【2019】シクロクロスをはじめたいあなたへ(機材編)

2019年09月19日 20:00

はじめに・・・2015年の記事「来シーズンこそシクロクロスをはじめたいあなたへ 1」を見返したら、ルールやトレンドが変わって修正が必要って事に気がついたので2014年から2018年までと5シーズン底辺カテゴリーを支えてきた経験を基に2019年版に修正します。

これから書くのは多分に私の個人的な経験とそれに基づくメッセージ。できればAJOCC「シクロクロスについて」を最初に読んでおく事をお勧めします。

remount_cxnobeyama.jpg
Photo by Toshiki Sato

ブログではどうやってシクロクロスについて書き出したのか遡るとUNKNOWN CXとして書いている。

観戦した瞬間に「これはっ!」と思ったシクロクロス。近所でやってる運動会みたいなノリがとても楽しそうで。アメリカのダートトラック競技(モーターサイクル)なんかは、観戦も参加も同じ料金で草レースがいろいろな所で開催されているらしく、そんなシーンに憧れを抱いていて現在のシクロクロスがどことなくダブって見えたんだろうな。向いてるとか、競い合いたいとかそんな感覚じゃなく、単純に楽しそうに見えて。それなら見てるだけより踊った方がいいでしょ?


それを存分に楽しむためにはお気に入りの相棒があった方が楽しいに決まっている。競技への興味と同じくらい自転車を準備する事にワクワクしていました。そんな訳で、まずは機材やウェアなどからはじめましょう。

機材編
シクロクロスバイク
canyoncx.jpeg

シクロクロスに挑戦するには必ずしもシクロクロスバイクが必要な訳ではありません。入門カテゴリー(C4、C3)ならMTBでも大丈夫ですし、極端な例ですが小径車、ロードバイクで出た方もいらっしゃいます。MTBを持っていればそれでまず体験して楽しかったらシクロクロスバイクを準備すればいいのです。

トップカテゴリーで上位を目指す選手の多くはシクロクロスバイクを2台用意して戦います。トラブルに備えるのはもちろん、泥が付いて重くなったらピットで素早く自転車を交換して、その間にピットクルーが自転車を洗車して次の交換に備えるのです。しかし今回はそこまで想定はしません。

シクロクロスバイクのフレーム
一見するとロードバイクと変わらないように見えますが、ざっくり違いを挙げると太いブロックタイヤが履け、泥はけが良く、シクロクロス競技に適したジオメトリーで設計されています。素材はカーボン、スチール系(アルミやチタンなど)とありますが、ロードレース程カーボン一辺倒じゃない所が面白い所。問題はブレーキの規格。これからフレームを用意するならディスクブレーキ仕様のフレームを推奨しますが、すでにロードをやっているのであればリムブレーキのフレームからはじめるとホイールの流用ができます。多くのCXerがディスクに乗り換えているので個人売買で一式揃えるのも比較的低コストで可能でしょう。

cx_crforks.jpg
私は今だにリムブレーキのCX。ただしブレーキ本体はカンチからminiVブレーキに変更しました

調べてみるとメーカー完成車20万円以内で結構選べるようですね。完成車以外だと東京サンエスのワンバイエス805zなどはフレーム価格が安いので、コンポなど好きな部品を選んで自分だけの1台を組み上げる楽しみがあります。もちろん私のようにクロモリオーダーからスタートするのもおすすめです。

シクロクロス用のホイールとタイヤ
完成車で購入したなら恐らく付属しているホイールはクリンチャー(WO)用のホイールかもしれません。それを使ってレースに出場する事も十分可能です。下位カテゴリーならレギュレーションは厳しくないので40Cとかの太いタイヤが履ければその辺でトライするのもいいかな。

tnicx22.jpg

しかし、下位カテゴリーであろうとレギュレーションにこだわるのも美しきCXerのスタイルだと思います。シクロクロスは滑りやすい路面を走るためにタイヤの空気圧を下げて接地面積を増やします。ロードだと6〜8気圧とかですがシクロクロスは2気圧以下が当たり前。WOタイヤでそこまで圧を下げると構造上リム打ちによるパンクのリスクが高まります。そこでシクロクロスではチューブラー(TU)かチューブレス(TL)タイヤを使います

