クラシックロードで散歩自転車を作る2

2018年09月15日 21:45

冷蔵庫の残り物でチャーハンを作る感覚で街乗りバイクを組もうって企画がスタートしましたが、お手軽仕様なんでもう完成しました。

promiyatabluetires.jpg
前回のまでのイメージ

126mmエンド幅フレームに無理やり130mmのホイールを押し込んだところで第一関門はクリア。あとはガレージに死蔵してある部品を中心に一部フリマサイト、一部新品部品を組み込んで組み立てます。

シングルギア化
IMG_1900

フロントのチェーンリングはインナーギヤをアウター側に固定しました。リアはgrunge(グランジ)の シングルギアアダプターセットを使いました、サーリー にもカッコイイのがあるのですがお値段が倍するのでこちらで。様々な厚みのスペーサーが入っていますが、目見当でチェーンラインが出ていそうな部分にギヤを入れたら一番薄いのでサンドイッチして微調整ができるようにします。スペーサーは1枚余りました。

grunge(グランジ) シングルギアアダプター用ギアセットのみ 18・20T 18・20T
by カエレバ


クイックよりもボルト固定の方が雰囲気が出るのでTRANZ-Xのツールスキュアーキットを使って六角ボルト固定にしました。

TRANZ-X(トランズエックス) 060-3 ツール スキュア3点セット BK ブラック
by カエレバ


ステムは前回書いた通り珍しい規格だったために、そのまま使うのは諦めてアヘッド化するアダプターを使いました。

GRUNGE (グランジ) ステムアダプター シルバー
by カエレバ


ステムは転がってたMERIDAの純正ステムを使う気でしたが、余りにもミスマッチだったので悩んでいたところ、ダメ元で入札したオークションでNITTOの削り出しステムを落札。

NITTO(日東) ステム UI-25EX CNC UI-25EX-100 φ31.8 φ28.6 100 シルバー
by カエレバ


少しサイズが大きいフレームなのですが、フラットバーなのを考慮して長めのステムにしました。ハンドルはとりあえずTIOGAのフラットバーを仮付けしています。

IMG_1921

ロードバイクをシングル化するのにチェーンの長さがうまく合わせられるかが大きなポイントでシングルギアアダプター用テンショナーを使ったり、エキセンBBを組み込んだり、半コマのチェーンを利用したりしますが、できればギヤの大きさを選んでシンプルに決めたいところ。今回は運良くそのままチェーンを張ることができました。

IMG_1934

ペダルはタンデムバイクに取り付けていたMKSのMT-LITEをとりあえず移植しています。

MKS(三ヶ島) ペダル エムティーライト [MT-LITE ] ブラック 左右セット
by カエレバ


ブレーキレバー、キャリパーは何かの純正品を流用。ハンドルバーはタイオガでグリップはメリダの純正品。シルバーパーツを多めに使っているので、できればハンドルとグリップはそのうちなんとかしたいところ。

IMG_1935

ワイヤーも安売りセット品みたいなやつの余りが家にあったのでそれを使いました。チェーンはシマノの6〜8速用を使っています。(チェーンとブレーキシューは新品)

IMG_1942

サドルはそのまま。味が出ているこの感じがベテランっぽくて良いのですが、厚みがある分シートピラーがあまり伸ばせなくてちょっと悲しい見た目に・・・・で、出来上がりです。

IMG_1943

IMG_1945

miyataflatbarroad.jpg

シートピラーがあと1cm出ているだけでも随分と印象違うのにな・・・ってところは気になるのですが基本的には大満足。これ見てたら自分のカーボンロードもクロモリにしたくなってきました。ハンドルを今っぽいちょっと幅が広めのライザーバーに交換すればバッチリですね。水色タイヤもなんだかネオレトロな感じでそこまで悪くないかも。

miyatasport?flatbarcustom

乗ってみたところ乗り味も軽やかでフラフラと散歩するには最適のバイクに仕上がりました。ちょっとギヤ比が軽すぎる気もしますが、チェーンテンションの問題もあるしちょっと様子を見ようと思います。適当な街乗りバイクのカスタムは楽しいなぁ。




ssalebaner.jpg



スポンサーサイト



DAHON Metroの整備 つづき

2018年08月11日 08:00

2016年にメンテしないとなとはじめた整備作業もついにファイナル。タイヤ、チューブ、リムテープ、ブレーキシュー交換で止まっていましたが、やっと重い腰を上げて終わらせました。この間、ダホンのルートや国産メーカーの折りたたみ自転車などと乗り比べたりしたのですが、走った感じこのメトロは悪くなかったんですよね。ジオメトリーの問題なのかわかりませんが。

dahonmetro1808.jpg

各ワイヤー、チェーン、チェーンガード破損により交換、サイドスタンド不良により交換、グリップ交換、後ろ変速レバーASSY交換とガッチリやりました。

tioga_grips.jpg

変速に関してはダウンシフト操作をすると一気にローになってしまう意味不明な多段変速化されていて、内部破損していることが判明。どうグレードへの変更でも良かったけど、ロードの部品価格に見慣れているとちょっとグレードアップしても安いのでちょっといいやつに。

