ガレージ紹介と改めて自己紹介など

2017年01月20日 15:00

家付きガレージ
今日はちょっと趣を変えて自転車をいじっているガレージについてから書いてみます。このガレージ「KICK DOWN」は、元々クルマやオートバイをメンテするのが目的でした。

house_mokei.jpg
第1案

4年くらいかけて土地を探して、やっと見つけたその場所はこの地域では珍しい傾斜地。西側は道路を挟んで公園がありぐるっと桜が取り囲むように咲く。いつのまにか駅から何分みたいな当たり前の価値観に毒されそうになったけど、それを外すと面白い土地って見つかるもんですね。(ちなみに最寄り駅まで1.4キロ)そんな事よりも江戸川サイクリングロードから近い方が大事だったりね(笑)
その土地に合わせて模型を作り、それをベースにクラシックカー仲間の設計士さんに図面を引いてもらい手伝えるところは手伝って10年前(2007年末)にできたのが現在の家付きガレージです。

Garage

土地の広さだけで見ると豪邸ですが、同じような趣味を持つ兄弟との二世帯住宅で使ってる建築資材は安価なものばかり。新建材みたいなものにはなるべく頼らず、節だらけでも無垢材を使いました。新築の時が一番キレイなのではなく、枯れていく事を楽しめる部材を使ったわけです。良い塩梅の枯れ具合を維持するには手がかかりますけどね。お金がない分、DIYと仲間の協力でなんとかなっています。

In The Garage
Photo by So Isobe

今、そのガレージ「KICK DOWN」は2台のクラシックカーと1台のフランス車、そしてそれ以外は私の自転車ホビースペースになっています。ここなら有機溶剤の匂いが充満しようと、灯油で部品を洗おうと、途中で作業を止めるのも、大音量で音楽聞きながらローラーを漕ぐのも自由です。

ガレージなんて夢のまた夢・・・欲しいとは思ってもなかなか現実にするのはハードルが高いようです。さすがにクルマを何台も停めておくようなガレージは難しいかもしれませんが、自転車を楽しむと考えたらちょっとした土間スペースがあればできるんですよね。大きめの玄関を作ればそこでもいいし、南向きの庭に面したリビングがあれば、一部を土間にするだけで生活が変わる気がするんですよ。犬と遊んだっていいし、ガーデニングを楽しむのだって都合がいい。ガレージ、土間って家の中で自由に少々乱暴に使ってもいいクリエイティブなスペースなんです。

48HQ

自転車の趣味の中でも一番のお気に入りのがシクロクロス。そのシクロクロスレースには「48PRODUCT輪工房」名義で参加しています。輪工房はお世話になっている自転車屋さんですが、48PRODUCT(フォーティーエイトプロダクト)はなんだろう?って疑問に思った方も少なからずいたんじゃないかと。いろんなクルマでCXの会場に行くのでクルマ屋さんだと思っている人が多いみたいですね。

48PRODUCT(フォーティーエイトプロダクト)とは、「THE BEST IS YET TO COME !」(お楽しみはこれからだ!)をモットーに、クルマやオートバイ、自転車で遊びながら、ガレージライフをもっと楽しむための情報発信と商品をデザインしています。主力商品は土間暮らしやガレージライフ、ホビーライフをより楽しめるハウスインナー®です。一部の方にはオリジナルデザインのTシャツの方が馴染み深いかと思いますけど。工業デザインの会社がいろいろな会社さんの商品開発コンサルをやりつつ、趣味のガレージ遊びがもっと豊かになるように新しいビジネスをはじめたって感じかな。

この辺で改めてちゃんと自己紹介しておこうかとこんな記事を書いてみました。この自転車ブログ以外にも48PRODUCTブログも更新してますので良かったらご覧ください。更にプライベートでもビジネスでも何かお手伝いできれば幸いです。


BSスカパー! (BS241ch)コミュニてれび #9(2013年11月4日)
クラシックカーコミュニティーでさくらモーニングクルーズを取材して頂きました。お急ぎの方はお急ぎの方は15分19秒からご覧下さい。


ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!

48baner.gif

ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



自転車の片付け

2016年01月04日 19:59

クルマ、オートバイの整備をしようと考えて設計したガレージですが、一角は自転車の倉庫みたいになってきました・・・。



クルーザーなんかは弟のだったり、電動アシスト自転車は還暦祝いで母親にプレゼントしたものだったり、スポーツサイクルだけではありません。普段稼働しない自転車はガレージのロフト部分に上げてしまったり、吊るすみたい事で床を占有しないようにしないといくら面積があっても足りませんね。

garagebike3.jpg

水色のフレームはハウスインナーっていう空間を楽しく便利に活用できるアイテムなのですが、この上にベニアを貼ってあるのでこの上に自転車をあげちゃいました。ロード、折りたたみミニベロとクルーザー、電動アシスト自転車と計4台の自転車を片付ける事ができてます。まだまだ余裕があるので自転車が増えても安心です。(フラグ?w)

自転車って不思議なもので置き場所があるといつのまにか増えるものなんですよね(笑)



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

メンテナンスの第一歩

2013年07月09日 08:00

元々チェーンの清掃はバルビエリ/チェーンクリーナーを使っていましたが、チェーンのクイックコネクトを使い始めてからフレームから外してスプロケットと共に洗浄しています。

7803clean.jpg
コネクトリンクもシマノのチェーンも向きがあるので注意!

タイミングとしてはフレームが汚れてきて洗車するタイミングで一緒にやっちゃう感じですね。以前も詳しく説明していました。ここまでチェーン洗浄をする必要はなさそうだけど、ここをメンテすると気持がいいんですよ。

7802clean.jpg

ステンレスのトレーに灯油を入れて外したカセットスプロケットを洗います。チェーンはペットボトルを切って作った容器でじゃぶじゃぶと。

dryteflon.jpg

パーツクリーナーで灯油を洗い流して一日放置した後にチェーンオイルを塗布します。ついにこんな業務用サイズで購入しちゃいました(苦笑)小さい容器に入れてチェーンの一コマ一コマ丁寧に注油します。各ピンに一滴オイルを差して指で馴染ませるような要領でやってます。

7801clean.jpg

オイル塗布後にまた一日寝かせてから自転車に取付けます。ドライタイプのオイルなので乾くのを待つ感じですね。この方法が合っているのかはわかりませんけど・・・。
写真は撮り忘れましたが、リアカセットスプロケットの取り付けにはトルクレンチを使用して組み付けます。スプライン部分のグリスアップも忘れずに。

自転車に詳しくない方からみると、凄い作業をしているように見えるみたいですけど、実際はたいした作業ではありません。まだ挑戦した事がない方も是非やってみましょう。効果は絶大ですよ。ズムースライドをお約束します!







人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事