そして純正で付いて来たWOホイールをスペアとしておきましょう。先ほど書いたようにスペアバイクは用意しないとしてもスペアホイールはあった方が安心です。わざわざ遠征したのに試走でパンクしてレースを走れないとか悲しいでしょ?ピットクルーがいなくても、ピットに交換用タイヤを置いておけばOKです。(リムブレーキ場合はリム幅を揃えておかないとピット交換の際に大変なのでご注意を)

IRC 『SERAC-TL70032』シラク CX チューブレス 700x32C [0288660001]
by カエレバ


私の装備。紆余曲折ありましたが、現在「安価な部品で組んだホイールと高級チューブラータイヤ(オールラウンド)」と「完組WOホイールとWOタイヤ(ドライ高速)」を使っています。最初に書いていた事と矛盾しますが、WOタイヤ(正確にはオープンチューブラー)はチューブにラテックスを使うことで良好なフィーリングを得られることがわかりました。但し構造上不利な事に変わりはないのでTLかTUがいいでしょう。

参考:シクロクロスの予備ホイール&タイヤ
参考:シクロクロス機材において最も効率的な投資先は?


ペダル
spd_pedal_doro.jpg
クランクブラザーズ、TIME(MAVIC)を使いましたが結局はシマノに戻りました

ロードからシクロクロスをはじめようと思うと必要になるのがペダル。シマノで言うSPDペダルとそれに対応するシューズです。自転車を担いで走る事になりますからクリートが小さく泥詰まりに強いペダルシステムが必要。
いろいろなメーカー、グレードがありますけど、TIMEの評判が高いのと写真のエッグビーターも泥詰まりに強くて人気です。
私のお薦めはシマノのSPDペダル。PD-M540 ビンディングペダル。実売価格も安く丈夫。キャッチ&リリースのフィーリングもよく、インフォメーション(入ったよ、外れたよ)が感触と音でしっかり伝わってきます。泥詰まりに比較的弱いと言われていますが有名海外選手に愛用者も多いのは理由があるはずです。

【エントリーでポイント10倍】シマノ PD-M540 ビンディングペダル SPD MTB用【エントリーは注文後でも可能です】
by カエレバ


CXers EQUIPMENT 編
ロードやMTBの経験があればそれらを流用しましょう。特に注意したい、気が付いた事だけ挙げてみます。

シューズ
ハンマー CX NW
Photo by あの高田くん ノースウェーブのインナーブーツ式3本ベルクロはCX用に開発されたシューズ

SPD対応のシューズ・・・いわゆるMTB用のシューズです。レースだし軽量なカーボンソールのXCレーシングモデルを選ぶのもありですが、MTBのXCと違ってランを強いられる事も多いので、フレックスが少し柔らかい樹脂ソールを選ぶのもありです。どちらにせよスタッズ(スパイク)が取付けられるタイプであれば大丈夫。

CX東京

あとはラストとサイズが合うか?ペダリングでは問題なくてもランの時に踵がパカパカ浮くのはダメ。また薄い靴下でジャストサイズだと寒いレースで厚いウールの靴下を履けなくて困る事もあるのでご注意を(経験談)。個人的には繁茂に洗う事や落車で壊れたりしないのを重視して紐履や3本ベルクロが好きです。

ジロ Giro メンズ サイクリング シューズ・靴【Empire VR90 Shoes】Blue Jewel/Black
by カエレバ


アイウェアとキャップ
悪天候でも基本的には中止にならないので雨や泥から保護する為にキャップとアイウェアは重要な装備です。私は目がとても悪いので度入りのアイウェアが欠かせません。キャップは雨や汗対策はもちろん防寒に必要です。

