Zwift 84と・・・朝のラン

2018年02月08日 12:00

とりあえず土曜のレース前最後の夜ローラーかな。

Zwift - The Wringer
325wを30秒でレストが2分30秒くらいから段々少なくなっていくメニュー。でもレストが80wだから低すぎて休めすぎちゃう。CXだったらココをFTP近くにしておかないとダメかな。そもそもFTP計測が下手すぎてワークアウトメニューの負荷がいつも低く感じるのも問題あり。まぁ、でも良い汗かけた。今後は睡眠時間優先で夜は自転車メンテくらいで切り上げる。

DSC_0486
ハンドルを両手で押すか?ステムを片手で掴んで走るか?

早起きと運動は体内時計の調整的にもやった方がいいって最近実感。レースの日だけ早起きするのは憂鬱だけど、習慣にしてしまえば問題はなくなる。

今朝は5キロほどランニングを。いつもは決めている周回コースがあるのですが、この日は近所の公園を走りました。目的はCXバイクと共にランニングするにはどんな動きが効率的か確認するため。これまでのCX東京を振り返り記事を見てもそれなりにトライをしてきましたが、本当にそれが正しかったのかをもう一度試します。

いつものCXシューズとバイクを担いでラン
いつものCXシューズとバイクを押してラン
MTBトレッキングシューズとバイクを担いでラン
MTBトレッキングシューズとバイクを押してラン

16729323_1310617559032015_2749285029970833245_n
MTB用トレッキングシューズとバイクを押してラン 2017 CX TOKYO

ランニング用シューズとフラペまでは試す時間がなかったのですが、一応CXerとしてフラペまでの最適化はどうかな・・・って気持ちもありますしね(苦笑)この作戦、今年はなしにしておきましょう。

DSC_0524

どんな結論を出したかは・・・それはまた今度。

【30%OFF】SH-MT300 MT3 ブルー シマノ SPDシューズ MTB トレッキング 自転車 ビンディングシューズ bebike
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

これまでのシクロクロス東京を振り返る

2018年02月02日 08:00

恒例となりつつあるこの企画。過去のレポートから、今年はどんな対策ができるのかを考えてみたい。特にこのCX東京は来年から東京オリンピックの準備期間となり今年が最後となる可能性もある。悔いを残さないように走りたいところ。

CXT 砂浜ライド

今年のレース前に今までのレース結果をおさらいしてみましょう。

シクロクロス東京 2015 C3-3 DNF
もはや伝説となった大雪のCX東京は観戦に来ていて、来年は絶対に参加しようと決めていた。そんなメモリアルな大会だったが、古傷の右足首が痛み初めてにして唯一のDNFとなった。

シクロクロス東京 2016 C4-B 19/43 (43%)
最前列スタートの予定が召集場所を間違えてほぼ最後尾からのスタート。これで逆にリラックスできた。序盤にスーパージャンプアップして1周目は3位!試走で決めたリヤのカセット構成がレース後半になると足りずに撃沈。

シクロクロス東京 2017 C4-C 15/55 (27%)
前列スタートからいつも通りスタートは決まって砂浜の処理も問題なく1周目は4位。そこから下げて下げて下げて・・・15位でフィニッシュ。元気であれば砂浜は割と乗れる方なので、ディスマウントの判断を迷いランで疲弊して撃沈する。

シーズン後半で同じカテゴリーの上位は昇格で抜けていくこともあり数字だけ見ると悪くない。さらに1周目だけ見たら3位4位と他ではなかなか見ない数字なので判断を誤りそうになるが、決して得意なコースではないと思っている。砂浜が乗れてしまえばかなりのアドバンテージを稼げるが、ディスマントでランを選択すると一気に平均以下に沈む。

16665206_686763198171067_6705016695362553325_o
コーナーではどうやって自転車を押すのが良いのか?

晴天率が高いのでレースはドライだと仮定すると、林間区間はレストと考えて砂浜をどうするかがやはりポイントとなるだろう。その戦略は?

