いのですが、ランが多めのコースでは踵が浮く感じもあって具合が良くありません。逆に乗車でほぼクリアできるコースであれば高剛性カーボンソールが良い仕事をしてくれると思うのですが。

元々シクロクロスは自転車2台で参加するのが前提の競技。予備が当たり前の機材スポーツ。そんな訳で全部2セット持って行けば安心って話と、キャラクターの違うシューズを使い分けるのも有効でかもよって話でした。

ブラックフライデーで散財しますか?



ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



ただのCXレースではない存在

2019年11月27日 20:00

今シーズンも野辺山に帰ってきた。自宅から距離にして約220キロ。金曜日の仕事を早めに切り上げて、なるべく早くベッドに入る。2時のめざましで飛び起きて一路約束の地へ。今年で5年連続5回目の参加となったRapha Super Cross NOBEYAMA。妻と二人で参加する恒例行事となっているが、今年はそこに1匹が加わった。

dogstand.jpg
Photo by Inori Noguchi

10回目を迎えたRapha Super Cross NOBEYAMAは昨年までの2日間のシクロクロスレースイベントから、1日シクロクロス、2日目はグラベルレースイベントへと変貌を遂げた。世界的に盛り上がりを見せるグラベルイベント。サポートするプロツアーチームもダーティーカンザなどへ積極的に参加している背景もあり、この変化は必然なのかもしれない。毎年この地を訪れるのに、ほとんどの参加者が、ほぼ滝沢牧場だけで完結し、雄大な景色を背景にだけしておくには勿体ないと感じていたはずだ。時代の流れとRaphaの方針、参加者の潜在的な欲求が見事に結実したようなイベント。心配された天気も終わってみれば途中から快晴となり大成功に終わったようだ・・・終わったようだ・・・と感想を書かなくてはいけないのがとても微妙なところだけれど。

doro_cowbell.jpeg

これまで野辺山で開催されていたシクロクロスは、2日間同じ場所で開催される日本で一番のシクロクロスレース。多くのCXerが野辺山は特別って共通認識があると思う。だから地元から遠くて日帰りでは参加は無理でも、宿泊を前提で参加する。JCXポイントを争うようなシリアスレーサーなら全国のシリーズを飛び回ると思うが、そうじゃない私のようなファンレーサーにとって宿泊まで決意させるのはそれなりに付加価値や後押しが必要で、その価値観は人それぞれだろう。多くのファンレーサーが「野辺山は宿泊してでも参加したい」と認識しているのは凄いこと。

いわば野辺山で開催されるシクロクロスはただのレースではなくシクロクロスのフェスなんだと思う。

宿泊すれば2日間2レース十二分に楽しめる。お祭りの会場は前日と同じ滝沢牧場で、ロケーションも非日常的で牧歌的な雰囲気もよく、地元の出展ブース、フードも素晴らしい。帯同してくれた家族をそれほど退屈させることもなく安心だ。

dogrun_takizawa.jpeg

そんな風に捉えていたので、今年の初日CXレース、翌日グラベルレースは意欲的な取り組みで流石Rapha(中の人!)だと素直に驚いたのと同時に、妻と愛犬を連れて両方参加するのは難しいと思ってしまった。(グラベルサイクリング中放置することへの罪悪感)宿泊してグラベルに参加せずに家族で他のレジャーを検討するのも、また楽しみが広がるだろう。前泊や後泊してゆったり楽しむのもあり。今回はそれを選択せずに日帰りで慌ただく参加した。それでももちろん野辺山が特別なことには変わりはないのだけれど。

こんな事をぼんやり考えていたらシクロワイアードのレポート「 野辺山グラベルチャレンジ2019未舗装路で味わう大自然 高原の絶景を楽しんだ野辺山グラベルチャレンジ」 の最後に・・・

主催のラファジャパン代表・矢野大介さんによれば、今年は第1回目としてグラベルライドの楽しさをまずは知ってもらうことを考えての併催としたが、今後、いずれはシクロクロスレースとは別日に設定して、夏頃にグラベルイベント単独での開催を目指し、シクロクロスレースも元の2日間開催に戻すつもりだという。