ジャージとサイクルパンツ
普段使っているもので構いません。いつかオリジナルのチームワンピースがビシッと決まったシクロクロッサーになる事を夢見てね。飛び降りたり、担いだりと普通に自転車に乗っているよりもいろいろなアクションを要求されるので体にフィットしたウェアが良いですね。若干フィットが良くないビブショーツで参加した時にサドル先端にウェアが引っかかるなどの不具合を感じました。
試走とレースの時間が空くスケジュールの場合があります。試走で汗をかき、泥だらけになって、そのまま待っているのは辛いので、できれば2セット持っていきましょう。

私はCX用のワンピースをメインで使い、試走ではセパレートタイプを着用。寒いと体調を崩すのでどちらもサーマルタイプ(内側にフリースなど起毛素材が付いているもの)を使っています。試走ではタイツを履きますが、レースではなるべく脚を出して乗ります。

その他
トランポ
gotonobeyanacx.jpg
クルマ好きならレース会場のトランポを見るのも楽しいと思います

会場が近所であれば自走、駅から近ければ輪行で参戦する方もいますが、基本的にはクルマでの移動になると思います。レンタカーを借りている方も見かけます。自転車が1台であればタイヤを前後外して室内に積めると思いますが、自転車が泥だらけになるので車外に積む方が楽です。これについては外に積む事のリスクもあるのでお好みで。

バイク以外の持ち物
【できれば持って行こう】
・工具(ケミカルや空気入れも忘れずに)
・洗車道具(バケツ、ブラシ、水)
・スペアタイヤ&ホイール
・安全ピン(ゼッケンを付けるのに必要)

【あったらいいね】
・ローラー(アップ用に)
・メンテナンススタンド
・長靴、雨具
・カメラ(レース後に応援しながら撮影してみよう)
・イスやテーブル

フック式メンテナンススタンド 
FUKAYA フカヤ MINOURA ミノウラ メンテナンススタンド 自転車 ロードバイク HMS-10 サドルを引っ掛けるだけ 超簡単整備スタンド

こんな所かな。持ち物に関しては個人差が結構あると思うので増やそうと思えばどんどん増えて行きます。テントやテーブルなどを持って行く人もいますしね。

エントリーやレースデイの過ごし方などにつづきます。




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



度入りサングラス愛用者には気になるアイテム登場

2019年08月21日 20:00

先日のMTBふじてんライドでもっとも私を悩ませたのは、自転車乗り込み不足でもなく、XC用MTBの機材でもなく、プロテクター類の不安でもなく・・・視界の問題。スピードや木陰のコントラストなどもあって、目が追いつかずに対応が遅れることを実感しました。

sunglas_pakley.jpg
矯正レンズを入れてから5年経過したスプリットジャケットですが、フレームだけ考えると使用開始してから7年経ちます

2017年の記事「視界は良好か?自転車とアイウェアの話」のところでも書きましたが、円錐角膜による強烈な乱視でちゃんと矯正するにはオーダーで製作するハードコンタクトレンズを使うしかありません。ただハードコンタクトレンズの特性上、自転車遊びに使うにはいろいろ不便な事が多く、弱矯正にはなりますが、度入りサングラスを使っています。

46456132_1905760506386835_3075930181530025984_o.jpg

購入時のレビューが2011年1月ですからね・・・長く使ってるなぁ。円錐角膜発症前はサングラスを取っ替え引っ替え使っていましたが、今はそうはいきません。矯正レンズを組み込んだスプリットジャケット(マットブラック)の他に予備フレームとしてイエロー/ホワイトも持っているので、まだ使えますが、常に視界をより確保するために情報収拾は欠かせません。今回そのアンテナに引っかかったのが、OGK kabutoの新作OGK KABUTO 301Dです。

