Fi'zi:k CYRANO CARBON シートポスト レビュー

2015年06月06日 08:00

購入時にFi'zi:k CYRANO CARBONのファーストインプレッションを書きましたが、1年半程使ってレビューを。

DSC_0016

アルミのシラノを購入しようと思ってたのになぜか購入してしまったんだったな。それも長いサイズしかなくてカットしようと思ってたけどそのまま使っています。たいした軽量化になる訳でもないですし。

DSCN1658

元々、後からリリースされたアルミ製と重量はそんなに変わらないのはヤグラの重さのせい。重さとのトレードオフで楕円カーボンレールへのフィッティングだったり、2ボルト固定の前側を大きなダイヤル式(工具を使わずに回せる方式 フロントアジャスターホイール)にしている事で調整を容易にしています。

ダイヤル式の功罪
2ボルトの前側をダイヤル式にした事で調整が容易になったと書きました。確かに後ろ側を緩め、前側を手で回しながら適当な角度に合わせて、後ろを本締めして固定する。少しだけ手間が減っています。しかし、その分緩みやすい気がします。

toukinist_bikes.jpg

よく考えると緩みを感じたのはごくごく最近の事。もしかしたらサドルをシートポストと同メーカーのフィジーク・アリアンテからSpecialized Rominに交換したからかもしれません。繁茂にサドルの着座位置を前後に動かすようになったのも影響しているのか?乗っているとギシギシ音がするようになり、降りてみるとゆるっゆるになっている事が2回ありました。

対策としてはダイヤル(フロントアジャスターホイール)に空いている穴に細い六角レンチなどを差し込んで増し締めするとよいと他の方がレビューしているのを見かけました。そんな話があるって事はやはり緩む方が他にもいるって事です。

全部の製品を、いや少なくともサドルはフィジークを使っているならトータルでデザインが決まってカッコイイので使ってもいいのかもしれませんが、それ以外の方はわざわざこれを選ぶ理由はないかな・・・ってのが正直な感想

このシートポストもその後グラフィックのマイナーチェンジを行い、遂に新型「シラノ 00 シートポスト」がリリースされました。フロントアジャスターホイールはそのままですが、ヘッド部分もカーボン製になり軽量化されているようです。サイドから見たルックスもカッコイイですね。



全体的に作りは良くシックで好みのデザインですが、フロントホイールアジャスターは少しクセがある・・・とまでは行きませんが注意する必要がありそうです。

2014 Raizin CX

付属のシリコンシートポストリングはシクロクロス車の方に使っています。ロードよりも泥や水の進入が予想されるCXには有効な部品ですね。オーバーホールなどでシートポストを抜いた時も目印になるのもいいです。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

スポンサーサイト



Fi'zi:k CYRANO CARBON

2013年08月23日 17:53

はい。衝動買いです。いや、ずっと狙っていたものだし、完全にそうとは言えないけどね。

DSC_0016

純正シートポストをそろそろ・・・と2011年の時点で考え出し、本格的にシートポスト選びに入りました。結局、お試しって事でディズナの1ボルトタイプに交換しました。結局は調整方法のクセと見た目のポップな感じが気に入らずに妻のGIANT OCR3の軽量化に一役買ってもらう事になりました。

DSC_0014

改めて純正のシートポストを見てみましょう。2006年SPECIALIZED TARMAC PRO純正シートポストです。抑揚のあるフレームデザインに合わせたエモーショナルなカタチをしています。目玉は振動吸収を司るゼルツがインサートされている事。まぁ、個人的にはずっと気に入らない部品だった訳ですが・・・。

DSC_0022

今回選んだフィジークのシラノ・カーボンはいたってシンプル。シンプルでありながらサドルメーカーとしてのコダワリが盛り込まれています。「サドルに一番身近な製品」と満を持して発表されました。確かにステムとハンドルは同じメーカーがよい理論を考えれば理にかなっています。もちろん同社のカーボンレール(楕円)もしっかりと優しく固定します。ヤグラの部分もロープロファイルで工夫された2ボルト式は調整もしやすそう。グラフィックも抑えめな所が好感が持てます。品質の良さが高級感を演出していると思います。

DSC_0017

アルミが発売され、カーボンがその後にリリースされたのですが重さはたいして変わりません。私もシートポストマウントのキャリアを取付ける事もありアルミ製を購入予定でしたが、そんな事すっかり忘れてカーボンをポチってました・・・(汗)まぁ、かっこいいからいいか。

