repaint 3

2017年08月13日 17:57

先日アラカラーさんへ自転車の塗装をお願いしに行ったわけですが、工場には仕事待ちの案件がたくさん。こりゃ、忙しそうでシーズン間に合うのかな・・・とちょっと不安な印象。それなら素人でもお手伝いできるところはやってみようってことで夏季休暇の1日目に工場へお邪魔しました。

IMG_1108

持ち込んだフレームとフォークが2本にシートピラー。写真には写っていませんがマッチペイントしてあったステムも持ってきました。こいつらをサフまで入れるのが目標です。

剥離作業
再塗装するのに必ずしも塗装を剥がして下地を出すのがベターってわけではないのですが、できるだけ軽く仕上げたいレースバイクなので業務用の剥離剤を使ってフレームを鉄の素地が見えるまで仕上げます。

IMG_1112
PPGのクリアはかなり硬いからなのか、魚の鱗みたいな面白い剥がれ方するな

昔よくオートバイのフューエルタンクなんかを自家塗装するのにホームセンターで剥離剤を買ってきて作業をしたことがあります。年々溶剤が弱くなってきて作業性が悪くなっていました。でもさすが業務用は威力が違いますね。みるみるうちに塗装が剥がれてきます。

IMG_1118

浮いてきた塗膜はへらやワイヤーブラシなどでこすって落とします。

IMG_1124

水で洗って特殊な溶液で表面を中性に戻し、酸化を抑える処理まで行いました。ここからペーパーを当てて取りきれなかった塗装を落とし、表面を整えます。

IMG_1127
ペーパーで磨いていると、鉄の鈍い輝きにうっとりしちゃいますね

3年前にライジンさんから出荷されて手元にやってきた状態に戻りました。これから新たな姿に生まれ変わります。

IMG_1155

ここからはプロの出番。下地処理剤、サフェーサーをバシッと塗っていただきました。おそらく通常の自転車よりもかなりしっかり塗っているので重くなるとは思います。しかし、今回塗装を剥がしてみて、サビひとつない下地の美しさに納得しました。見えないところで丁寧な仕事をありがとう。

次は本塗装。塗装指示書を作って持っていきましたが、今回自転車を磨いていて感じたことがあり予定を変更。クロモリバイクっぽさを前面にアピールするような雰囲気に仕上がると思いますよ。さぁ、いつになるかなー。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

repaint 2

2017年08月08日 21:00

このシクロクロスフレームはもともと生地のまま納品してもらい、友人のペインター(アラカラー)に最初の塗装をしてもらったのが3年前のこの記事

2014 RAIZIN CX

PPG社製の塗料をこってり乗せたその塗装は耐久性も素晴らしく過酷なCXシーズンを3年過ごしても色褪せてはいない。マット塗装の部分はちょっとくたびれてきたけどね。モチベーションアップを図るためにも良い機会だとリペイントを決意しました。

32569129104_21b07ffc2c_z.jpg

以前の記事「repaint」で3つの案を挙げましたが、ついでにクルマの方もリペイントする運びとなりこのヒーリー100のカラーにする事に自動的に決まりました。

このヒーリーのカラーはスプルースグリーンと呼ばれる純正カラー。俗にブリティッシュグリーンと呼ばれるグリーンほど濃い色ではありません。ちなみにスプルースは世界最古の樹木(針葉樹)なんですんって。この由緒正しき緑に、アルミ製軽量ボンネットをイメージさせるシルバーを使ってトラディショナルな雰囲気に仕上げたいと思います。でも、あまり懐古主義にはならないように。

stinner-kitwatch-1.jpg

塗り分けのパターンも斬新なことはせず定石通りに。一度これだと思ったのがあったのですが、TEAM TAMAGAWAカラーみたいになってしまったので変更。まぁ、奇をてらわないので似てしまうのは仕方がないんですけどね。

そんなわけで例によってオーダーシートを作成してアラカラーさんに持って行きました。次回は塗装仕上がりか、できれば塗装中の状態でもレポートしようかな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

フレームオフ

2017年06月27日 22:00

長い沈黙を破ってレストアを開始・・・と言ってもパーツをバラしてフレームとフォークの状態にしただけです。この応対にして部品単体のチェックをしていこうかな。

スギノ75

当初から気になっていたブレーキフードですが、更に劣化が進みゴムが溶けてベトベトになってました。もう潔く全部取っ払います。劣化したコットンバーテープも剥がす。外した部品はメンテルブを吹いて、チャック付きのビニール袋に入れて保管。とりあえずこれ以上錆びたりしないように。