タイオガ Eグリップ ロング/ロング グリップ カラー:ブラック(HBG15700)
by カエレバ

グリップは乗り比べしていた時に、妻がエルゴノミックなパームグリップを気に入ったのでそれっぽいやつに。

wlegstand.jpg

ダホン純正のサイドスタンドが付いていましたが、グニャグニャになりすぐに倒れてしまうのでダブルレッグのスタンドを取り付けました。取り付くか未知数でしたがなんとか。最低地上高はかなり低く、コーナーリング攻めるとペダルより先に当たります。チェーンリングやチェーンともクリアランス極少です。

GP CD-125A アジャスタブル Wレッグ センタースタンド SIL
by カエレバ

ライダーに試乗してもらったところ問題ないとのこと。駐輪した時に安定感あって嬉しいみたい。

もちろん各部給油などもして気持ちよく走るようになりました。まだまだ現役でがんばってよ。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

遂に10,000km突破間近

2018年07月06日 08:00

2006 SPECIALIZED TARMAC PROを購入したのが2006年の9月でした。そこから距離を重ねやっと1万キロに到達です。三味線奏者も多いCX界において「全然乗ってないよ」と言って本当に乗ってないのはカルさんだけと言わしめたワタクシですが、こんなところでも乗ってないのがお分かりいただけるかと。

morningride.jpg

それでもCXを始め、一緒に走る仲間も増えて以前よりはだいぶ乗るようになった気がするんですけどね。振り返ってみたら・・・

2015/6 〜 2016/7 3,637km
2016/6 〜 2017/7 3,785km

直近2年で7,422km走ってます。この数字はMTB、CXも含めた数字ですけどそれらの合計距離を1,000kmとしてもやっと10,000kmに達するTARMAC PROの少なくとも走行距離60パーセントは14年間のうちの直近2年で走っているって事。一般的なサイクリストにしたら少ない距離ですが、私のこれまでのサイクルライフで見るとかなり乗っている2年間になります。別に乗ってない自慢をしたいわけじゃなくて(そもそもそんな自慢ないだろw)逆に「俺、最近頑張ってる」って自分で思っている訳なんですが。

自転車も納車時からずいぶんと変化しました。下の写真納車されたばかりの状態からサドルが合わなくてガレージに眠っていたコンコールライトを取り付けたところ。

納車直後

変わってないのはフレーム本体とペダルだけ。ポジションも含めて試行錯誤を重ねてここにたどり着きました。バイクは一応パワーアップしているはずです。

RACING ZERO NITE

乗り手も止められない加齢に抗いながら、自分比で向上していると思うんですけどね。それを証明する為にも不動峠の2014年に自走で出したタイム「18:16.8」を破っておかないと。15分切りが脱初心者だとどっかで読んだのですが・・・遠い(苦笑)ちなみに先日変速調整ガタガタの状態で5秒落ちなので次はいけるでしょう。

12年落ちのセカンドグレードカーボンバイクをコツコツカスタムして楽しんでいたら、世間は電気モーターで変速するようになり、ブレーキは油圧ディスクブレーキへと進化してきました。UCIでプロツアーレースにおいてもディスクブレーキが全面解禁となり、新しいSPECIALIZED Venge(2019)は電動変速機、ディスクブレーキ専用機としてデビューします。

DSC_0157

長く乗っているからコンポの年式、グレードはバラバラ。挙句シマニューロ化しちゃった事もあり、乗り換えるタイミング逃しただけの時代遅れのロードバイクがこだわりのマシンに見えてくる奇跡。ロードバイクの活動範囲、使用状況的に焦ってディスクブレーキ化する理由もなく、それだったら本気のリムブレーキ集大成のフレームなんかに載せ替えたいな。

