2019-2020 シーズン仕様 RAIZIN CX

2019年10月28日 12:00

作シーズンからほぼ変わりなし!ここまで変化がないのはここ6シーズンで初めてですね。もう熟成し切った感じ。

2019-2020 Ver RAIZIN CYCLOCROSS
19-20_raizin_cx.jpg
同じ色のAustin Healey 100と

唯一の変更点は消耗品のタイヤをシリカ配合のグリーンにしたところのみ。銘柄はFMBのスラロームなのでコンパウンドが違うだけ。これを書いていて思い出したけど、シートクランプもdkgのグリーンにしようと思っていたのを忘れていました。SURLYにも使っていて気に入ってるんですよね。

IMG_0777.jpeg

低温時に効果を発揮するグリーンタイヤを積極的に選択する理由はあまりないのだけれど、単純に気分転換になるかと思ってね。もう1セットは引き続きチャレンジ・シケインのオープンチューブラー(ラテックスチューブ使用)とフルクラム・レーシング5CXです。

19-20_raizincx_front.jpg

シーズン初戦と目論んでいた茨城CX #2が中止になってしまい、まだシーズンインできていませんがバイクの準備はできています。ただ、このタイヤで全く走っていませんけど・・・レースの中止も痛かったが、それよりも冒険ランドで練習できないのはもっと痛いかも。

9.450kg(昨年のデータ)
今回記事を書くにあたり重量の計測はしていませんが、変わったのはバーテープくらいなので誤差程度でしょう。

詳細仕様
フレーム:RAIZIN WORKS ラグレスフレーム KAISEI 8630-019 ダブルバテッド 0.8~0.5(mm)
フロントフォーク:RAIZIN クロモリベンドフォーク
右デュアルコントロールレバー:SHIMANO ST-9001
左ブレーキレバー:SHIMANO BL-S705 B
リアディレイラー:SHIMANO RD-RX800-GS
カセットスプロケット:SHIMANO CS-HG800 11-34
クランク:SHIMANO FC-9000
チェーンリング:Wolftooth 38T
ブレーキ:TRP CX9 Mini-V brakes
カートリッジBB:CHRIS KING
ヘッドセット:CHRIS KING
ハンドルバー:3T ERGONOVA PRO
バーテープ:リザードスキン
ステム:DIXNA CROSSハングステム 80mm
サドル: Specialized Romin Evo Comp Gel
シートピラー:EASTON EA-50
ペダル:Shimano PD-M9000
ホイール:Shimano 5800(105)HUB + TNI CX22 and Fulcrum Racing 5 LG CX
タイヤ:FMB SSC Slalom Green and Challenge Chicane Open TU(Challenge Latex)

週末の幕張クロスが今シーズンの初戦になります。ドライであれば使い慣れたシケインで走るので問題はありませんが、湿ってたらスラロームグリーンをいきなりレースで使うことになりそうですね。オフシーズンにほぼ自転車に乗っていないので成績は臨めませんが、自分の中で熱いものが蘇ってくれたらいいな。




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



茨城CX 城里町ふれあいの里を振り返る

2019年01月26日 20:00

城里町ふれあいの里ステージが2015-2016シーズンに初開催されてから4戦行われ、小貝川に続いて名物コースとなっています。振り返ると全てのレースに参加していますね。

2015-2016 茨城シクロクロス #2 城里ふれあいの里 C4B
公式リザルト:7/23 (30%) 

24007538264_721f7870a4_z.jpg
Photo by Yan Yan

雪により会場に辿り付けない参加者が続出したレース。喘息に苦しみながらもなんとかシングルリザルトをゲット。要素がたくさん詰まったお気に入りのコースになりました。

2016-2017 茨城シクロクロス 第3戦 城里町ふれあいの里ステージ C4A
公式リザルト:12/39 (30%)

32264132920_58dd438616_z.jpg
Photo by 岡元 恒治

この頃恒例のスタートだけがんばって2周目で大タレ、ラストラップ追い込んでやった気になるやつですね。ダメダメ。

2016-2017 茨城シクロクロス第5戦 城里町ふれあいの里 C4A
公式リザルト:7/44 (15%)

