2019-2020 シーズン仕様 RAIZIN CX

2019年10月28日 12:00

作シーズンからほぼ変わりなし!ここまで変化がないのはここ6シーズンで初めてですね。もう熟成し切った感じ。

2019-2020 Ver RAIZIN CYCLOCROSS
19-20_raizin_cx.jpg
同じ色のAustin Healey 100と

唯一の変更点は消耗品のタイヤをシリカ配合のグリーンにしたところのみ。銘柄はFMBのスラロームなのでコンパウンドが違うだけ。これを書いていて思い出したけど、シートクランプもdkgのグリーンにしようと思っていたのを忘れていました。SURLYにも使っていて気に入ってるんですよね。

IMG_0777.jpeg

低温時に効果を発揮するグリーンタイヤを積極的に選択する理由はあまりないのだけれど、単純に気分転換になるかと思ってね。もう1セットは引き続きチャレンジ・シケインのオープンチューブラー(ラテックスチューブ使用)とフルクラム・レーシング5CXです。

19-20_raizincx_front.jpg

シーズン初戦と目論んでいた茨城CX #2が中止になってしまい、まだシーズンインできていませんがバイクの準備はできています。ただ、このタイヤで全く走っていませんけど・・・レースの中止も痛かったが、それよりも冒険ランドで練習できないのはもっと痛いかも。

9.450kg(昨年のデータ)
今回記事を書くにあたり重量の計測はしていませんが、変わったのはバーテープくらいなので誤差程度でしょう。

詳細仕様
フレーム:RAIZIN WORKS ラグレスフレーム KAISEI 8630-019 ダブルバテッド 0.8~0.5(mm)
フロントフォーク:RAIZIN クロモリベンドフォーク
右デュアルコントロールレバー:SHIMANO ST-9001
左ブレーキレバー:SHIMANO BL-S705 B
リアディレイラー:SHIMANO RD-RX800-GS
カセットスプロケット:SHIMANO CS-HG800 11-34
クランク:SHIMANO FC-9000
チェーンリング:Wolftooth 38T
ブレーキ:TRP CX9 Mini-V brakes
カートリッジBB:CHRIS KING
ヘッドセット:CHRIS KING
ハンドルバー:3T ERGONOVA PRO
バーテープ:リザードスキン
ステム:DIXNA CROSSハングステム 80mm
サドル: Specialized Romin Evo Comp Gel
シートピラー:EASTON EA-50
ペダル:Shimano PD-M9000
ホイール:Shimano 5800(105)HUB + TNI CX22 and Fulcrum Racing 5 LG CX
タイヤ:FMB SSC Slalom Green and Challenge Chicane Open TU(Challenge Latex)

週末の幕張クロスが今シーズンの初戦になります。ドライであれば使い慣れたシケインで走るので問題はありませんが、湿ってたらスラロームグリーンをいきなりレースで使うことになりそうですね。オフシーズンにほぼ自転車に乗っていないので成績は臨めませんが、自分の中で熱いものが蘇ってくれたらいいな。




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



優しいフレーム

2018年09月27日 12:00

茨城CXにてスクイッドのCXフレームにちょっとだけ乗せてもらいました。感想は私の表情を見ていただければ察していただけるかと。

squidbikes_cx.jpg
Photo by Yasuhiro Nakashima

今までアルミのシクロクロスフレームって入門クラスのディスクブレーキのすごく重たい印象しかなかったのですが、これは良い意味で裏切られました。すごくしっかりしてるレーシングバイクですね、これ。

5I7A4616
Photo by Takashi Saito

これで浮き彫りになったのは、私のライジンが相対的にとても柔らかくて優しいバイクであること。冒険ランドでブンちゃんに乗ってもらった時にも「ねじれながら路面追従していく感じ」って感想でした。文ちゃん優しいな(笑)