PRO MIYATA Road Frame

BBは若干ゴリゴリしている感じ。ヘッドは洗ってグリスアップすれば大丈夫そう。さて、この宮田くん。何か良い使い道がないかな。

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

1995 KHS Tandemania Sport

2017年06月13日 08:00

子供の頃、公園などの観光地でおもしろ変わり種自転車に乗るのが好きでした。偏心したホイールが付いていて体を上下に動かす事で推進力を得る自転車や、三輪で股を開いて閉じてを繰り返して進む自転車、すごく小さな自転車などなど。今でも写真のような二人乗り自転車を見つけると嫁さんとよく乗っていました。

レンタサイクル タンデム

前後のペダルは直結されていて一緒にリズムよく漕がないといけません。カーブを曲がるときも声をかけてバランスをとります。運動会のムカデ競争みたいなもんですね。アップダウンがあると大変かもしれませんが、平地では二人分の出力でグングン進んで気持ち良いんですよ。

またパラサイクリング(障害者の自転車競技)としても使われていて、視覚障害の方がサイクリングを楽しむ手段でもあります。残念ながら公道を自由に走る事ができる都道府県は限られているのですが、2020年に向けてこの規制は撤廃さていくのではないかと期待しています。

私の住む埼玉県では自転車専用道路でしか乗る事ができません。実質自転車専用道路が埼玉にはないようですが、道路交通法が適用されない河川敷のサイクリング道路なんかでは楽しむ事ができるそうです。自由に乗れるようになったら手に入れたいと思っていたのですが・・・

タンデム自転車楽しいいなぁ」って言ってたら「ウチにあるけど乗る?」と輪工房さんからありがたいご提案。そんな訳で20年以上前に生産された新車を手に入れました。いわゆるデッドストックってやつですね。これが納屋から発見された程度の良いスーパーカーであれば世界的なニュースになるところです。

1995 KHS Tandemania Sport
soloride1.jpg

フレームに「BIKE OF THE YEAR 1994」のステッカーが貼ってあったので94年のレイトモデルか95年モデルなのかな?と思っていたのですが、Bikepediaによると1995年式なのかな

Bicycle Type Tandem (mountain)
MSRP (new) $699.00
Weight 43.0
Sizes Captain 20"/stoker 18"
Colors Blue/purple fade
Item ID 35041

Frame & Fork
Frame Construction TIG-welded steel
Frame Tubing Material Hi-tensile steel, 1 tube chromoly
Fork Brand & Model Spinner
Fork Material Chromoly, forged dropouts, unicrown crown
Rear Shock

Components
Component Group Shimano STX
Brakeset Chang Star 851AG brakes, Dia-Compe PC-7 levers
Shift Levers Grip Shift SRT-400
Front Derailleur Shimano STX, bottom-pull/clamp-on 28.6 mm
Rear Derailleur Shimano STX
Crankset Tracer Tandem TD-200i, 28/38/54 teeth
Pedals Fasten NWL-85P w/ toe clips & straps
Bottom Bracket
BB Shell Width
Rear Cogs 7-speed, 13 - 28 teeth
Chain Shimano CN-HG50, 1/2 x 3/32"
Seatpost Kalloy SP-243, 26.0 mm diameter
Saddle Vetta Comfort Flex
Handlebar Steel
Handlebar Extensions Not included
Handlebar Stem Steel. adjustble stoker
Headset 1 1/8" Tien Hsin TH-800

Wheels
Hubs Kung Ten
Rims Alloy, 40-hole
Tires 26 x 1.50" Cheng Shin
Spoke Brand Stainless steel, straight gauge
Spoke Nipples Brass nipples


だいたいこの仕様通りなのですが、RDはシマノではなくサンツアーだったり、シマノ製でもグレードが違うなどの差異は見受けられます。タイヤの太さも全然違うな。北米向けと日本向けの仕様が違うのかもしれませんし、そもそも海外の自転車の完成車スペックが届いてみたら違うなんてのは当たり前のことだったので気にすることはないでしょう。