32596511783_8e7a906cde_z.jpg
Photo by Takashi Saito

今季2回目となるふれあいの里ステージ。最終戦は通称悪魔の谷と呼ばれているキャンバーエリアを逆方向から使うレイアウトとなり階段がなくなりました。結局いつも降っているキャンバーを登るので担ぎはありましたけどね。レポートを読むと後半しっかりペースト順位を上げて会心のレースだったみたい。

2017ー2018 茨城シクロクロス 第3戦 城里町ふれあいの里ステージ C4-A
公式リザルト:13/40 (32%)

39079430205_9a21559077_z.jpg
Photo by Tomoaki Hori

またもやスノークロスの様相となった昨シーズン。午後最後のレースだったので雪は解けたが手強いマッドコンディションで行われた。チェーン落ちなどもあり成績は残っていないが、この頃のフィジカルなら上出来。

念願のコースレイアウト
fureaicorcemaps.png
茨城シクロクロスより

今年のコースレイアウトが発表されましたが、2016-2017 茨城シクロクロス第5戦 城里町ふれあいの里の際に下りとして使ったスロープを登るレイアウトとなりました。階段も使わずに乗車率が上がるレイアウトです。ずっとこのレイアウトでレースをしたいと思っていたんですよね。

やっぱりふれあいの里コースは面白いな。攻略方法がいくつもあってそれを考え実行する楽しみがある。次はこの周回方向のままキャンバー下から、階段ではなくスロープで上がるコースにしませんか?それはそれで辛いけど、七会中三角定規坂オマージュでいいじゃないですか。


昨年のレポートでも書いてました。メーメー坂と名付けられたスロープ。語源は雑草処理係として放牧されていたヤギが由来でしょう。

33028340380_75a2507c31_z.jpg
メーメー坂の主

記録的に雨が降っていない関東地方ですが、今年も前日の土曜日に雪マークが!ふれあいの里は油断なりませんね。私の参加するマスターズクラスは朝一番のスケジュールなので凍てついた土がまだ溶ける前みたいな状況かな。要素が多いだけに極端なセッティングは避けてオーソドックスな設定で臨もうと思います。試行錯誤する時間もないしね。

数値としてフィジカルが衰えているのは受け入れて、とにかく怪我しないように野辺山以来の復帰戦を楽しみます。




ssalebaner.jpg

茨城シクロクロス 第2戦 取手ラウンド(小貝川)CM3

2018年10月11日 13:49

今シーズンの2戦目は茨城シクロクロス第2戦取手ラウンドです。俺たちのホーム冒険ランドへ全国のCXerが集結するJCXシリーズの第1戦でUCI CLASS2のレースとなります。まぁ、そんなのはトップカテゴリーの話で、それ以外のカテゴリーには直接関係ありませんが、いつもはご年配のグランドゴルファーの方が多いこの地にたくさんのCXerが集まるのですから楽しくないわけがありません。

コースチェック
勝手知ったる冒険ランドですが、本大会の際にはいつも走行が禁止されているエリアも追加されます。特に舗装区間となるバックストレートの長さはかなりのもので、そこで踏めなければ良い成績は残せません。普段はテクニカルな冒険ランドエリアもコース幅をしっかりと確保する関係もあってアベレージスピードが上がっています。普段のレイアウトと似ていますが、コースを感覚的に体で覚えているローカルにとってはちょっとしたコーナーの大きさの違いでも戸惑うことが多く集中力が途切れる後半は特に注意しなければなりません。
前日季節外れの夏日を記録し完全なドライ。秋晴れの予報だったが雲が多く、予想よりも涼しいがTシャツと短パンで問題ないくらいの気温。シクロクロスを行うには問題なし。