301dogku.jpg
メーカーサイト:OGK kabuto 301シリーズ

前に紹介したスミスのODSのようにアダプターを介して8カーブ用のフレームに6カーブのレンズを組み込めるようにするシステム。OGKではDOCKシステムと呼んでいるようです。フレームのデザインと合わせてCFD解析を行っているようで6カーブでありながら空気抵抗、風の巻き込みなどにも対応しています。

見た目の好みについては、サングラス単体で語るのはあまり意味がなく、ともかく実際にフィッティングしてみないとなんとも言えないけど、悪くはなさそう。少なくとも試してみたいと思った。

ただ、いつも言うけど自分で調整できるノーズパッドはあまり好きではない。転倒などでぶつけた時にフィッティングが変わるのが嫌なんですよね。

OGK Kabuto(オージーケーカブト) 301DPH サングラス 防曇クリア調光[自転車・アイウェア][調光レンズ][サングラス]
by カエレバ


スプリットジャケットよりも軽かったらいいな。自転車では気にならない重量もランニングだと上下運動があるので動くのが気になるんですよ。お店に足を運んでみようと思います。




ssalebaner.jpg

CX向けハイエンドシューズの代替え

2019年07月25日 21:00

CXやMTBで履いているGIRO CODE。(2014年7月購入)当時のGIRO DIRT FOOTWEARにおいて最上級グレードのレーシングシューズ。その後MTB用、CX用に違うシューズを追加購入しましたが、T.P.Oに合わせてたまに履いていました。ロードにSPDペダルを取り付けた時やCXのサブシューズとしての役割が多かったかな。

girocodeafter1.jpg

さすがにくたびれてきたので廃棄して、代わりのシューズが欲しいところ。用途としては、やはりCXがメイン。現在メインで履いているNorthwave Hammer CXと併用していこうと思います。

シクロクロス シューズ

このNorthwave Hammer CXは安価でありながら、ベルクロ3本締めのシンプルで信頼性の高い(壊れない)固定方法とウェットスーツ生地のソックス形状により寒い時期の保温性、泥の侵入を防ぐ構造などCXと名乗るだけあって優れた製品です。

泥とシューズ

それほど硬くないナイロンソールもライダーに優しく、今後もサブと言わず、コースやコンディションに合わせて使っていこうと思います。

次のシューズへ求める条件
先ほど挙げたNorthwave Hammer CXと併用するので、それとは違ったキャラクターのシューズが欲しい。CODEの買い替えって事もあり、それと同じ様にレーシーなモノ。

1.カーボンソール
乗車がメインのコースには、ダイレクトにパワーが伝わるカーボンソールがいいかな。

2.洗いやすい
CXやMTBをやるとシューズを洗うことが多くなります。簡単に洗えるデザインがいい。

3.壊れにくい
2018年だったかな。CXの世界選手権でSHIMANOの青いシューズを壊している選手が続出しました。それはBoaダイヤルに代表されるワイヤーを巻き取ることで固定するシステムでした。落車でダイヤル部分を破損したのが原因だったと思います。

4.ちょっと大きめのサイズ
いつもJUSTすぎてカイロを入れるなんてのはもちろん、厚手のウール靴下さえも履くことができません。今回はワンサイズ大きめのシューズを選びます。

その結果・・・
[ 続きを読む ]

茨城シクロクロス 第4戦 土浦ステージ

2019年02月25日 12:23

城里町ふれあいの里から随分とレースの間隔が開いてしまいました。実際はその間に前橋、湘南とスケジュールを組んでいたのですが、とてもレースで競いあうようなテンションにならずにDNSでした。コンディションの低下は受け入れてそれを楽しめばいいのですが、気持ちの部分はなかなか難しい。そう実感するCXシーズン後半となっています。

会場まで
4時起床。自宅で暖かいインスタントスープパスタとバナナを食べてから4時半に出発。いつもは運転しながらコンビニご飯をいただくのですが、食べすぎてしまう気がしてちょっと変えてみました。朝一番のレースだしこれがいいかもな。一般道で6時に到着。予約していた会場内駐車場にクルマを停める。入口で脱輪していたセレナ大丈夫だったのかな?