砂浜は乗車で!
元気な時なら結構乗れる自信はあるので乗車メインで考えていくとする。タイヤの空気圧はできるだけ下げて設置する面積を稼ぎたい。昨年はシラクサンドで走ったが、今年はオールラウンドのTUタイヤ空気圧低めとTLサンドタイヤのどちらが良いのか選択が可能。ただ前日試走もないし、当日時間も限られているので決め打ちしていかないとダメでしょうね。

砂浜はランで!
どうしたってフル乗車で行けるとは考えられないのでランを選択した場合も考えておく。昨年はランに備えてソールのフレックスが柔らかいシューズを履いていった。多少は効果があった気がする。思い切ってフラットペダルに一般スポーツシューズの組み合わせもネタ的に悪くない気もするが悩みどころ。

16664929_1633195413643347_8953831349362112472_o
フレックス柔らかめのトレイル用シューズ

バイクと共にどのフォームで走るかも大きなポイントになると思う。基本的にはサドルを片手で押して走るのが一番効率が良い気がするが、荒れた路面でスピ−ドが落ちてきたりするとハンドルが曲がってしまい、左手をハンドルに添えるポーズになる。(上から2番目の写真)

cxtokyosanddash.jpg
ステム持って引きずるラン

その他両手でハンドルを持つ、自転車を担ぐ、ステム辺りをもって引きずるなんてのも自分の写真を見ると確認できる。体の動きを妨げずに呼吸がしやすく足が前に出るフォームはどれなのか?イーブンで走る時は?ダッシュする時は?コーナーが続くところは?などポイントで変えるのが正解かな。

DSC_0498

担ぐと自転車の重量がプラスになって体力を奪われる感じがするけど、自分の体は比較的自由で走ることに集中できるので速いのかもしれない。トップ選手の多くは担いでいるわけだし。

CXTOKYO ヘアピン

書いてて思い出したけど林間エリアは朝一ってこともあってドライでもなくサンドタイヤが滑って神経使ったなぁ。この写真のポイントも乗車でクリアするのが難しくてね。

cxtcoursemap2108.png

今年のコースは砂浜エリアがさらに延長されたわけですが、ストレート貴重になった事でスピードに乗ってしまえば乗車はしやすいコースになっています。これは上位カテゴリーのパワフルな選手には朗報ですね。私たちにとっては・・・がんばって耐えましょう。

とりあえず自転車とどうやって走るのが効率的かをもう一度確認しておく事をおすすめします。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

Continental GRAND PRIX 4000 S II クリンチャータイヤ

2018年02月01日 08:00

「パンク対策からも考えるロード用のタイヤ選択」内では、

やっぱり次のタイヤもチューブレスにしよう
気がつけばロードにはじまり、CX、MTBもチューブレスを愛用しています。空気圧を低くしたいオフロード系だとスネークバイトの心配がないチューブレスシステムは市民権を得ていますが、ロードはそこまでじゃないのかな。チューブレスのあのしなやかな乗り心地がいつのまにか私のデフォルトになりました


なんて言ってたのに、ロードはクリンチャーになりました(苦笑)今でもチューブレスの良さはわかっているつもりでその考えに偽りはないのですが、某通販サイトのポイントとかいろいろ都合があってね。そんな訳で久し振りに使ったクリンチャータイヤコンチネンタル グランプリ 4000S2 700×23Cです。

IMG_3402.jpg

クリンチャーに関してはチューブレス対応ではないカーボンディープホイールの方でしばらくパナソニック(TYPE-L)製を使っていました。入手しやすく値段も安くて重量も軽い日本製のタイヤ。ですがこのタイヤはホントよくパンクをしました。前後入れ替えながら4本購入して使いましたがその印象は変わらず。こればっかりはタイヤのせいだけではなく、たまたまの運もあると思いますが、某所でこのタイヤのカットした断面を見たら耐パンクベルトがセンターから大幅にずれているのを見て、ある意味納得しました。パナレーサーの資本が変わり、開発力が上がって良いタイヤが出てくることを楽しみにしいています。

コンチネンタル TARMAC PRO

話が逸れましたね。以前グランプリSを使った時はラテックスチューブでの運用だったので相当良い印象がったのですが、今回はブチルチューブ。その印象に変化があるか?と心配しましたが、それは杞憂に終わりました。