作戦と目標
冒険ランド内はなかなかパッシングポイントはないのでとにかくスムーズに。舗装路など直線は踏まなきゃ死を意味するのでとにかく早めにスピードをあげて下ハンで巡航する。前回獲得したポイントがあったので2列目スタートと良いポジションを確保。無難にスタートしてシングル順位を目指す。

バイク
IMG_2369
狙った訳ではないが、成り行きで使ってる黄色いバーテープがLOTUSっぽくて気に入っている

30分と短い試走時間で決めなければならないが、タイヤは前後チャレンジのシケイン(WO)で空気圧についてはフロントは1.8、リアは2.0とした。舗装路の転がりを考えて空気圧を高めることも考えたが、ポニー広場付近の泥コーナーが気になって空気圧はこれ以上高くするのはテクニック的に危険と判断。

今回はオンボードカメラで撮影するのが大きな違いか。レース後の記憶が曖昧な部分を保管してくれるだろうし、一緒のカテゴリーで走る皆さんのちょっとした楽しみになればいいな。まさかこのカメラがレースに影響を及ぼすとは・・・

CM3
召集が始まり2列目の中央に並ぶ。並んで気が付いたがスタートのギヤを決めてなかったことに気がついて適当にギヤを落とした。この行動を見てギヤを変えてた人もいたしまだシーズン初めって感じ(笑)CM2と混走で30秒後にスタート。CM2がスタートする頃にカメラのRECボタンを押したが反応したのかわからず・・・画面に赤文字でタイムが表示されるはずだがよく見えない(目が悪い)他にREC状態なのか確認できる術を理解してなくて潔く諦めてスタートポジションに。

43500591_1857036751048478_6269480434757795840_o
Photo by Kazutaka Inoue

しかし、そんな集中できていない状態ではやっぱりダメでクリートのキャッチを失敗。得意のスタートダッシュを決めることができなかった。だいぶ左右から飲み込まれてしまったが気を取り直して1コーナーへ。10〜15番手くらいで最初のヘアピンをクリア。遅れを取り戻せてまずは一安心。斜めに冒険ランドへ侵入しいて小山を2つ超える。この2つ目の頂上でカーブするあたりで渋滞になるのは予想できていたので10番手くらいで飛び込みたかった。

43349964_2226496067569277_1454683540296826880_n
Photo by ドンマイ

降車を選択するほど渋滞する前にクリアすることができて、次のキャンバーからのヘアピン。ここも渋滞ポイントで注意するポイントだと認識していた。ヘアピンの登り返しで落車発生。自転車が横になってコースを塞いでいる。レコードラインを通れると判断したが起き上がるアクションを察知して避けたがそのままこちらも落車してしまった。

43378267_1914566585296429_803322801778851840_o
Photo by Atsushi Miyahara

リカバリーをそんなに時間はかからなかったがうまくクリアできた数名にパスされる。冒険ランド内はスムーズにと決めていたが、先行者に付いていくと前が逃げていく感じだったので、ちょっと無理してでも抜こうと判断。でもこれがやっぱり難しく。染み付いた冒険ランド内のコーナーワークが邪魔をした。

43450083_2226496160902601_8355761305595936768_n
インに差し込んでこのまま加速すればパスできたのに・・・ Photo by ドンマイ

いつもの癖でコーナーリングスピードを減速、左に切り込もうとアクションをしているのがわかる(オンボード動画)。普通にスムーズにコーナー抜ければココでパスしていただろうに。その後冒険ランドから一度舗装路にドロップオフで林間部分に入る前にパス。

思ったより前の集団が逃げてはいなかったので一安心。ポニー区間でなるべく差を詰めてバックストレートで追いつこうと決めてプッシュ。バックストレートでこれで終わる勢いでダンシングしたけど、周りもめっちゃプッシュしているからなかなか追いつかない。なんとかバックストレートで3人をパス。その後のことなんか考えずに前を追いかけることに集中。写真見ると結構張り付かれていたみたいで危なかったな。

