MERIDA BIG.SEVENのサドル

2016年05月12日 08:00

先日の山サイで発覚したMTBのポジション問題。今までのライドではあまり気にならなかったのですが、MTB自体そんなに長い時間乗っていないからかな。サドルを上げたり、下げたりする事もあり、あまりポジションに神経質ではなかったのですが、遂にいろは坂で気が付いちゃいました。

IMG_3361

先のCXシーズンでCXとロードのポジションが決まった事もあり、踏むポイントやポジションが自分の中で確立した事も大きな要因かもしれません。そのおかげで自分の中の基準とずれていると気になるようになったんでしょう。これは遅まきながら大きな一歩かな。

zeecagemerida.jpg

シートポストを簡単に上下させる為に工具のいらないクイックで固定するようになり、純正カーボンピラーから家にあったアルミのセットバック付きシートピラーに交換していました。この状態からサドルを目一杯前に出していますが、それでもCXと同じような前乗りのポジションに持って行けないのが原因です。

またパッドなしのパンツで乗れるようにフィジーク・アリアンテに交換したにもいけなかった。もうこのサドルが完全に合わなくなっていました。純正サドルの方がよかった・・・。
シャンリー(CIONLLI)
私のメリダ・ビッグセブンの純正サドルをひっくり返してみるとベースには「CIONLLI」と刻まれていました。検索してみると台湾のサドルメーカーみたいです。メーカーのサイトを確認した所「1210」をベースに表皮を変えた感じかな。OEMサドルというと日本でも小売りしているveroは有名ですが、こんな会社もあったんですね。

まずは純正シートピラーに戻し、アルミ製のゼロオフセットピラーを手に入れてペダルとサドルの関係をCX等と同じようにセッティングしたいと思います。そうすればもう少しヒルクライムがマシになるはず・・・はずです・・・はずだよね?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



Oneby Esu 77ステム

2015年03月23日 10:00

トップカバーを交換し、コラムカットに続く仕上げの作業。ステムの交換です。

ステム選びはいろいろ悩んだのですが、まずは寸法や角度が決まるまではそんなに高価なものは避けます。トムソンのX2ステムを最初ポチったのですがメーカー在庫なしで入荷もまだ先のようなのでコストパフォーマンスの高い俺たちの東京サンエスカタログからワンバイエス 77 ステム にしました。

東京サンエス QnebyESU 77 Stem 110mm 123g
東京サンエス 77ステム

現在使っているのが3TのARX-PROの100mm(-6°)でしたが今回は110mm(-13°)になります。長さはたった10mm伸びただけですが角度も下がったのでそれなりに遠くなりそうです。

2006 SPECIALIZED TARMAC PRO

さっそく取り付けます。後輪側がスタンドでちょっと上がっていますけどステムは地面とかなり平行に近い感じになりました。100mmと110mmってたった10mmの差なのに見た目ですごく長く見えますね。ちなみに100mmはこんな感じです。ステムのグラフィックの差もあるかな。

東京サンエス 77ステム

コラムに固定するボルトの部分から盛り上がってステムの前方へつながるデザインはシンプルながらも力感があってなかなかステキです。
トップカバー下のカーボンコラムスペーサーの厚みがあるからなのかな?はみ出ているのが気になります。かっこ悪いな・・・薄型のタイプってあるのかしら?

東京サンエス 77ステム

キャップが白いのもマイバイクには似合うかな。まぁ、つや消し黒でボディー側を全塗装して使った方が全体的には収まりが良さそう。

DSC_0151

ロードバイクのカッコ良さポイントってステム周りが結構ミゾなんじゃないかと思うなぁ。最近のロードバイクはヘッドチューブが結構長めなのも多く、ポジション出すためにかなり前下がりのステムを取り付けるのも見ますが、やっぱり地面と平行くらいが美しい気がします。体格でフレームのカッコ良さは諦めていますけどね。

ちょっと跨った感じでは違和感なし。写真ではドロップハンドルをしゃくってあるので下ハンは握りにくかった。乗る前に定石通りドロップの下側を地面と平行にしてみます。これから乗り込んでみるのが楽しみです。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事