TNI CX22リムで手組み

2017年08月17日 08:00

「4年目の正直」で予告した通り手組みのホイールが完成しました。

tnicx22.jpg

手持ちのSHIMANO 105(5800)前後ハブに組み合わせたのはTNI CX22リム。TU手組み用アルミリムってどれほど選べるのかわかりませんが、入手しやすく(価格、流通)ワイドリムであることが気に入りました。ブレーキ当たり面が切削されているのもポイント。ハブのグレードに適当なリムであると思います。

IMG_1250.jpg

重量
フロント:811g(-19g)
リア:1024g (-21g)

計測後ステッカーを剥がしたので数グラム軽くなっているかもしれません。最初に組んだMAVIC GP-4の組み合わせでフロントが830gでリアが1045gだったのでちょっと軽量化もできました。スポークが少し短くなっているのが効いてるのかな。まぁ、重量についてはサブにする予定のWH-RS81-C24-TL(F:661g)に比べたら重いのですが。

でもTU再挑戦には良いホイールになったんじゃないかな。ベッドを作りながらタイヤ選びをしたいと思います。




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

Küat Racks Transfer 3 レビュー

2017年08月06日 16:34

組み立てから紆余曲折あってやっと使用レビューです。

メーカーサイト:Küat Racks Transfer

kuat トランスファー 3

まず取り付けですが、同社のNVに比べて軽量なトランスファーですが、それなりに重いです。メーカー公称で52lbs(23.5868kg)ですからね。この状態から本体を持ち上げて差し込みますが、起こす時に傷をつけてしまう恐れがあるのでダンボールや毛布などを敷いた方がいいです。はい、ガリっとやりました。

IMG_1039

差し込んだら19mmのボルトで固定します。

IMG_1036

折りたたんだ状態。この状態でナンバープレートを隠さない構造なのも気に入ったポイント。知らない人から見たらなんだと思うんだろう。大型ペダルを操作して簡単に折りたたむことができます。使用状態ポジションにして自転車をさっそく載せます。

IMG_1043

IMG_1050IMG_1045

固定方法は簡単。プラスチック製のトレーに前後タイヤを載せて、フロントタイヤをフックで下に押し付けるようにスライドして固定。リアタイヤはベルトで固定です。今回は29erMTBと700cロードバイク、24incのキッズ用CXを載せてみました。

IMG_1042

ホイールーベースの違いを調整する機構がほぼないのであまり小さい自転車は積めません。このキッズ用CXでもタイヤがトレーのセンターに収まってませんが、固定具で押し付ければ落ちることはなさそうです。

またタイヤを押し付けるフックですが、MTBのようにエアーボリュームがあり低圧のタイヤは固定しやすいのですが、反対にロードのように空気圧が高くいタイヤはかなり強く押し付けないと動いてしまいます。この辺はINNO Tireholdのような押し付けた後にホイールのクイックのように更に強く押し付ける機構があると安心なのにな。

IMG_1047

自転車を積んだ状態で大型ペダルを操作し、本体を下へチルトさせるとリアハッチが開くスペースを確保できます。ヒッチメンバーの位置やリアドアの大きさ、構造によっては開かないこともあるのでご注意ください。カングーなどの観音開きの場合は無理ですね。ハイエースなどのバンもドア開口部が大きい=ドアが大きいので難しいようです。その場合はスイング式のラックがいいんでしょうね。

IMG_1056

3台積んだ状態で近所をぐるぐると走ってみました。普通に走っている分には違和感はありません。ガタガタ音なども感じませんでした。今回取り付けた三菱アウトランダーPHEVは車両重量が重いこともその要因の一つだと思います。軽量なクルマの場合はリアオーバーハングにこれだけ重量が増えるのでハンドリングにかなり影響するんじゃないかな。