43610560_1933170436765833_3974197276951183360_o
Photo by Harumi Yoshiwara

バックストレートでパスしたひろさとさんにしばらく張り付かれてたことを写真で知る。油断できないぜ。

43371218_1914566691963085_4041342347525488640_o
Photo by Atsushi Miyahara

ここまで読んでいただいて気がついていると思いますが、結局オンボードカメラはしっかり録画されていて、記憶の補完をしてくれています。1周目の展開は覚えていましたが、2周目はあまり記憶になく、抜いたことは覚えていても、抜かれたことって忘れているんですね。すごい勢いで抜いていく大きな番号の選手は後方スタートでここまで上がってきた選手だから「速い人認定」して気にしないフィルターがかかっているのかもしれません。抜いたり抜かれたりとしながらもとにかく前方に見える集団に追いつこうって思える調子の良さがありました。

43565412_1933171003432443_3809407512176754688_o.jpg
Photo by Harumi Yoshiwara

1周7分くらいなので、普通に考えたら4周で争うはずですが、例年朝一レースは結構タイムを短縮されることが多く(集団のタイム差が激しいことが理由)恐らく3周だろうと思っていましたが、予想通り2周目を終えてラストラップのジャンが鳴ります。

ibarakicx_gogogo.jpg
Photo by Yasuhiro Nakashima

3周目に入る時のも10mくらい離れて2人パックがいるのを確認。あそこのトップになろうとプッシュします。

43685133_1889370271359192_4582709858356166656_o
Photo by Takashi Saito

順位とかはさっぱりわかってなかったし、そんな事は考えてなくて、とにかく前を追うことだけに集中できてた。ジャージを見て2人とも前回のレースで同じくらいを走っていた選手だと認識。更にその前を追う事を考えていたので冒険ランドで早めに仕掛けたいとタイミングを測る。そしてココだってところでアタック。ゆるいアールの高速左コーナーで前に出るつもりが・・・この日はS字侵入のキツイ左コーナーでした。インを塞いだ形になってしまい接触。「ゴメンナサイ!」と謝りながらペダルを踏みます。落車にならなくてよかった。結局この日2回冒険ランドの癖が邪魔しました。

前を追うが林間セクションで離され、更に後ろから抜かれる。バックストレートの立ち上がりでも置いていかれて苦しい展開。ここまでだいぶ無理してきたのでなかなか追いつけない。ひとり選手をパスしてシケイン(バリア)へ。いつもは得意なシケインですが、このスピードが落ちた状態のバリア超えは差が付かないのでアドバンテージにならないどころか、バックストレーとで無理しているのでクリートキャッチが毎回うまくいかなかった。この隙に先ほど抜いた選手に抜かれてしまう。(あとで確認したらCM2の選手で順位には影響なかったみたい)それでもピット前で抜き返したがその前の選手は遠く・・・後ろを振り返って誰もいないことを確認したけど、一応スプリントでゴール。

43706418_1889435554685997_7601666620099919872_o
Photo by Takashi Saito

写真見たら死角にFLの先輩が迫ってました・・・スプリントしなかったらやられてましたよ。(ゴール動画)
ゴール後に冒険ランド内での接触を詫びて握手。前回レースでも良い感じに絡んでバトルできて良い目標になっています。またよろしくお願いします。



リザルト:8位/56人出走 14% (22pt)
Lap1 7:03.8
Lap2 6:55.9
Lap3 6:51.2
合計タイム 20:50.9 (+0:29)

Good!
・ラップタイムが尻上がり
・プラン通りの走りができた
・シングル順位

Bad
・スタートルーティーンの失敗(ギヤ選択、カメラ準備、サイコンの設定、クリートキャッチ)
・バックストレートに入る立ち上がりなどでかなり離されてしまう

Attack!299に向けて行ったダイエットが功を奏したのか、パワートレやインターバルトレをほぼやっていないのにも関わらず調子は良い。いつも上位カテゴリーの人と走っているから気がつかなかったけどもしかしたら自分史上最強じゃない?って思いながらC4のラップタイム見たら昨年のライバル達より・・・まぁ、楽しめているからいいよね。順位もさることながら、トップとのタイム差が30秒以内ってのが嬉しいポイント。これはやる気出ちゃうな。