やっぱり流石ですわ。集客力のあるイベントと併催でプロモーションして次回は単独開催の流れなんですね。いろいろモヤモヤ考えちゃったりして、一本取られた感じ。

IMG_1537.jpg
Photo by Takashi Saito

心配するのは自分の衰えとお腹の肉だけでいいみたい。また来年、ココに戻ってこられるようにサイクリングを楽しもうと思います。関わった全てのみなさま、ありがとうございました。



ssalebaner.jpg

OGK Kabuto 301D シクロクロスレースで使ったよ

2019年11月26日 20:00

矯正レンズ入れたOGK Kabuto 301D。出来上がったのが野辺山シクロクロス(Rapha Super CZross NOBEYAMA)を3日後に控えた平日。ぶっつけ本番でシクロクロスレースで着用しました。

rayban_ogkkabuto301.jpeg
左:OGK KABUTO 301D 右:Rayban

受け取った直後は度が強すぎたかと心配しましたが、普段遣いのメガネから架け替えても違和感なし。これなら問題なく使えそう。

nobeyamaride.jpg
Photo by Takashi Saito

試走とレースで合計1時間くらい使ったのかな。泥を被り、落車あり、バイクを担いでのランあり・・・CXで起きうる様々なシチュエーションでテストができました。結果・・・これまで何年も着用していたかのように、何も感じませんでした。不安だったフィットの甘さも感じなかったし、風の巻き込みによるアレルギー反応(涙目)にもなりませんでした。

一言で表すとすれば「問題なし。」

新調したアイウェアの事なんて一切忘れてレースに没頭できたって事。明らかに泥のラインや木の根など一瞬で判別しなければいけない路面コンディションを視認できていたと思います。曇天だったのでクリアレンズであった事も功を奏しました。

mudface.jpeg
Photo by Toshiki Sato

一つ気になっていた可動式のノーズパッド。意図せず動いてしまいフィッティングが狂うのが嫌なので、OAKLEYのように大小の部品があるくらいの方が好みです。過去に使っていたzerorh+のステルスのようにすぐに動いてしまう華奢なタイプではないので問題は出ていません。

そんな訳で実売価格15千円で作った自転車用アイウェアとしてかなりオススメできます。スポーツ用のサングラスで安いものもあると思いますが、自転車に必要とされる巻き込み風に対応している商品は少ないはず。マラソン用とかゴルフ用で売っているものは風が巻き込み自転車には使えません。快晴用に濃い色のレンズやサイクリングなどでマルチに使える調光レンズを入れて作ろうと思います。

送料無料 OGK KABUTO(オージーケーカブト) アイウェア 301D フローズングレー/防曇ライトスモーク
by カエレバ





ssalebaner.jpg

OGK Kabuto 301D 矯正レンズ入れました

2019年11月21日 08:00

OGK Kabuto 301D 矯正レンズ製作依頼をしてから一週間ほど。出来上がったので取りに行ってきました。OGK Kabuto 301D 購入の記事でも撮影していますが改めて。見比べるとレンズ厚みなんかがわかるかな。

ogk301d4.jpeg

ogk301d3.jpeg

フレームの形状に対してレンズのカーブが緩やかなのがわかると思います。

ogk301d.jpeg

ogk301d1.jpeg

乱視が強いので、矯正しようとするとレンズは厚くなります。またカーブが強いと矯正後歪みも強くなり、とても掛けていられない状態に。具体的に言うと、眉間やこめかみが痛くなり、気持ち悪くなり、地面を見ると丸く見えたりします。

ogk301d2.jpeg

それらを考慮しつつ、今までメガネを製作してきましたが、今回は結構チャレンジングな矯正(強めの矯正)に。仕事帰りにお店まで取りに伺ったのですが、ハードコンタクトを装用していました。コンタクトを外して受け取った301Dを掛けた時には「ちょっとやりすぎたかな?」と作り直しを覚悟しましたが、慣れるとなんとかなりそうです。

301dkaketa.jpg

おじさんの自撮りで恐縮ですが・・・購入時に書いている通りOakleyのスプリットジャケットに比べたらフィット感は甘い。大きさなど顔とのバランスは悪くない。これでまずは犬の散歩に出かけたのですが、やっぱりツルのフィット感が甘いのは気になりますね。自転車では問題がないと思うけど。