コースチェック
IMG_5653.jpeg

前日にスドーマンコースチェック動画を確認。昨年と基本的に変わりはないが、バリアの位置が変更になったのと、砂利が浮いているエリアでの細かいコーナーがなくなっていた。土手キャンバーのアプローチが難しそうだったので試走前に歩きでコースチェックをした。
名物の小山は朝一は向かって左のラインしか降りるラインがなかった。かなりの高さから急坂を降りるラインでリムブレーキには難しく試走でオーバーランを何度かしてしまったが、最終的にはクリアできるようになる。結局は向かって右の低い安全なラインも走れるようになり2つのラインを状況によって使いこなせるようになった。

作戦と目標
復帰戦の城里町ふれあいの里よりコンディションは上がっていると思うが、高負荷には耐えられないのでスタートで上げすぎないように注意して、イーブンペースで走れるようにする。土手の上は重いギアで一気に加速から維持。ここでがんばらなきゃどこでがんばる?ってイメージ。キャンバーは丁寧に。小山周辺のエリアは細かいテクニックの積み重ねで心拍を休めつつ他者と差をつけられるように無駄を削る。
体力をマネージメントで補って表彰台が目標。今季自分的最終戦を良いイメージで終えたい。

バイク
tuchiuravercx.jpg

試走時は凍っていたが、陽が上がって完全にドライになった事もあり、転がりを重視してタイヤは前後チャレンジ・シケイン(WO)。空気圧はFが2.0でRが2.2で入ったが土手直線で跳ねてしまいトラクション上手く掛けられないので適当に抜いた。キャンバーの粘りを考えるとFMBスラローム(TU)の選択も考えられたが、キャンバーではそんなに差がつかないと思い転がりをとった。
車載カメラを自宅で充電したまま忘れてしまいテンションが下がる・・・ダサいカメラマウントは外した。

CM2/3
ランキング順で3番目に招集され最前列スタート。(CM2は30秒前にスタート)第1コーナーは左に少し曲がってから右にまがる複合コーナー。

tuchistart.jpg
Photo by Takashi Saito

左右を見てペダルを合わせて5番手くらいで最初のコーナーを抜けるイメージ。力は抜けていて良い感じで左コーナーに入ろうと思ったが、右から来た選手に寄せられ逃げ場もなく「あぁー」っと思いながら私の前輪が後輪で弾かれて落車・・・転倒し目前までひろさとさんの前輪が迫ってくる大迫力!

rakusyatuchi.jpg
Photo by Takashi Saito

「あ、ひろさとさんのオンボードカメラにおいしい映像も残ったな」なんて考えながらとりあえず起き上がってリスタート。 写真でもしっかり残ってました。左のブレーキブラケットがかなり内側に曲がっていたがちょっと押したくらいでは修正できなかったのでそのまま走り出す。

51979918_1210649829098313_6194471790165622784_o.jpg
Photo by 薄井さん

5番手くらいで入る予定が30番手くらいまで落としてしまった。少し頭が痛い感覚もありDNFでいいかな・・・と考えていたが薄井さんをはじめ、至る所で声を掛けてもらえるので降りるタイミングを探しながら淡々と周回を重ねた。

bkmagari.jpg
左のブレーキブラケットの曲がりに注目 Photo by Takashi Saito

先頭はあんなに離れているのか・・・と絶望したけど、とりあえず目の前の選手を一人一人パスすることだけ考える。止めようか迷いながらね。ブラケットは曲がったけど変速もブレーキも問題ないし、怪我も大した事なさそうだし止める理由はないんだけど。