今回、空気圧は、7Barから乗り始めて6.5Barまで下げて乗っています。それもあってか振動吸収性も満足できるレベルで乗り心地が良いのです。パナのクリンチャーは薄いゴムにパンパンに空気を入れている感覚が伝わってきて、それでいて落とすとリム打ちを心配してしまう状況で、もうWOには乗りたくないと思わせたのですが、このコンチネンタル・グランプリS2は空気圧を落としても安心感があるんだよな。もちろんチューブレスの乗り心地に比べたら敵わないのですが、それ以外のメリットを考えればやっぱりバランスが良いんでしょうね。定番になるにはそれなりの理由があるってことです。

昨年末にチャレンジしたFestive500はこのタイヤに交換して走り込みました。まだ暗い夜明け前、凍てつく寒さ、交通量の多い都心の幹線道路、筑波山不動峠のヒルクライム、ちょっとした未舗装路など・・・特に筑波山へ向かうダンプがよく走っている道路はトラックの重みでアスファルトがひび割れている所も多く、そこを走るとタイヤの振動吸収性がよくわかるんですよ。私なりのテストコースなのですが、そこを走りながら「うん、うん」とその性能にニンマリと頷きながら走っていました。

たくさんのタイヤを使ってきた訳ではありませんが、もう他を試す必要もないかな・・・と思った次第です。レースなどのシチュエーションではもっと尖った選択肢がいろいろあるんだと思うし、コーナーのグリップとかそんなレビューは他の方に譲りますが、通勤やロングライドにおいて迷ったらグランプリS2でいいんじゃないですか?

コンチネンタル グランプリ 4000S2 700×23C タイヤ、チューブ(仏式42mm)各2本セット Grand Prix 4000S2
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

2017ー2018 茨城シクロクロス 第3戦 城里町ふれあいの里ステージ C4-A

2018年01月31日 12:00

千葉のなんとも締まらないレースを経てのぞんだ茨城CXふれあいの里ステージ。過去3回開催されたふれあいの里ステージを振り返るとなかなか相性が良いことに気がつく。階段のインパクトが強いのでフィジカルが重要なコースに思われがちだが実はかなりテクニカルでうまくハマれば大負けはしないコースって感じかな。勝てるわけではないけど。

この日偏頭痛がひどく薬を朝と昼に飲み昼寝。集中しないと怪我するコンディションだったのでDNSも考えたがC2の熱いレースを魅せられて一気に気持ちが入った。

バイクの整備など
cx_crforks.jpg

フロントフォークをクロモリに戻した。さらにペダルを改めてMAVIC(TIME OEM)に。フォーク交換のついでにポジションを見直しサドルを若干下げて後ろに引いている。どうしても前乗りになり過ぎて脚がパンクするのでそれをなくしたい。ハンドルも10mm下げた。テクニカルなトレールを走るのに最適化していたが、それCX的にはマイナスでしょってことで。

他はいつも変わりませんが、今年から使い始めたminiVブレーキとTUタイヤはこのコースのためにあると言っても過言ではないかも!?キャンバーで有利に働いてくれることでしょう。タイヤ空気圧はフロントが1.6Barでリヤが1.65Bar。

会場への道のり
今回は午後のタイスケなので、朝試走の時間は気にしてなかったが、駐車場キャパの問題があるのでそれなりに早く現地入り。5時起床、5時40分出発で7時過ぎくらいに到着。もう駐車場は90パーセント埋まっていただろう。

コースの印象と試走アップなど
もう4回目の会場で小貝川の次に親しみがあるかもしれない。コースレイアウトにそれほど変わりなく注意点などはだいたいわかっている。ただ問題はコンディション。約50年ぶりかの大雪の影響はまだ残っており、森の一部エリアは完全にスノークロスの様相。ラインは1本しかなく前がミスでもしない限り抜くのは困難。また土の部分も凍結していて次第に緩むことが予想され、レースの時間で状況が変化することを気に留めておく。

朝の試走はレイアウト確認で1周、午後の試走も時間が短く1周しかできなかった。朝凍結していたが乗車で概ねクリアできたが、昼からかなりマッドになり乗車はおろか降りても滑って転ぶ場面を何度み見ていたので注意したい。