43372278_1114284585401505_4310582229425192960_o
Photo by 薄井猛生

オンボードを見て改めて気になっているのがバックストレートの立ち上がり。かなり前者に離されている。一瞬の出力立ち上がりの踏み始めをもっと意識して早くしないとダメっぽい。長いストレートのおかげで追いつけたけど無駄な力を使っているわけだし、ストレートが短い場合は勝負にならない。

次戦は来週の前橋CXです。シングル順位の常連とレースの中のレース(CX老人会内抗争)を目指して楽しむぞ。




ssalebaner.jpg

優しいフレーム

2018年09月27日 12:00

茨城CXにてスクイッドのCXフレームにちょっとだけ乗せてもらいました。感想は私の表情を見ていただければ察していただけるかと。

squidbikes_cx.jpg
Photo by Yasuhiro Nakashima

今までアルミのシクロクロスフレームって入門クラスのディスクブレーキのすごく重たい印象しかなかったのですが、これは良い意味で裏切られました。すごくしっかりしてるレーシングバイクですね、これ。

5I7A4616
Photo by Takashi Saito

これで浮き彫りになったのは、私のライジンが相対的にとても柔らかくて優しいバイクであること。冒険ランドでブンちゃんに乗ってもらった時にも「ねじれながら路面追従していく感じ」って感想でした。文ちゃん優しいな(笑)

確かにクロモリベンドフォークは私のテクニック不足を補ってくれているのは実感しているし、それはメリットではあるんだけど、あの一枚の板に跨ってるみたいな剛性感、反応の良さは魅力的だな・・・そんな風に思っちゃいました。

raizin_nobeyama.jpg
Photo by Toshiki Sato

でもちょっとヌルいと言うか緊張感がないと言うか。フロントフォークをカーボンに差し替えたくなってきましたよ。何度これを繰り返すのか。きっとそれでは、今感じている物足りなさは解消されないとわかってるんですけどね。でもこうやって不満を見つけるってことは経験を積んできた証だし、時期フレームへの欲求でもあるので嬉しくもあります。すぐにどうこうってわけじゃないけど。レースに参加するってことは自分なりの限界で自転車を感じるって作業でもあるから、それが見えてきたことが単純に楽しいわけです。

C2で優勝したアルミディスクCXはどんな感じなんだろう?今まで他のバイクを気にしないようにしてたけど、そろそろ機会があればいろいろ乗ってみようかな。




ssalebaner.jpg

灼熱の冒険ランドでCX練はじめ

2018年08月25日 13:30

さぁ、シーズンインまであと1ヶ月。まだ暑くてそんな気になれないけど、シクロクロスバイクの挙動を思い出そうと灼熱の冒険ランドへ。

IMG_1607.jpg

道中、クルマのメーターパネルに外気温32度の表示。そんなコンディションでしたが今年一番準備のできている漢が黙々と周回を重ねていました。準備をしてすぐにコースイン。轍をトレースしようにもオーバーランすることも。しかし、周回を重ねるうちに前後荷重だったり、リーンイン・アウトの感覚が蘇ってきました。

IMG_1609.jpg

それでもやはり暑さが厳しく20分3本(そのうち2本は20分まで走れず)をやって終了。駆けつけてくれた今年同じレースで走るCM3の先輩と練習に来ていたOTRのL2ライダーと談笑。

IMG_1620.jpg

今日の目的は新規導入するオープンチューブラーの感覚を探ること。1本目TUで2本目はOPEN TUで。想像していた転がりの良さは狙い通りで完組ホイールの縦剛性もあって進む感じが心地よい。反面高めの空気圧とトレッドパターンへの信頼が確立していないこともあり、コーナーはちょっとビビってます。徐々に感覚は掴めてきました。

Eiji Ohkiさん(@ag_ohki)がシェアした投稿 -



やっぱり走ってみないとわからんね。暑さで敬遠していた茨城#1エントリーするぞ!




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg



最新記事