DSC_0019

購入したのはφ27.2mmx330mm。長さは270mmで十分でしたが、安い所で在庫がなく、どうせ後でカットしてもいいかな?と330mmを購入。重さは205gでした。TARMAC純正は239gでしたからちょっと軽量化されましたね。このシートポストは品質もよく調整もしやすく人気なのですが、それと引き換えにヤグラ(サドル取付け部分)が重たいので軽量化が目的ならお勧めできません。薄くて形状はいいんですけどね。

ターマックのシートポスト固定部分は上部が平面ではないのでダストカバーは取付けません。でも、:kの部分だけ色を微妙に変えるとか渋いセンスで好きです。

DSCN1653

取付けた状態はこんな感じ。「Fi'zi:k」ロゴがなんとか隠れずに済んだ事に一安心。控えめなロゴデザインだから隠れても気にならないと思いますけどね。ただ、このロゴの下辺りからポスト高さの目安となる目盛りが始まります。よってフレームからサドルのレールまで150mmくらい出るような人じゃない目盛りが有効に使えません。私は目盛りの一番上ギリギリでした(苦笑)

DSCN1658

日を改めてサドル位置を乗って合わせるのですが、ヤグラ前側ボルトは手で回せるようにダイヤル状になっているので、これからのポジション出しも楽そうです。明日は晴れるかな?試走が楽しみです。

1年半ほど使ってみてのレビューはコチラ





DSCN1650

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

シートポスト選び

2012年02月29日 23:02

随分と前にシートポスト交換したい!ってな記事を書いていました。一向に進んでいないのはイマイチ欲しいシートポストが見当たらないから。サイクルモードで確認した3Tのシートポストでハンドル、ステムとの統一感を狙う方向かな?とも思ったのですがヤグラの部分とか安っぽくてこう、物欲を掻き立てないんですよね。別に交換しなくても走る訳ですから、限りある資金使い道の優先順位はどんどん下げられていた訳です。でも、これからのシーズンインに向けてやっぱり何か交換したくてね。それで「あ、シートポスト」って思い出しました。

求めるシートポストの条件
1.強度
パイプ部分はキャリアをクランプしても大丈夫な強度が必要です。

2.形状
セットバックできる事。意匠に関してはエアロ形状とかいりません。フレームがマッシブなので(今のトレンドからすればおとなしいけどね)シートポストはシンプルに。色は黒。

3.汎用性
ヤグラはカーボンレールのサドルにしても問題ない汎用性の高いもの。

4.価格
1万円前後で。あんなパイプそんなもんでしょ?

5.軽量
軽かったら嬉しいな。

こんな所かな。無数にシートポストがランナップされる中でなかなかお眼鏡にかなうものがなかなかありません。カーボンで付加価値を付けて儲けようって感じのする製品ばっかり。あ、個人的見解ですよ。

で、候補はこれだ・・・
[ 続きを読む ]

メーカーを揃えてみる?

2011年01月21日 08:00

様々な部品が集まって完成する自転車ですが、その部品のメーカーを揃える事でトータルデザインがすっきりとカッコヨク見える事があります。

もちろん変速機などはカッコだけじゃなく性能を引き出す為にも同じメーカーの方が良いとされていますが、それ以外にもあるんです。

82-4.jpg

ハンドルとステムはクランプ部分の愛称もあるので同じメーカーが無難とされています。
もちろん規格サイズで作られていますし、ポジションを決める重要なパーツなので違うメーカーにしている方も多い部品ですけどね。

そのステム&ハンドルと更にシートポストも同じメーカーで揃えると、同じ系統の部品が全て同じロゴになるのでスッキリとするのです。

私の使っているのは3T。サイクルモードで新製品のパラディオを確認してきました。

palladio.jpg

新機構をアピールするポップと一緒に飾られていたパラディオシリーズ。1本ボルトで固定するタイプのシートポストです。詳しい調整方法は動画で確認できました。



やはり角度調整はノッチごとになるので前後2本締め方式の無段階には敵わないが、インナーとアウターのノッチを半コマずらして努力している。これはグッドアイデアだろう。



ただ、ここまで「複雑にする=重くなる」のであればやはりシンプルな前後2本締めヤグラ対応の方がいいのかな?




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事