キャンバーは試走でフル乗車できたが、キャンバー入口が例年と比べてかなり荒れているのが問題。柵沿いを乗車で行くのは諦めるが、通常の自転車の左ではなく右側に降りてリマウントは必ず山側からするように心がける。それとハイライン(いわゆる0yamaライン)まで持っていくのに時間がかかるので上段は無理してハイラインまで上がらず中腹くらいで早めにスピードに乗せて進む。それだとターンの角度が鋭角になるのと、曲がった先のコースがスリッピーになっていたのでで最初の左ヘアピンはディスマウント(通常通り左側降り)し方向を変えてリマウントする。あとは乗車で。

それ以外だと林間コースはラインが少ないので無理はしないが、ファーストラップの渋滞ヘアピンなどは早めに降りてイン側に走るなどの準備をする。オフキャンバーのカーブも同じく乗車で時間がかかるなら降りる。逆に旧軽井沢通りの4段くらいの階段は斜面を乗車でクリアする。

アップはローラーで30分ほど体を冷やさない程度に回した。

C4−A
ゼッケンは10番目。関東ランキングシードギリギリの位置ですね。2列目からのスタート。スタートループが結構なアップヒルで全力で行くと最後垂れるのでそれなりに。

27368931_1757664257863128_5930333404036095300_o
Photo by Takashi Saito

6番目くらいで森に入れそうだったが(写真では8番目くらいかな)、早く力を抜き過ぎて17番手くらいまで一気に下げてしまった。スタートが決まっていただけに痛いミス。森に入ってストレート後のヘアピンでやはり渋滞していたのでバイクを降りて雪の中をダッシュしてそこだけで5人くらいは抜けたかな。

IMG_4170
Photo by Tomoaki Hori

けやきの森を抜けて旧軽井沢通りへ。ヤギのいるテニスコート付近4段くらいの階段は予定通りスロープを使って乗車でクリア。ヌタヌタの逆バンクに苦労して何人かに抜かれてポジションを落とす。この辺りで17位ってコールが聞こえた。うーん、どうしようもない。

27368716_1757680847861469_4697475982306661695_o
Photo by Takashi Saito

27336763_2065651643653721_9093888403786324160_n
曲がった後の路面がかなりスリッピーだった事もあって1つ目のターンはディスマウントしてからターン。左降りで山側からマウントなのでスムーズにいける。
Photo by ドンマイ


我慢して最初のキャンバーへ。そこで決めていたプランを実行。キャンバーで一気にポジションアップ。シングルを狙えるところまで来た。階段で抜き返されるけど・・・。

2周目。レースは3周の表示。2周目の森一番奥の展望台からのドロップオフ。そこまでローギヤに入れていて、そのままドロップオフに入ったらチェーンを落としてしまった。復旧の間に3人くらいに抜かれたかな。そのまま砂場手前の一度アスファルトに出るヘアピンでも転んでいる前走者(たべこくん)に気を取られて自分も落車。悪い流れだがキャンバーで抜くんだと言い聞かせて前へ。

IMG_4168
Photo by Takashi Saito

この周のキャンバーも狙い通り。ライバルFM730清水選手も抜いた。ディスクブレーキには敵わないがminVブレーキは良い仕事をしてくれる。フロントは解放してリヤをロックして滑らせながらターンがちゃんとコントロールできてる感じ。

ラストラップに入る。前後に選手がいてワンミスで順位が大きく変わる感じ。自分のポジションはよくわかってない。15位くらいかな?と思って走っていた。レースペースで2周走った後なのでライントレースが一番うまくいった感じ。旧軽井沢通りの逆バンクカーブは一度もうまく走れてなかったのでディスマウントしてクリアした。チェーンを落としたドロップオフもあらかじめギヤを重くして、掘れてきたラインを右にはずしてクリア。

IMG_4185
キャンバーでは体を山側に置いておくとリマウントしやすい Photo by Tomoaki Hori

しかし2周目で落車した砂場手前でまた滑らせてしまい、FM730清水選手にパスされた。ただ、これは余裕があった。2周目のキャンバーで彼をパスしていたので同じようにいけるだろうと。その思惑通りキャンバーでパスして階段で前を追う。一人パス、そして一人にパスされる・・・FM730のジャージ!そのまま追いかけることができなくてゴール。