1948年式のクルマが鎮座するガレージの中では2006年なんて新車みたいなもん。これからまたちょっといじるのでそれが終わったら細かいパーツについて一覧を作ります。まだまだ壊れないで走ってくれよ。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

repaint 6 完成

2017年09月18日 16:31

構想から5回分けてお伝えしてきたシクロクロスフレームのリペイントプロジェクト。前回で単体塗装の仕上がり、今回は部品組み付け後の完成編です。

repaint_raizin2017.jpg

何と言っても特徴はスチールフレームを磨いたローカラーからのグラデーション仕上げです。クリスキングのヘッドベアリングカラーがちょっとノイズになってしまっていますが、スケルトンになった事によりお目見えした真鍮ろう付けがポイントです。本当はもっと鈍く輝くクロモリの質感を出したかったのですが、ポリッシュまで磨いてしまいました。

DSC_0039

ENVEフォークの塗り分けは従来と同様とし、内側のみベースカラーを塗りました。今回はグロス仕上げとしたところが変わった部分ですね。

DSC_0027

DSC_0031

ステムとシートピラーはマッチペイント。安価なアルミパーツもこうやると愛着が湧きます。

DSC_0022

ベースカラーよりちょっとダークなグリーンで「RAIZIN」と名前を入れました。

DSC_0032

ポップな方向ではなく、オーソドックスな仕様だけれどヒトクセあるような雰囲気を狙いましたが、個人的にはなかなか良いバランスに仕上がったかな?と思います。メタルフレームらしさが出ているのもお気に入り。
ただ、リア周りがちょっと寂しいかな。塗装でどうにかするのは難しいのでシートピラーをアルミ削り出しくらいにした方がいいかもしれません。シルバーを増やしすぎるとオールドスクール側により過ぎてしまうので難しいところですが。それも含め細かいパーツアッセンブルは乗りながらバランス見て更新をしていこうと思います。

シートピラー、ステムはせっかくマッチペイントしたのでしばらくはこのまま。ハンドルとシートクランプ、クリスキングの色をどうにかしたいな。


シルバー27.2のトムソン余らせている人いませんか?(笑)

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg
[ 続きを読む ]

repaint 5

2017年09月13日 12:10

前回の記事で旧塗装の剥離作業までお伝えしていたシクロクロスフレームのリペイントプロジェクトですが、あれから1ヶ月で仕上がってきました。なんとかCXシーズンに間に合いましたよ。

repaint2017raizin.jpg

塗装指示書を見てネギみたいだな・・・って感想をたくさん頂きましたが、できあがりはこんな感じ。

32569129104_21b07ffc2c_z.jpg

従来のカラーはシボレーのフリートラインをオマージュしたものでしたが、今回はオースチン・ヒーリー100をモチーフとしました。ボディ基本色はスプルースグリーンと呼ばれるオーソドックスなブリティッシュグリーン。軽量化のために取り付けられたローカラーのアルミボンネットからインスパイアを受けてヘッドチューブ付近をスチールのローカラーとしました。

repaint 2017

美しい真鍮ロウが更にクラシカルな雰囲気を醸しだしています。当初はアルミシルバーに塗装予定でしたが剥離作業を自分で行った際にこのアイデアを思いつきペインターであるアラカラーさんに相談。磨きと塗装のグラデーションも可能との事で実現しました。

IMG_1580

同様の手法でフロントフォークも仕上げました。奥に見えているのはマッチペイントしたステムとピラーです。

repaint 2017

カーボンフォークは前回と同様の塗り分けですが、全体にクリアを塗ってグロス仕上げにして泥離れの向上を狙っています。まずはこっちのフォークをインストールしてみる予定です。

IMG_1578.jpg

旧カラーではロゴを結構入れましたが、今回はダウンチューブに「RAIZIN」とヘッドに「R」だけ。適当なフォントをベースにバランスを整えてカッティングマシーンでマスキングテープを切り出して支給。塗り分けで仕上げてもらいました。太陽光でどのように見えるか楽しみ。

パッと目を引くものではなく、オーソドックスだけどちょっと違う雰囲気を目指していたのですが、割と良い着地ができたんじゃないかと思っています。パーツアセンブルもこれに合わせて一新したい所ですが、まずはウィークデーで組み上げてバランス見ながら検討しようと思います。そんなことより今シーズン初戦まで時間がないので乗り込まないとね。

塗装は埼玉県さいたま市岩槻区のアラカラーさん。今回も自動車メーカーはもちろんショーカーでも需要の高いアメリカPPG社のクオリティの高い塗料でバッチリ仕上げてもリアました。ご興味のある方はWeb Siteからお問い合わせください。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg








最新記事