確かにクロモリベンドフォークは私のテクニック不足を補ってくれているのは実感しているし、それはメリットではあるんだけど、あの一枚の板に跨ってるみたいな剛性感、反応の良さは魅力的だな・・・そんな風に思っちゃいました。

raizin_nobeyama.jpg
Photo by Toshiki Sato

でもちょっとヌルいと言うか緊張感がないと言うか。フロントフォークをカーボンに差し替えたくなってきましたよ。何度これを繰り返すのか。きっとそれでは、今感じている物足りなさは解消されないとわかってるんですけどね。でもこうやって不満を見つけるってことは経験を積んできた証だし、時期フレームへの欲求でもあるので嬉しくもあります。すぐにどうこうってわけじゃないけど。レースに参加するってことは自分なりの限界で自転車を感じるって作業でもあるから、それが見えてきたことが単純に楽しいわけです。

C2で優勝したアルミディスクCXはどんな感じなんだろう?今まで他のバイクを気にしないようにしてたけど、そろそろ機会があればいろいろ乗ってみようかな。




ssalebaner.jpg

NEW SEASON

2018年09月20日 20:00

なんだかあっという間にシクロクロスシーズンが開幕します。純粋に新しいシーズンへの期待を高めたいところですが、それ以外の部分で界隈がざわついておりますね・・・まぁその辺はとりあえず置いといて。

マスターズへの挑戦
5I7A4631
冒険ランド2018シーズン前 Photo by Takashi Saito

今年から挑戦の舞台をマスターズに変更します。茨城CXシリーズに続いて湘南CXシリーズもCM2/CM3でレースが開催されることが発表されてより楽しめる環境が整いました。今年は茨城CX取手(小貝川)からの参戦にしようと思いましたが、なかなかモチベーションが上がらず。そこでショック療法的に茨城CX開幕戦に出てコテンパンに打ちのめされようと思っています。エントリー開始からだいぶ遅れたので手続きをしたのでスタートリストは最後の53番目。でも肩の力が抜けてちょうどいいかな。それよりもこれだけ人数がいることにも驚きだし楽しみです。

偉大なる草レース
(まだ限定的ではありますが)選手登録を強制されると、いわゆるガチレースイベントみたいな感じになっちゃいますが、私が参加してみたいと思ったのはミストラルで繰り広げられていた素晴らしき草レースとしてのシクロクロス。参加するからには勝利を目指すし、勝者をリスペクトするけども、それと同じくらい心底シクロクロスを楽しんでいる仲間をリスペクトしたい。その精神だけは絶対に忘れずに今年もシクロクロスレースに参加します。

IMG_6888
ファーストシーズン #2 Photo by Hisanori Ueda

初心を忘れてはいけないよね。過去記事「CX キッカケとイマ」にはCXをはじめた頃のことが書いてあります。

1人ではじめたシクロクロスですが、今ではたくさんの会場で顔見知りができて、名前付きでたくさんの応援(野次含む)をしてもらえるようになりました。CX会場じゃないところでも「もしかしてカルさんですか?」ともしカル現象まで起こる始末。結婚式の時に「人生でこんなに写真を撮ってもらうこともないだろうな」と思ったのですが、CX会場では結婚式以上に写真まで撮ってもらえます。これがね、イケメントップカテゴリーレーサーなら話は別ですが、アラフォーで入門カテゴリーのおじさんですよ。何なんですか、シクロクロスって!?逆に怖くなってきた。



heartbreake_sand.jpg
2017-2018千葉CX Photo by Yasuhiro Nakashima

強くなるようなトレーニングは不足していますが、朝ランと食生活改善をメインに前年比で体重は約4kg減らしました。勝つ準備はできていませんが、写真を撮られる準備はできています(笑)

このブログタイトルは「自転車はじめまして」。これは永遠のビギナーである自分用の覚書としてはじめました。それでも偶然目にした誰かが「こんなおっさんでもシクロクロスレースって出てもいいんだ・・・俺でもできるかな」とひとつのキッカケになれたら幸せなことですね。そんな心持ちで今シーズンもシクロクロスを楽しみ、情報を発信したいと思います。