IMG_1048

一番心配なのは会場駐車場があまり広くない時の取り回しですかね。バックカメラはこのように使い物になりません。

IMG_1054

とにかく、これでCXやMTBなど泥だらけの自転車を車に積む手間から解放されました。遠征で仮眠スペースをクルマの中に確保できるのも大きいですね。また3台積みラックとプラス1台は輪行バッグに入れるなどして車内に積めば4人遠征くらいはできそうです。ソロ遠征が気楽で好きだったりしますが、そんなのもいいじゃないですか。考えるとワクワクしちゃいます。

まだこの状態で遠征もしていませんし、今後レース会場等で他のラックといろいろ比べて見たりと気がつくことがあったら改めて使い心地などをレビューしてみますね。まぁ、日本で普通に売っていないラックですけど・・・。



日本で買うなら正規代理店があるYAKIMAか、自転車屋さんで取り扱いがあるkuat NVシリーズが無難でしょうが、トランスファーシリーズのシンプルな解決方法が気に入ったら海外通販にチャレンジするか、kuat取り扱い店舗に相談してみてはいかがでしょうか?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg


根本製作所のハンドメイドTシャツ

2017年08月01日 08:00

高校時代によく友人とやっていた遊び。適当な古着屋で開催される「どちらが刺さるTシャツを探せるか選手権」。お土産っぽいダサTで笑いをとったり、どこかのクールなクラブチームのだったり・・・でも一番好きだったのはメッセージ性の強いものだったな。

CYCLOCROSS IS FOR WHAT?

メッセンジャーにしてトップシクロクロッサーで時にはモデル業もこなすマツド氏による根本製作所製ハンドメイドTシャツが今のお気に入り。

APArakawa  点と線 Points and lines

彼独自の視点で作り出す世界観は唯一無二。それぞれの意味を細かく解説するのは野暮なので控えますが、SNS等で彼の活動を追っていればそれは伝わるはずです。

running is for what
「おはよう!サンデーのちびっこマラソンオマージュ!?」皇居ランでこのカラーって完全にコント赤信号だよな

そんな根本製作所の新作がこの「RUNNING IS FOR WHAT?」。初のドライTシャツをベースにしたものもラインナップ。真夏の東京ナイトランは高温多湿の中走るというより泳ぐに近いのかもしれませんが、それでもドライTシャツの軽い着用感が不快感を緩和してくれます。10kmビルドアップ走直後のドロドロの表情がリアルですね・・・。



ビビっと来た方はまず根本製作所のインスタをチェック!

Küat Racks Transfer 3 組み立て編

2017年07月26日 12:30

前回の記事「ヒッチメンバー取り付け自転車ラック選び」でも書いた通り、ヒッチラックを検討していましたが、決断を終え購入し、それが手元に届きました。

Küat Racks Transfer 3
IMG_0884.jpg
箱ボロボロですけど・・・

Küat Racksはいくつかの自転車屋さんで取り扱いがありますが、NV2ばかりでTransferについての記事は見たことがありせんでした。もしかしたら相談すれば購入は可能だったのかもしれません。どちらにせよ在庫を持っているところはないので、自転車部品の海外通販でもお馴染み「Jason USA」で注文しました。本体が389ドルで送料が96.37ドルをPaypalで決済。さらに到着時に消費税を2,000円支払いました。てっきり船便かと思ったらUPSのエアーで4日後には届きましたよ。



このトランスファーですが、俺の考える「ルーフ取り付けのラックをヒッチで使うためのシステムラック」と構造が酷似。プラットフォーム型として必要最低限の機能をシンプルに表現したデザインが気に入りました。不明な点もありましたが、とりあえず使ってみたいと思わせてくれたのが大きいです。他にもポイントがあるのですが、実際に組み立てながら説明したいと思います。

kuat 自転車ラック

箱を開けるとこのような感じでパーツが入っています。日本人的な感覚だとざっくり放り込んであるって印象。所々に傷防止の弱粘着シートが巻いてありますが意味はよくわかりません。