とにかく・・・これでナイトレースや自転車通勤の帰りも問題なし。ガンガン使ってみてレビューしますね。

送料無料 OGK KABUTO(オージーケーカブト) アイウェア 301D フローズングレー/防曇ライトスモーク
by カエレバ





ssalebaner.jpg

2019-2020 茨城シクロクロス #3 Day2 涸沼自然公園 CM3

2019年11月19日 08:00

シーズン当初の参加予定にはありませんでしたが幕張クロスの感触が思ったよりも悪くなく、ダメージも残っていない気がしてエントリー・・・しかし、その後体調を崩して風邪で仕事を2日休むなんて思ってなかったよね・・・鼻水止まらないけど走ってきたよ。

アクセス
yoakemaehighway.jpeg

新会場となる涸沼自然公園。この週末、会場となる涸沼自然公園からほど近い、大洗ではあんこう祭りが開催され多くの観光客で賑わうとのこと。それに伴う渋滞発生を考慮して早めの行動を心がけました。結果的にノンストレスで会場入。(4時半出発で高速道路を走り6時10分に会場入り)

コースチェック
涸沼自然公園は2Daysで開催。前日とは逆回りのコースとなりました。フラットで初心者にも優しいコース設定との触れ込みでした。

コースにアスファルトの区間はなく、固くしまった砂利道と芝で構成される。 複雑なレイアウトを一切廃し、十分な幅員を担保した直線とコーナーの組み合わせからなる。 初心者・女性やお子様にシクロクロスの楽しさを堪能していただくためのイージーなコース設定となっている。 反面Stop&Goが繰り返され、ハードな高速レースとなる。
茨城シクロクロス Webより


ワイルドに掘られた水路(溝)を飛び越えるポイントが4、5箇所あって体力を削ります。またスリッピーでトップが非常に狭いキャンバー区間、ちょっとした小山を超えるなど縦の動きもありました。路面は芝生、砂利、泥、落ち葉と目まぐるしく変化し、全体的に転がりの重たいコースで休み所はありません。古いCXerなら吉見運動公園で開催されていたミストラルを彷彿とさせるコースです。コース幅は広かったかな?(苦笑)

試走は2周で終了。林間区間なども含めてクネクネを覚えられそうもないし、朝は特に路面がスリッピーで泥も重く、試走後すぐのレースを考えると体力を温存した方が良いと判断。

作戦と目標
キャンバーまでにある程度順位を確定しておかないと渋滞で足止めされて厄介なことになりそう。試走では他の選手がいてオールクリアできなかったが、落ち着いて走れば問題なく乗車でクリアできると判断。それ以外は我慢するしかないかな。幕張ほどプッシュできる体調でもない。目標は前列スタートから粘ってシングル順位。

機材
IMG_1282.jpg
Photo by Takashi Saito

タイヤはチャレンジ・シケイン(WO)。空気圧はゲージが壊れて測れなかったが2barから砂利コーナーで前輪が逃げない程度に下げた。オールラウンド(FMBスラローム)に交換したい感じもあったがスケジュール的にあきらめた。

そして齋藤さんに撮影してもらった写真を見て紅葉が素晴らしかったことに気がつく。

CM3 レースレポート
hinumac3start.jpg
Photo by Shinya Yoshiwara

レースはCM2と1分の時差スタート。幕張クロスで稼いだポイントによりCM3の1列目から。反応も良くひと踏みでトップへ。上げすぎても持たないので流しつつ、150mくらい?先の1コーナーでやまぞうに抜かれて2位に。コーナー立ち上がり次のヘアピンまで5位くらいまでポジションを下げた。簡単な段差で前が詰まり、ちょっと流しすぎたと反省。

strat
Photo by Takashi Saito

ヘアピンを立ち上がり小山をディスマウントしてクリア。問題のキャンバーへ。ディスマウントする周りにペースを合わせつつ、片足をつきながらクリア。最後はディスマウントしたかな。とにかくここは、落ち着いてできるだけ自転車から降りずにクリアすることを心掛けた。ディスマウントしてランによるダッシュでクリアするのは疲れちゃうからね。疲れたり、泥でハンドルを取られている人を避けつつ、いつのまにか2位へ。やまぞうに「カルさんxouashie!!!」と煽られたが、いつものようにコール&レスポンスに付き合う余裕もなし。無理せずにイーブンペースで長い長いスタートループが終わるまでに6位くらいまで順位を落とした。

