2019年最初のライド

2019年01月06日 08:00

お正月休みも残すところ後二日。やり残していることといえば自転車乗り初めか。そんな訳で輪工房の年明けライド企画に参加してきました。リハビリ中でも大丈夫な優しいサイクリング。

kihachi1.jpg

目的地は喜八堂さん。(ウェブサイト)東京駅なんかにもお土産が置いてあるので知ってる人も多い老舗のおせんべい屋さんです。クルマでお店の前をなんども通過していましたが、まさかこんなにサイクリストフレンドリーな休憩どころだとは知りませんでした。

kihachi3.jpg

常設のサイクルラックに自転車を停め、趣のあるお店ののれんを潜れば土間の大空間が広がっています。ストーブで温められ、日差しが入る暖かい空間はこの季節には何よりも嬉しい。

kihachi2.jpg

椅子や座敷に腰を下ろすとウエルカムドリンクとウエルカム団子が!(一人1本ですよw)オーダーした焼き団子やお汁粉も美味しかったです。試食のせんべいを食べつつお土産を選べるのもよい。お店で熱々の出来立て手焼きせんべいを買うこともできます。

あ、サイクリングの方は、久しぶりに冬の夜明け前を体感して薄着を後悔しましたが、日が昇るにつれて気温が上昇。珍しく風も穏やかで最高のサイクリング日和でしたよ。50キロちょっとですがリフレッシュできました。まだ負荷をかけるのは怖いけど平地を淡々と走るのは大丈夫。それだけでも楽しいしありがたい。そんな状態ですが、よかったら今年も一緒に走りましょう。2019年もよろしくお願いします。



ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



2018 Festive500 Day4

2018年12月28日 12:00

もう諦めムードのFaestive500。坐骨神経痛が手強くてウィークデーには手も足も出ない・・・感じだったのですが、この日は起き抜けでも腰がそれ程痛まない。顔を洗いながらそう感じていた。そんな時に「これから江戸川CRで北上します。会えたら!」とメッセージ。そう、数日前にある男と約束をしてたのだ。通勤で距離稼ぎを実行していたら会えますね・・・と。

一応会社には着替えなど一式準備してあったし、体調も良い。ライドの誘いには尻軽対応を心がけ、約束は守る男でありたい。そそくさと着替えてペダルを踏み出した。追い風基調も手伝って江戸川CRを走る。ウインター用のグローブを外しウインドジャケットのファスナーを開ける。あぁ、サイクリング最高だな・・・と自転車に乗れる喜びを噛みしめる。

そして前から黒い男がふたり。約束は果たされた。

aeta.jpeg

ペダルを止めてしばし談笑。話出せば止まらないが一方は遥か先の目的地があり、一方は仕事の始業時間が迫っている。「気をつけて」と別れた。

frendball.jpeg

翼とロベルトに挨拶をして仕事へ。静岡が舞台のキャプテン翼がなぜ東京都葛飾区に?その答えはコチラ。謎が溶けました。

天気予報では暴風注意報が出るとか。向かい風がきつかったら自転車を置いて電車で帰ることも考えたが、まだそれ程風も強くなかったので帰宅も自転車で。結局往復で73キロ走った。帰りは比較的負荷をかけ続けたがこれくらいなら大丈夫なんだな。今の所シクロクロスはできる気がしないけど。

#festive500 101/500

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

2018 Festive500 Day1

2018年12月25日 10:50

前記事で平成最後の自分にとって良い事をできる最後のチャンスとしてFestive500に挑戦する旨を記しました。意気込みの通り、前日にはローラー台にセットしっぱなしだったロードバイクに実走行用のホイールを取り付けブレーキを調整するなどの準備をして就寝。5時に目覚ましをセットして起きた時にどこを走るか決めようとベッドに入ります。

2006specializedtarmacpr049.jpeg

しかし、5時に目覚めたものの、いつもに増して腰が痛い・・・椎間板ヘルニア、分離すべり症による坐骨神経痛の症状は残っているのですが、ここ数日で一番痛む。朝食を摂って服薬しストーブの前で体をゆっくりと温める・・・結局動けるようになったのは7時ごろでした。

housyubanabridge.jpeg

あまり体調が芳しくないし、ロードに乗るのはいつぶりか?そんな訳で定番の関宿往復コースで様子を見る事に。調子が良ければ関宿城から折り返さずに利根川、利根運河、江戸川で帰ってくるルートに変更する2段構え。

sekiyadocastle.jpeg

平坦路であまり負荷をかけずにじっくりと乗る予定でしたが、日が昇ると季節風が強まり200w近くで巡航する羽目に。関宿から利根川ルートなら強烈な追い風で距離を稼げるのですが、途中から向かい風になるのは必至。無理をせずに折り返して帰宅。