kuat 自転車ラック

ただ、使用するボルトやスペーサー類はグループごとに袋で小分けにされていて迷うことはありません。説明書もグラフィックだけで十分に伝わるようになっています。それでも組み立てが不安なら組み立て動画を見ておきましょう。使用する工具も同封されていますが、ヘックスレンチについては精度が悪く使いものになりませんでした。

kuat 自転車ラック
自転車整備でよく使う5mmのヘックスレンチでほとんどが組み立てできます。付属の工具ではなく自分の工具で組み立てましょう。

メインフレームへ順番にパーツを挿入して固定していきます。写真のようにどこかに立てかけて作業すると組み立てが楽だと思います。

kuat_kumitate1set.jpg

上の写真で自転車1台分の組み立てが完了。同じようにあと2セットを組み立てます。

kuat 自転車ラック

3台分の自転車固定部品を取り付けたら、ヒッチメンバーに固定する差し込み部品を取り付けます。付属の19mmレンチとサイズは忘れましたが大きめのヘックスレンチで固定します。エンドキャップの取り付けとリアタイヤ固定用のストラップを通して組み立ては完了です。

次回は実際にクルマに取り付けて、様々な自転車をマウントしてみたいと思います。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

ヒッチメンバー取り付け自転車ラック選び

2017年07月20日 08:00

ヒッチメンバーに取り付けられる自転車ラックを選択中です。日本ではあまりポピュラーではなく量販店へ行ってもお目にかかることはありません。THULEなんかはカタログには掲載されてるのですが、それ以外は日本では取り扱いのない場合がほとんど。並行輸入品から選ぶか海外通販で購入するしかありません。それだけに大手メディアの情報は余りないのですが、個人ブログのレビューなどが参考になります。

6861974129_3c74a8ace3_z.jpg

TKC Productions
車にヒッチキャリアを付けてみよう!
ヒッチキャリアをkuat NVに交換した話

Above Bike Store
KUAT NV HITCH RACK/クワット エヌブイ ヒッチラックのご紹介。

BLUE LUG HATAGAYA BLOG
Hitch&Rack

Circles BLOG
Kuatracksの装着。弊社トランポを例に。

KTANA REPORT
JEEPラングラーを買ったのでヒッチメンバーを付けた話

ウィスラーの次はニュージーでのMTB DHライドを夢見つつ、エリート復活を目指す39歳
ヒッチキャリア Kuat Transfer2 はよく出来てる!
普通車+ヒッチキャリアで、あれこれ試して分かった事=Swagman XTC2は良い!

IMG_6976

他にもたくさんの記事を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。上のリンクを辿るとkuat NVを買っておけば間違いない感じですが、YAKIMA HOLD UPもほぼ同じ機能を有している事もわかりました。質感は下がるけどお求め安い価格で正規代理店が楽天で売っているのは買いやすくていいですね。YAKIMAなら4台積載でリーズナブルなモデルもあったりして面白いです。質感は随分と下がりますけどね。

更にアメリカのサイトをサーフすればレビュー記事や動画もたっくさん出てきます。インターネッツ万歳!

1台積み
1up USA Bike Rack "Quik-Rack"


2台積み
MITSUBISHI OUTRANDER PHEV + Kuat Racks


YAKIMA TwoTimer


RV INNO Tire Hold INH305


Saris Freedom Bike Rack


3台積み
Kuat Transfer 3


4台積み
YAKIMA HoldUp 4


質感や機能、積載台数、拡張性、重さや取り回し(チルトや折りたたみなど)、取り付ける車との相性、バリュー、ブランド、入手のしやすさなどどこを重視するかで幾つかの候補に絞れてきましたが・・・もう少し悩んでみます。

【USヤキマ・正規輸入代理店】 YAKIMA ドクタートレー 2台積載 50mm/2インチヒッチ角用 ※トランクヒッチ用バイクラック
by カエレバ

ヤキマの新作Dr.TRAYはFAT BIKE対応でかなりシッカリした作りっぽいですね

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg



最新記事