それでは、はじめましょう。




ssalebaner.jpg

クラシックロードで散歩自転車を作る2

2018年09月15日 21:45

冷蔵庫の残り物でチャーハンを作る感覚で街乗りバイクを組もうって企画がスタートしましたが、お手軽仕様なんでもう完成しました。

promiyatabluetires.jpg
前回のまでのイメージ

126mmエンド幅フレームに無理やり130mmのホイールを押し込んだところで第一関門はクリア。あとはガレージに死蔵してある部品を中心に一部フリマサイト、一部新品部品を組み込んで組み立てます。

シングルギア化
IMG_1900

フロントのチェーンリングはインナーギヤをアウター側に固定しました。リアはgrunge(グランジ)の シングルギアアダプターセットを使いました、サーリー にもカッコイイのがあるのですがお値段が倍するのでこちらで。様々な厚みのスペーサーが入っていますが、目見当でチェーンラインが出ていそうな部分にギヤを入れたら一番薄いのでサンドイッチして微調整ができるようにします。スペーサーは1枚余りました。

grunge(グランジ) シングルギアアダプター用ギアセットのみ 18・20T 18・20T
by カエレバ


クイックよりもボルト固定の方が雰囲気が出るのでTRANZ-Xのツールスキュアーキットを使って六角ボルト固定にしました。

TRANZ-X(トランズエックス) 060-3 ツール スキュア3点セット BK ブラック
by カエレバ


ステムは前回書いた通り珍しい規格だったために、そのまま使うのは諦めてアヘッド化するアダプターを使いました。

GRUNGE (グランジ) ステムアダプター シルバー
by カエレバ


ステムは転がってたMERIDAの純正ステムを使う気でしたが、余りにもミスマッチだったので悩んでいたところ、ダメ元で入札したオークションでNITTOの削り出しステムを落札。

NITTO(日東) ステム UI-25EX CNC UI-25EX-100 φ31.8 φ28.6 100 シルバー
by カエレバ


少しサイズが大きいフレームなのですが、フラットバーなのを考慮して長めのステムにしました。ハンドルはとりあえずTIOGAのフラットバーを仮付けしています。

IMG_1921

ロードバイクをシングル化するのにチェーンの長さがうまく合わせられるかが大きなポイントでシングルギアアダプター用テンショナーを使ったり、エキセンBBを組み込んだり、半コマのチェーンを利用したりしますが、できればギヤの大きさを選んでシンプルに決めたいところ。今回は運良くそのままチェーンを張ることができました。

IMG_1934

ペダルはタンデムバイクに取り付けていたMKSのMT-LITEをとりあえず移植しています。

MKS(三ヶ島) ペダル エムティーライト [MT-LITE ] ブラック 左右セット
by カエレバ


ブレーキレバー、キャリパーは何かの純正品を流用。ハンドルバーはタイオガでグリップはメリダの純正品。シルバーパーツを多めに使っているので、できればハンドルとグリップはそのうちなんとかしたいところ。

IMG_1935

ワイヤーも安売りセット品みたいなやつの余りが家にあったのでそれを使いました。チェーンはシマノの6〜8速用を使っています。(チェーンとブレーキシューは新品)

IMG_1942

サドルはそのまま。味が出ているこの感じがベテランっぽくて良いのですが、厚みがある分シートピラーがあまり伸ばせなくてちょっと悲しい見た目に・・・・で、出来上がりです。