乗れなくはないが、負荷をかけるのは辛い。そして一番の問題は寝起きですぐに体が動かない事。これから4日間通常勤務が続くので通勤で距離を稼がないと500キロ達成は難しくなります。1日目で今年の達成は無理だと悟りました。それでも無理のない範囲で距離は積み上げたいな。

#festive500 36/500



ssalebaner.jpg

残雪を探すライド

2018年01月28日 08:00

朝から用事を済ませて軽くMTBで残雪を探すライド。

IMG_4072.jpg

近所の公園は10cmくらいはしっかり残っていた。溶けて凍ってを繰り返しているから降り始めのような楽しさはないけどね。

IMG_4074.jpg

センタースリックのタイヤなのでいくら空気抜いてもしっかりトラクションを意識しなければ進めません。江戸川サイクリングロードも一部雪が残っている区間がありました。堤防DHはなかなか楽しい。ただかなりの暴風でちょっとペダルを踏むだけで40km/h以上出てしまう勢い。あんまり遊んでいると帰りの向かい風で自滅しそうなので目的地へ急ぎます。

クロマグ フラットペダル

輪工房のブログでクロマグのペダルを在庫していることを知り購入。ここ半年くらいずっとどんなフラペを買えばいいのか悩んでいて、在庫があるならこれでいいじゃんと背中を押されに行ったわけです。さっそく帰宅してから付け替えて軽くスノーライド。ちょっと感動しましたよ。その辺はまた改めて。




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

【Festive500】Day7 チャレンジ成功

2017年12月31日 08:00

日付が変わる前に帰宅して早々に就寝したのですが、時計のアラームを無意識に切っていたようで予定より40分程寝坊。前日準備をしない代わりに1時間前起床する私にとってはこの寝坊はかなり痛い。それでもバタバタと準備をして10分遅れで待ち合わせの場所へ。

今日のパートナーは地元の友人。数年前に自転車購入相談から購入、納車まで楽しんで関わりましたが、一緒に走るのは2回目かな。今年からトライスロンを始めた彼と葛西臨海公園までの江戸川CR往復の100kmを走ります。

kasaipark_glasshouse.jpg
この自転車サイズの違い!

この季節典型的な「行きは良い良い、帰りは怖い」で猛烈な向かい風と戦うことに。パートナーは初めての100kmサイクリングで相当な洗礼となったことでしょう。次は山の洗礼を浴びに行きましょう。

カルさんさん(@h_cal)がシェアした投稿 -


別れたあと、Festive500に数キロ足りなかったので一人で仕上げのライドを。本当は大掃除している嫁さんとタンデム自転車でも乗りたかったんだけどね。そんな身勝手なロマンチシズムは年末、大掃除って現実の前に無力であります。

f500_tr.png

そんな訳で1日を残してFestive500チャンレンジ達成しました。

#festive500 501/500

毎年毎年、このイベントを達成するためにまだ暗い早朝に距離を積み重ねるサイクリストを横目に見ながら自分は無理だと思っていました。
2017distance.png
2017年の走行距離を見ればその理由は明らかで単純に年間走行距離が少ないのです。CXシーズンは仕方がないにしてもハイシーズンでさえ、今回の12月より少ない・・・恐らく100kmを超えるライドは片手で十分足りるくらい。STRAVAの集計だと距離にして4,156.8 kmです。

認識が少し変わったのは8月に開催されたサトウトシキ氏のトークショーに行ってから。見事にベストフィルムを受賞した巨匠も普段からそんなに距離を乗っている訳ではないと聞いて。お話の限りあまり私と状況は変わらなかったんですよね、自転車に関しては。やるか、やらないかは自分の意識の問題だけだと思いました。

喘息が酷くて自転車に乗っていないタイミングで、ゆっくり距離を走りながら2018年のCXシーズンを迎えたい思いもあって、1日目に100km乗った時点で達成を狙おうかな?と思いました。今年は東京マラソンで初フルマラソン挑戦、完走し、王滝でMTBのマラソンレースに初挑戦、完走。そんな事もあったのでロードのマラソンイベントとFestive500を勝手に位置付けしてクリアしたかった。それでも達成するためにチャレンジすることを口に出さなかったのはいつでも逃げられるようにってところが情けないのですが(苦笑)
Raphaをはじめ、周りの皆さんのSNSを通じたサポートや一緒に走ってくれたmatudo、染ちゃんのお陰でなんとかチャレンジを成功することができました。たかが500km走っただけで毎年クリアしている先輩たちには「大袈裟な・・・」って話ですが、自分にとっては大きな成果になりました。

最後にこの忙しい時期に快く送り出してくれた妻に感謝します。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg





最新記事