CX向けハイエンドシューズの代替え

2019年07月25日 21:00

CXやMTBで履いているGIRO CODE。(2014年7月購入)当時のGIRO DIRT FOOTWEARにおいて最上級グレードのレーシングシューズ。その後MTB用、CX用に違うシューズを追加購入しましたが、T.P.Oに合わせてたまに履いていました。ロードにSPDペダルを取り付けた時やCXのサブシューズとしての役割が多かったかな。

girocodeafter1.jpg

さすがにくたびれてきたので廃棄して、代わりのシューズが欲しいところ。用途としては、やはりCXがメイン。現在メインで履いているNorthwave Hammer CXと併用していこうと思います。

シクロクロス シューズ

このNorthwave Hammer CXは安価でありながら、ベルクロ3本締めのシンプルで信頼性の高い(壊れない)固定方法とウェットスーツ生地のソックス形状により寒い時期の保温性、泥の侵入を防ぐ構造などCXと名乗るだけあって優れた製品です。

泥とシューズ

それほど硬くないナイロンソールもライダーに優しく、今後もサブと言わず、コースやコンディションに合わせて使っていこうと思います。

次のシューズへ求める条件
先ほど挙げたNorthwave Hammer CXと併用するので、それとは違ったキャラクターのシューズが欲しい。CODEの買い替えって事もあり、それと同じ様にレーシーなモノ。

1.カーボンソール
乗車がメインのコースには、ダイレクトにパワーが伝わるカーボンソールがいいかな。

2.洗いやすい
CXやMTBをやるとシューズを洗うことが多くなります。簡単に洗えるデザインがいい。

3.壊れにくい
2018年だったかな。CXの世界選手権でSHIMANOの青いシューズを壊している選手が続出しました。それはBoaダイヤルに代表されるワイヤーを巻き取ることで固定するシステムでした。落車でダイヤル部分を破損したのが原因だったと思います。

4.ちょっと大きめのサイズ
いつもJUSTすぎてカイロを入れるなんてのはもちろん、厚手のウール靴下さえも履くことができません。今回はワンサイズ大きめのシューズを選びます。

その結果・・・
[ 続きを読む ]

スポンサーサイト



Northwave Hammer CX

2016年09月19日 00:47

以前の記事「シクロクロス用のシューズ2016」で触れましたが2シーズン使ったシューズの予備として新しいシューズを導入します。

DSC_0037

ノースウェイブのシクロクロスシューズハンマーCXです。3本ベルクロのシンプルな構成とNIKEハラチのようなネオプレーン製のアンクルカバーです。シュータンもなくこのアンクルカバーが足を包み込むようなフィットを得られます。

シクロクロス シューズ

もちろん水や泥の侵入を防いでくれることでしょう。寒く過酷な状況でも行われるシクロクロスにはありがたい構造ですね。

IMG_5830

ソールなカーボンではなくナイロン製。ランがあるCXはガチガチなフレックスでは逆に不利な場面もあるんじゃないかと仮説を立てていますが、これで体感したいと思います。

DSC_0046

デフォルトではナイロン製のスタッドが取り付けてありますが、金属製も2セット同封されていました。こちらに付け替えて使います。

DSC_0039

アッパーの材質、ネオプレーンアンクルカバー、3本ベルクロ・・・私がたった2シーズンですがCXをやってみて必要だと思っていた基本的な機能を満たしているシューズ。それは洗いやすさと、トラブルフリーであること。クリートの予備がまだ手元にないので届き次第使ってみようと思います。

一週間後の茨城CXは履き慣れたGIROでになるかな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg



最新記事