52387522_1958395594456659_1873500726341140480_o.jpg
Photo by Takashi Saito

直線で抜き去るテンションはないけど、テクニカルゾーンで前をパスする楽しさはあったりして。ギャラリーが多い小山は2つのラインを練習してたこともあって、状況によってチョイスしながらパッシングできたのは楽しかったな。薄井さんの「ナイスライン」って掛け声が聞こえてニヤニヤしてました。ここ下のライン(向かって右のライン)しか走れなかったら前走者の後についてゆっくり行くとか、降りないとダメな状況になりますが、上のライン(向かって左のライン)で一気に何人も抜けたので美味しかったです。

52605397_1210650129098283_8469424123276165120_o.jpg
Photo by 薄井さん

恐らく5周目でひろさとさんに追いついたんだけど、もう気持ちが残ってないので付いていくことができず・・・バリアでもミスがあってこの周はバタバタ。しかし長いレースだな・・・と思いつつ6周目はしっかり走ってゴール。

リザルト:11位/36人出走 30%
Lap1 06:41.4
Lap2 05:58.5
Lap3 06:07.6
Lap4 06:08.9
Lap5 06:24.3
Lap6 06:10.6
合計タイム 37:31.3 (+2:02)

Good!
・試走で何通りかトライしたラインを戦略的に使えた

Bad
・落車
・目標達成できず

心拍的に全く追い込むことができず、淡々とラップを刻んだ事により、レース後若干咳が出たが喘息発作には至らず。薬を変えた事によりコントロールができたのであれば嬉しいが、きっと追い込めていないからであろう。その分冷静でもあったのでテクニカルゾーンはスムーズに走れたんじゃないかと思う。少ない収穫を挙げるとすればこれか。

問題は落車。スタートで上げすぎるとタレるからと抑えめで入ったが、いつも通り踏んでいれば単独で抜けだせたはず。最初の複合コーナーがそこまで危険だと認識してなかったのが問題だ。これもまたブランクからそこまで神経が行き届いていなかったからであろう。このまま終わるのも残念だが、この調子でいくつかのレースに参加しても危ないだけな気がするのでこの思いを残してシーズンを終えようと思う。



ひろさとさんのオンボード動画を見返してもあの場面ではあの流れになるのは予想できるはずだよな・・・自分も左に寄せているしね。スタートを抑えめで入りたいなんて思わない耐性を身につけておかないとダメだし、どこが危ないかを把握しておくのも大事。

レース中の頭痛は気のせいではなく終えてもやはり体調が優れないので午前中のレースだけ観戦して家路へ。応援を頂いたので返せなくてすいません。シーズン総括はまた今度。



ssalebaner.jpg

茨城CX #4 前夜

2019年02月23日 20:00

自分的に今シーズンの最終戦となる茨城CX#4土浦前に今までのレースを振り返っておきましょうか。

2014-2015 C3 77%
16543486217_d250dbc273_z.jpg

シクロクロスファーストシーズンの最終戦。CX東京をDNFして出し切ることを目標に出走。レポートを読むと目標は達成したみたい。成績はあれだけど。

2015-2016 C4 16%
tsuchiirac4a6.jpg
Photo by YASUさん

苦戦していたC4時代ですが、シーズン終盤になると上が昇格するので順位も格好が付いてきますね。54人出走で9位となんとかシングル順位をゲット。

2016-2017 東京マラソン参加のために未出走

2017-2018 C4 20%
39798207604_ab100e8181_z.jpg
Photo by Harumi Yoshiwara

全5周回でファースト、ラストラップ以外は30秒遅い・・・完全にいつものダメパターンでしたが、最後頑張ったから良いレースをした気がするやつ(苦笑)

土浦はコース図を見ると直線が多く単調な印象ですが、細かいテクニックやマネージメントでタイムの短縮を狙える面白いコースだと思います・・・とは言っても土手上の直線はパンピーだし風も受けるのでキツい。そこで失速したらいくら他で頑張ってもダメなんですけどね。野辺山後に発症した坐骨神経痛でベースは低下したまま。厳しい戦いになると思いますが、幸いにもレースの結果が僕の生活を脅かす訳でもないので楽しんで来ようと思います。



ssalebaner.jpg



最新記事