IMG_9667

惜しまれながら自転車用チューブの生産を停止することを発表した「True Temper」のロゴがカッコイイです。「TRUE TEMPER AVR CHROMOLY Made in USA」とステッカーが貼ってありますが、スペック表には1本だけクロモリであとはハイテンスチールとなっています。日本で販売されるフレームでここまで詳細に書いてある事はありませんが、よくある話みたいですね。これは現在のカーボンフレームだってそうです。
KHSはアメリカのブランドなのでカリフォルニアでデザイン(設計)してアメリカ製のチューブを一部だけ使い台湾で製造したって事でしょうか。

参考リンク:KHS Bicycles 功學社單車

IMG_9672

一時期はショップ内で展示をされていたようですが、ほとんどん時間を倉庫で過ごしたバイク。いくつかの部品は部品取りとして取られ欠品していたりしますが、基本的にはペダルさえもつけた事がない実走行距離0kmの新車です。埃を拭えばブルーとパープルのグラデーションは美しく、一目で気に入ってしまいました。CXもこのカラーリングをオマージュしたいくらいにね。

IMG_0235

最初はトラックなどを手配して自宅のガレージに連れてくる予定でしたが、タンデムバイクでもソロで乗る分にはタンデムバイクの二人乗り規制には当たらない事に気がつき、自宅まで乗ってきました。古いタイヤが破裂しない事を祈って。

IMG_0232

基本ルートはクルマ通りのない河川敷のサイクリングロード。ギヤチェンジはできないので重いギヤをダンシングで踏んでスピードに乗せます。コーナーでの内輪差には気をつける必要がありますね。せっかくのブロックタイヤなので河川敷の砂利道も走ったのですが、直線は安定感もあって問題ありません。堤防に上がる坂道はリアにトラクションを掛ける事ができずにかなり慎重に踏まないとスリップします。ロングテールバイクもこんな感じなんだろうな。いつもの退屈なサイクリングロードのはずなのに、ずっとニヤニヤしながら自転車漕いでたと思います。

フリーをはじめグリスは固くなって様々な部分の動きが悪くなっています。タイヤなどゴム部品の交換も必要でしょう。サドル、グリップ、ペダルのコンタクト部品は馴染んだ製品に交換したいし、ボトルケージやキャリアなどアメリカンネオクラシックバイクに似合うアクセサリーもコーディネイトしたい。

乗って弄って楽しいバイクになりそうです。今後の展開にご期待ください。

【P最大8倍&クーポン(6/13 0時まで)】PDW(ポートランドデザインワークス)The Owl Cage(オウルケージ)ボトルケージ
by カエレバ


【パナレーサー Panaracer】ROAD RUNNER ロードランナー クリンチャータイヤ 26×1.50 黒 8H265-RR-B
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

冒険ランドCX練 フォーク換装の感想

2017年03月05日 21:22

O木さんにお誘い頂いて冒険ランドのCX練に行ってきました。

冒険ランド

C2の面々と練習を共にすることで自分に足りない部分を見つけることが第一の目的ですが、ENVEのクロスカンチフォークからライジンワークス製パイプコンストラクション・クロモリ・ベンドフォークに戻したのでその感触を確かめる狙いもありました。

IMG_5329

IMG_8052.jpg

練習はクニイ式と呼ばれている(とかいないとか)方法。狭いコース内を2列のラインを作って走ったり、1列棒状から追い抜きをかけるなど実践の状況を擬似的に作る工夫がなされたものでした。適度な緊張感がありましたが、次第に慣れていく感覚が面白かったです。近くでC2ライダーのテクニックを長い時間観察できたのも収穫でした。

RAIZIN CX

ENVEの軽量でクイックな挙動を気に入っていたはずなのですが、久しぶりにノーマルフォークに戻したところ、目からウロコが落ちました。なんですかこの安心感は!路面追従性が抜群に良く、トラクションのかかり方がマイルドで粘りのある感じ。ENVEを使いこなせればもっとタイトに走れそうなのですが、結局は急にトラクションが抜けるのが怖くてうまく曲がれていない感覚がずっとあったんですよね。今のスキルだったらクロモリの方が安心して走れて結果的に速い予感がします。来季に向けてENVEのクロスカンチを使いこなせるようにならないと。

でもね、こんなことを感じられたことが素直に嬉しかったりするんですよね。シクロクロス楽しいな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg



最新記事