IMG_4183
ガックシ Photo by Tomoaki Hori

リザルト:13位/約40人出走 (32%)
Lap1 10:42.9
Lap2 12:04.8
Lap3 11:42.9
合計タイム 34:30.690(+02:45.880)

DNS覚悟から結果だけ見れば上出来かな。落車はともかく、チェーン落ちとスタートダッシュからの緩みが悔やまれる。

Good!
・基本的にはプラン通り走りそれが上手くいった。今日の状態なら上出来じゃないかな。
・喘息発作が起きなかった

Bad
・スタートで良い位置に付けたのに、油断してしまった。
・階段で抑えすぎたかなぁ。元々プッシュできるのに守りに入っちゃった。

やっぱりふれあいの里コースは面白いな。攻略方法がいくつもあってそれを考え実行する楽しみがある。次はこの周回方向のままキャンバー下から、階段ではなくスロープで上がるコースにしませんか?それはそれで辛いけど、七会中三角定規坂オマージュでいいじゃないですか。

レーススケジュール後半でC1のレース後となるC4レース。ここまで残って声援をくれた皆さまありがとうございます。特に朝一レースだったドンマイはスタートでジャケット受け取ってくれてゴールも迎えてくれて声援もくれて本当感謝です。ありがとね。

27368480_1757691017860452_3775671323743905330_o
Photo by Takashi Saito

今シーズンも残りは3、4戦。悔いのない持っているものを出し切れるレースをしないとね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

[ 続きを読む ]

これまでのふれあいの里決戦を振り返る

2018年01月27日 08:00

大雪の影響で開催が危ぶまれた2017-2018茨城シクロクロス#3城里すれあいの里ステージの開催が決定しました。第1回大会の時もレース当日に雪が降り会場へたどり着けない参加者が多数出ました。雪が積もっていなくても道が凍結していてスタッドレスを履いていた車でもリアタイヤの落ち着きがなかった事を思い出します。このような状況で開催にこぎつけたスタッフの皆様には感謝しています。

IMG_1955
初開催の2シーズン前はブルーバードで駆けつけました

今年のレース前に今までのレース結果をおさらいしてみましょう。

・2015−2016 茨城シクロクロス #2 城里ふれあいの里 C4B 7/23 (30%) レースレポート

・2016-2017 茨城シクロクロス 第3戦 城里ふれあいの里 C4A 12/39 (30%) レースレポート

・2016-2017 茨城シクロクロス 第5戦 城里ふれあいの里 C4A 7/44 (15%) レースレポート

レースの平均リザルトを出してはいませんが、この会場のレースは良い成績が出ていることがわかります。とても相性が良いみたい。今までの最高位は4位でこれも城里町の七会中ステージだった事を考えると共通点がありそう。シーズン後半のスケジュールで速いCXerは昇格して抜けているのも大きいのだとは思いますけどね。

32596508763_8fed595dd8_z.jpg
Photo by ドンマイ

長い階段とキャンバーが注目されますが、コース内にある短い急坂(ゴールのあるグランドとロッジエリアの高低差)や複数ある林間コースのライン取りなど細かなテクニックや戦略が要求される部分も多く、その辺が自分の特性にフィットしているのかもしれません。

IMG_0105

コースは、昨年第5戦は階段をスキップした逆回りとなりましたが、今回は昨年の第3戦に近いのかな。もう何回か走っているので注意点や攻略ポイントなんかはなんとなく自分の中にあります。

レーススケジュール的に私の参加するC4Aは午後C1の後になります。レースが重ねられコースはある程度ラインが出来ていると思いますが、気温が上がりマッドレースとなるでしょう。キャンバーを考えるとタイヤの空気圧は下げていきたいのですが、リム打ちするポイントも多く悩みどころかもしれません。

DSC_0551

フィジカル的には期待できるものはないので、出し切るところと、休める部分のメリハリを付けて、さらに休み過ぎにように注意したいと思います。過去のレポートを改めて読み返すと高負荷耐性のトレーニングとかもうちょっとやっておけば・・・って後悔したりするのですが、もうジタバタしても仕方がありません。このコースは相性が良いと暗示をかけて楽しみたいと思います。

IMG_7701
Photo by Takashi Saito

フィジカルがないなら違う部分でテーマを持ってチャレンジしたいな。あくまでも順位を上げるためにね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg



最新記事