76608793_2494763660770963_7203731912941109248_o.jpg
Photo by Tomoaki Hori

ココから2周。絶望するくらいに体は動かない。幕張クロスは後方スタートだったこともあって、スプリントを何度もしてキャッチアップしていったが、このコースは休み所がなくスプリントしたらズブズブと遅れるだろう。とにかく我慢、省エネ、ミスを最小限にして耐えるのみ。

75279405_2413833735382162_281760141064273920_o.jpg
Photo by Yuuichi Ooya

抜かれて追わないので一時的に離されるのですが、例のキャンバー一発で追いつけるので助かりました。あそこがなかったらもっと順位は振るわなかたはず。1周目は最後片足着いて小回りするくらいで乗車クリア。観戦していた薄井さんの「うまい!」戴きました。
同じくらいを走っていた選手はキャンバーのランで体力を削られ、その後の泥区間踏むのが相当しんどかったことでしょう。こっちはセミスリックタイヤがグリップしてくれなくて疲れましたけど・・・。

そしてこのレースを語るには避けて通れないのが公園内に張り巡らされた水路の横断。いわゆる溝越えです。それが4、5箇所あり、とても乗車でクリアできる幅ではありません。踏み切りの場所も泥々でかなり体力を削られます。

kousya_cx.jpg
Photo by ネコ先生

そこで、とにかく踏み切る前までは自転車に乗ってランの歩数を削減する作戦。シケイン(バリア)越えと同じですけど、アプローチも凸凹があるのでバランスを取れないと難しいポイントなのかもしれません。このような積み重ねで少ない体力を極力削らないようにマネージメント。越えたらすぐにマウント。局地的にはちょっとランしちゃった方が早くても疲れるから禁止!

77388834_2122586841370866_2905735067269595136_o.jpg
Photo by Takashi Saito

このような涙ぐましい努力で、抜きつ抜かれつしながら、迫る後続を振り切ってゴール。スプリントしていないので攻めた感じは一切ありませんが、なんとか前列スタートのメリットを享受し守った感じのレースとなりました。

リザルト:6位/25人出走 24%
Lap1
Lap2
合計タイム 22:01(+1:06) スタートループのタイム入ってない?

Good!
・目標通りのシングル順位
・大きなミスはしなかった
・喘息発作や坐骨神経痛などの症状が出なかった

Bad
・タイヤ選択

幕張から1度も自転車に触らずに、体調も整っていない状況。できる範囲で最大限の結果を出せたかな。周りの選手とそれぞれが得意な部分、苦手な部分をさらけ出して戦えたのが楽しかった。もうちょっとできたはずって後悔は一切なし。ただもうちょっとできるように戻したいって気持ちが少し芽生えました。
その理由は、今回も3位で表彰台に上がったやまぞうの存在。(しかも上位と僅差!)数年前から夏の間もひとりで乗り込みをしているところを見ていたので、彼がいつも通りしゃべりながら上位を走っている姿は、胸を打つものがあります。

hinumagoal.jpg
Photo by Takashi Saito

私のランキングも上がってきて(前回までAJOCC62位で現在18位、関東限定なら8位)スタートポジションは2列目以上を確保できそう。野辺山はノーチャンスなレースなのでとにかく楽しんで、12月にがんばって乗ったら1月にはもう少し余裕を持って走れるかな。走りたいな。結果はともかく、前を追いかける攻めたレースができるように。そんな訳で次戦予定していた宇都宮はエントリーなし。年明けのスケジュールをもうちょっと考えます。

最後に・・・涸沼自然公園は良いところですね。本当は大きな丘もあったりして、今回の運営が認められたらもっと大規模に公園を使ったダイナミックなコースが作れるのかもしれません。公園内、周囲にはキャンプ場もあります。大洗海岸、水戸駅も近く宿泊施設には困らない立地。全日本イケますよね。ひとつ残念なのはペット禁止なくらいかな。ラムサール条約に加盟して湿地帯の保護の観点からようですが。知らずに愛犬を連れて行かないでよかったです。




ssalebaner.jpg



最新記事