IMG_1943

IMG_1945

miyataflatbarroad.jpg

シートピラーがあと1cm出ているだけでも随分と印象違うのにな・・・ってところは気になるのですが基本的には大満足。これ見てたら自分のカーボンロードもクロモリにしたくなってきました。ハンドルを今っぽいちょっと幅が広めのライザーバーに交換すればバッチリですね。水色タイヤもなんだかネオレトロな感じでそこまで悪くないかも。

miyatasport?flatbarcustom

乗ってみたところ乗り味も軽やかでフラフラと散歩するには最適のバイクに仕上がりました。ちょっとギヤ比が軽すぎる気もしますが、チェーンテンションの問題もあるしちょっと様子を見ようと思います。適当な街乗りバイクのカスタムは楽しいなぁ。




ssalebaner.jpg



2018-2019 シーズン仕様 RAIZIN CX

2018年08月17日 14:06

昨シーズン開始時の仕様からシーズン中にいくつかのアップデートを行い最終的にこんな感じになったRAIZIN CX

4シーズンもこのバイクで走っていますが、絶えずアップデートを繰り返し、リペントなんかも絡んでシーズン前にギリギリ完成の流れでしたが、今シーズンは早めに動いたこともあってすでに完成しています。残りはスペアホイール&タイヤだけでこれも手配済みなので近いうちに揃うことでしょう。

2018-2019 Ver RAIZIN CYCLOCROSS
18-19raizincx.jpg

ボトルケージを外せばそのままレーシ仕様になる状態です。昨年からの変更点はドライブトレイン系になります。

1.クランクとチェーンリング、BB交換
fc9000_wolftooth.jpg

すでにこのブログでも書いていますが、ROTOR製クランク、楕円チェーンリング、BBからSHIMANO FC-9000とウルフトゥースナローワイドチェーンリング、クリスキングBBに交換しました。

2.RDとカセット交換
rd-rx800_l34t.jpg

MTBでは標準装備だったスタビライザー機構を備えたグラベルロード用のRDを取り付け。それに合わせてロー34Tのカセットに交換しました。ここまでのワイド化が必要なのかわかりませんけどね。

9.450kg
昨年シーズン前軽量が8.425kgで終わりが9.295kgでした。カーボンフォークからクロモリに交換して重量が増えてしまったのですが、今年は更に増えています。この重量を見るとカーボンフォークに戻したくなるんだよな。フロントクランク周辺とカセットとRDでちょっとづつ重量増になっているんでしょうね。

詳細仕様
フレーム:RAIZIN WORKS ラグレスフレーム KAISEI 8630-019 ダブルバテッド 0.8~0.5(mm)
フロントフォーク:RAIZIN クロモリベンドフォーク
右デュアルコントロールレバー:SHIMANO ST-9001
左ブレーキレバー:SHIMANO BL-S705 B
リアディレイラー:SHIMANO RD-RX800-GS NEW!
カセットスプロケット:SHIMANO CS-HG800 11-34 NEW!
クランク:SHIMANO FC-9000 NEW!
チェーンリング:Wolftooth 38T NEW!
ブレーキ:TRP CX9 Mini-V brakes
カートリッジBB:CHRIS KING NEW!
ヘッドセット:CHRIS KING
ハンドルバー:DIXNA J-FIT ARC 420mm
バーテープ:odi 2.5MM PERFORMANCE ROAD BIKE
ステム:DIXNA CROSSハングステム 80mm
サドル: Specialized Romin Evo Comp Gel
シートピラー:EASTON EA-50
ペダル:Shimano PD-M9000
ホイール:Shimano 5800(105)HUB + TNI CX22
タイヤ:FMB Slalom 33c

昨シーズンは全てこのTUタイヤで走りました。スペアとしてTLタイヤを取り付けたシマノ完組ホイール(RS81-C24)も準備してあったのですが、リム幅が違うのでホイール交換とセットでブレーキ調整もセットとなり面倒だったので使わず。そこで今年はロードワーク用ホイールのRACING5CX(ワイドリム)にチャレンジのシケイン(オープンチューブラー&CX用ラテックスチューブ)を取り付けて運用したいと思います。

シーズンはもうすぐ
初戦のエントリーはスタートしていますが、私はまだ何もしていません。まずはいつもの冒険ランドでグルグル練してモチベーションを上げて行きたいですね。機材は準備万端。あとは気持ちだけか。

シマノ アルテグラRX RD-RX800 11S GS リアディレイラー
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg



最新記事