repaint 2

2017年08月08日 21:00

このシクロクロスフレームはもともと生地のまま納品してもらい、友人のペインター(アラカラー)に最初の塗装をしてもらったのが3年前のこの記事

2014 RAIZIN CX

PPG社製の塗料をこってり乗せたその塗装は耐久性も素晴らしく過酷なCXシーズンを3年過ごしても色褪せてはいない。マット塗装の部分はちょっとくたびれてきたけどね。モチベーションアップを図るためにも良い機会だとリペイントを決意しました。

32569129104_21b07ffc2c_z.jpg

以前の記事「repaint」で3つの案を挙げましたが、ついでにクルマの方もリペイントする運びとなりこのヒーリー100のカラーにする事に自動的に決まりました。

このヒーリーのカラーはスプルースグリーンと呼ばれる純正カラー。俗にブリティッシュグリーンと呼ばれるグリーンほど濃い色ではありません。ちなみにスプルースは世界最古の樹木(針葉樹)なんですんって。この由緒正しき緑に、アルミ製軽量ボンネットをイメージさせるシルバーを使ってトラディショナルな雰囲気に仕上げたいと思います。でも、あまり懐古主義にはならないように。

stinner-kitwatch-1.jpg

塗り分けのパターンも斬新なことはせず定石通りに。一度これだと思ったのがあったのですが、TEAM TAMAGAWAカラーみたいになってしまったので変更。まぁ、奇をてらわないので似てしまうのは仕方がないんですけどね。

そんなわけで例によってオーダーシートを作成してアラカラーさんに持って行きました。次回は塗装仕上がりか、できれば塗装中の状態でもレポートしようかな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

2017-2018 プロローグ

2017年08月02日 08:00

8月1日・・・ついに2017-2018シーズン初戦茨城シクロクロスのエントリーがスタートしました。いつもなら時計の針がてっぺんを指した瞬間にエントリーを決めるのですが、今年はちょっと間を置いて翌日のランチタイムにエントリーをしました。

IMG_7697
Photo by Takashi Saito

参加カテゴリー問題
昨シーズン終盤、CX東京の前後から「来シーズンはマスターカテゴリーに挑戦しようかな・・・」と公言をしていました。そこにはネガティブな要因もあったりするのですが、それ以上に日頃小貝川などで走っている先輩方に同じカテゴリーで胸を借りた方が面白いかと思いまして。マスターを巡る環境も改善されてきて、参加人数が増えてくれば混走の問題なども解消されていくだろうと思ったわけです。それ以外にもレーススケジュールがだいたい昼前後で安定している事も歓迎すべきポイント。甥っ子をキッズレースに連れて行くにも都合が良い。
でもね、C4に未練も残しています。最高順位は4位で表彰台まであと一歩。そのためにトレーニングをしているかと言ったら、答えはNOなのですが・・・。

マスターの先輩方には「若いんだからまだ来ないでいいよ!」と言われ、一般カテゴリーの方々には「まだマスターじゃなくていいでしょ」と言われ。

マスターだからレベルが落ちるわけではないし、競い合う楽しみはどちらでも味わえるんだよな。いろいろ悩みながら即エントリーは見送りましたが、結局は残した未練を拭いさるためにカテゴリー4で今年もスタートします

31594434522_f34e4f0fce_o
Photo by Kensaku Sakai

今シーズンのCXバイク
cxbikeohparts.jpg

今シーズンも変わらずにライジンCXで。ココでも書いた通りリペイントなどでリフレッシュしつつ、TUタイヤへの再挑戦なども考えています。 OLD SCHOOL最高。BACK TO THE BASICってな具合で。

32569129104_21b07ffc2c_z.jpg

オートバイだってクルマだって基本的に古いものが好きなんだからね。他人と競うのだから機材でアドバンテージを取れるならそれに越したことはないのは百も承知ですけど。

所属チーム:48PRODUCT
今までも1人チーム「輪工房48PRODUCT」として輪工房さんの私がデザインさせてもらったジャージを着て参加させてもらっていましたが、今年は「48PRODUCT」(フォーティーエイト・プロダクト)としてエントリーしようと思います。気になる方は検索されるといろいろご理解いただけるかと思います。それに伴いオリジナルジャージを制作予定ですが間に合わないかな。枚数作らなきゃいけないので、オーダー掛ける際には一応募集しますので、デザインが気に入ったり、気に入らなくても人助けだと思って注文していただければ幸いです。

Utsunomiya CX

CXレースをはじめて4シーズン目。過去3シーズンは低空飛行ながら右肩上がりで成績は浮上しています。身につけたスキルを駆使してFTP低くたってこれくらいできるんだって所を・・・まぁ、レースだからスタートすればひとつでも順位を上げるためにプッシュしますが、それよりも新しいシーズンにまた帰ってこれた喜びを噛み締めつつ、このシーンの住人である事を楽しみたいと思います。またシクロクロス会場で練習コースで、CXerと走れる事が本当に楽しみだ!

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

あと2ヶ月

2017年07月07日 22:00

気がつけばシクロクロスのシーズンインまであと2ヶ月・・・シーズン終わってからMTBで王滝に向けて走ってた頃くらいはモチベーション高めだった気がするけど、最近はタンデムでワクワクしたりするくらいでベースの積み上げって意味では全然ダメ。昨年はZwift活用して結構乗ってた気もするけどね。元々計画的なトレーニングなんて遂行できる人間じゃないのですが(苦笑)DNFしたZwiftによるFTPテストをちゃんとやって適切なSSTからリスタートしたいと思っている次第。

cx_garage_oh.jpg

機材は?
バイクの方も雨の荒川で乗ったまま軽く洗車して放置してたのでオーバーホールをしないとね。いろいろな所で機材更新の噂話が聞こえてきますが、私はとりあえずライジンで4シーズン目を迎えます。コンポなんかは昨年RDをシャドー採用の9100にしたりと完成度は上がっているのでそのまま。ただフレッシュさが欲しい事もあってフレームのリペイントを計画中。それに合わせてコスメ的な意味(性能アップ目的ではない)のパーツ入れ替えはしたいかな。

IMG_0221.jpg

以前の記事「4年目の正直」でも書いたようにファーストシーズンでは使いこなせなかったチューブラータイヤに再挑戦したい。とりあえずで組んであった古いロード用チューブラーリムからブレーキ切削面があるワイドリムに交換してね。TLとTUの合わせて2セットでタイヤの構成は悩み中。

オーダー シクロクロス クロモリ

ちょっと迷っているのがフロントフォークの問題。軽量でクイックなENVEを使いたいけど、扱いやすさはクロモリフォーク。ブレーキの相性問題もあって、ENVEを使うなら適合するブレーキを準備しないとならない。(PAULのカンチなら問題ないのは確認済み。ミニVなんて方法もありそう)どっちも使えるように塗装だけはしておけばいいかな。

カテゴリーは?
思うところあってマスターズクラスに行こうとなんとなく思ってましたが、C4でやり残した事もあるんじゃないかってのもあったり。でも、そのために努力もしてないしなぁ。あ、マスターズクラスを舐めているわけじゃなくて、逆に厳しい戦いが待っていると思いますけどね。シリアスライダーではないので、どっちが楽しめるのか考えて決めたいと思います。

MASTERPIECE SEAT POST ポスト長330mm ポスト径27.2mm シルバー マスターピースシートポスト THOMSON トムソン SP-M105-SL【小型】お取り寄せ★
by カエレバ

ディテールに凝りたい今日この頃

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

4年目の正直

2017年06月28日 12:15

最初にシクロクロスを始めるにあたり準備したホイールは手組みのTUリムでした。ネットで安く購入したヴィットリアタイヤの精度が悪く苦労した事もあり印象はとても悪い。結局はコースコンディションに関係なくマッド用に準備したIRC(CX TL)の方ばかりを使っていました。

MAVIC GP4 + SHIMANO105(5800)

その後の2シーズンはタイヤを貼る事もなくガレージに寝かせてあったのですが、CXに慣れてきた今ならTUタイヤの特性を感じることができるかな?と思い、普通に使えるように準備をしたいと思います。

MAVIC GP4

当時使っていたリムは古いロード用ホイールに付いていたMAVIC GP-4。超ロープロファイルでブレーキの当たり面切削加工もされていません。ブレーキ調整もシビアになるし、タッチも良くないのでこれは交換対象。

ホイールバラし

いつか役立つかもと買ってあった工具でスポークを緩めて、緩めて、緩めて・・・ハブ、スポーク、ニップルとバラバラにしました。

IMG_0221.jpg

気兼ねなく使い倒せるTUアルミリムで組んでもらおうと思います。その間にハブだとかちょっといじってみようかな。

TNI(ティーエヌアイ) CX22アルミリム (TU)[ホイール][ロード用][リム]
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg


massage in a bottle

2017年03月17日 08:00

レースの記憶は曖昧です。

IMG_8221
Photo by fb-gti

レポートを書こうと振り返っても、何があったかは覚えていても何周目にあったかはなかなか思い出せません。その記憶にタグを付けて後から検索しやすくしてくれるのがレース中の写真や動画です。今年もたくさんの方々に写真を撮影していただきました。

DSC_0396

CXの何が素晴らしいかってこの撮影がオフィシャルフォトグラファーではなく(たまにオフィシャルがいらっしゃる場合もありますが)有志の方々によるものであるって事。

DSC_0496

カメラをメインでCXを楽しむ方、レースエントリーをしながら空いている時間は応援と撮影に勤しむなどスタイルは様々。

DSC_0222

私もレースと応援と撮影を楽しむひとり。時々応援で疲れて自分のレースがグダグダってパターンに陥りますが、幸いな事にレースの順位で生活が左右されるような立場にはいませんから。トータルで楽しめればそれはそれでOK。

17240273_1395177847201177_1966378286926710307_o.jpg
Photo by Masakazu Abe

これははじめてCXの観戦に行った2012年のミストラルでの1枚。

DSC_0049

観戦に行こうと思ったキッカケは個人ブログで見た楽しそうなレースの写真があったから。そう、この世界を伝えてくれたのは不意に見つけた写真のチカラだったわけです。その写真がメッセージ・イン・ボトルのように世界を漂い、もしかしたら誰かの心を動かす事になるかもしれないのです。そんな事を以前の記事「写真で繋ぐバトン」でも書きました。

スターライト幕張 C3
Photo by Satoshi ODA

最初に自分の写真を撮ってもらったのは初戦茨城CXでシクロワイアードに掲載されたもの。次がこのスターライト幕張で春日部写真店の1枚だったと思います。

まぁ、CXレースを走るのと同じように応援して撮影するのが楽しいからやってるわけで義務感なんてものではありませんが、それが結果的にちょっとでもシーンに貢献できたらラッキーですよね。なんだか脱線してしまいましたが、脱線ついでに申しますとレースを開催してくれる人、受け入れてくれる地域、走りたい人とそれを応援してくれる人・・・どれが欠けても成り立ちません。お互いを尊重する・・・そんな空気が会場に溢れているから、私はシクロクロスが大好きなんだと思います。

今年もCX会場でたくさんの応援と撮影ありがとうございました。レース後に写真を見て振り返る事が走るモチベーションのひとつである事は間違いありません。いつか大きなガッツポーズを撮ってもらえるようにがんばろう。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg



最新記事