カーボンフレーム補修の道具と材料

2017年06月01日 08:00

カーボンフレームの補修について、なんとなく作業手順は想像できました。大掛かりな設備がなくてもウェットカーボンであればなんとかなるイメージですね。

IMG_9690.jpg

これまでの経緯

1. カーボンモノコックフレームのクラックをDIY修理
2. カーボンの修理手順を考える


なにわともわれカーボンシートや樹脂など必要な材料と施工に使う道具を揃えなければなりません。ネットの情報を頼りにネットで購入したいと思います。ネット万歳。

カーボンクロス


カーボンの密度、織りかたやサイズなどいろいろありますが、サンプルのサイズがちょうど良さそうなのでこれを選びました。安かったし、使うにはちょうど良いサイズっぽかったので。肝なのに超適当です。

エポキシ樹脂
ブレニー技研 ジーナス カーボンクロス用エポキシ樹脂 GM−6800−120
by カエレバ

超定番商品のようですね。皆さんとりあえずこれを使っています。2液混合をするのですが、それようの軽量カップまで付いてくるキットです。デジタル秤がなくても大丈夫!

脱泡ローラー
大塚刷毛製造 テツネジローラー162471 0001 Φ10×1" 1セット
by カエレバ

樹脂の気泡を抜くために真空引きするのが一番のようですが、なかなかそんな道具は持っていません。以前FRPでパーツを作った時はローラーを使ったので同じ方法でやってみようと思います。

カッター
オルファ(OLFA) ロータリーカッターL型 41B
by カエレバ

カーボンクロスをカットするために購入。普通のカッターでもなんとななりそうですが、何かと便利かな?と思いこれを機会にロータリーカッターを買ってみました。


実際に買ったのはここまで。あとはガレージにある道具でなんとかなりそうです。

手袋
【ゴム手袋】ダイローブH200 S,L 耐熱・耐溶剤用 シリコーン手袋 [1双入]/品番:H200 (S・Lサイズ) ダイローブ (作業用手袋)<ビニール手袋/特殊/耐熱・耐溶剤/耐酸・耐アルカリシリコン/断熱布
by カエレバ

この手の薬品や溶剤を扱う作業をするには必須ですね。

サンダー
リョービ 電動工具 研磨機 マイサンダ MS−30(木材 金属 塗装面 研削 研摩 diy ガーデニング雑貨 日曜大工道具 ロイヤルホーム ロイヤルホームセンター ロイモール 楽天 通販)
by カエレバ

作業前の足付けなどにペーパーがけをします。とりあえず手作業で軽く行いましたが、しっかりと溶剤が馴染むようにサンダーを使っておこうかな。

マスキングテープ
マスキングテープ 3M 243J Plus 黄 18mm×70巻入
by カエレバ

工具箱やガレージを見渡せば転がってるであろうマスキングテープも多めに準備しておきましょうね。余計な部分を汚さないように養生用のビニールシートと併用します。

PP透明袋
コレクト 透明ポケット OPP0.05mm厚 規格:B7用
by カエレバ

普段はパーツ保存用などに使っているジッパー付きの小袋。ウレタン樹脂と反応しない性質を利用してカーボンを巻いた後の抑えなどに使えるそうです。

ヒートガン
AP ヒートガン【ホットガン ヒートガン】【温める 熱する 温風 熱風】【アストロプロダクツ】
by カエレバ

エポキシ樹脂の硬化を促すために室温ではなく温度を高める必要があるそうです。患部をダンボールで囲い温度計で様子を見ながらヒートガンで温度を上げる感じ。

刷毛
マルテー エポキシ刷毛 厚口 筋違 白 2 インチ D16×W70×H263(mm) ハケ 筆
by カエレバ

エポキシ樹脂を塗る刷毛です。ガレージにいくつか転がっていると思うのでそれを使います。毛が抜けなきゃいいけどね。専用品があるようなので買っておけばよかったかな。

だいたいこんなもんですかね。先日ポチったのでぼちぼち自宅に届くと思います。週末に作業できるかな?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



シートステーの傷

2017年04月04日 21:00

先日のライドで汚れたMTBを洗車していると、前からあった傷が成長していることに気がつきました。表面のちょっとした塗装の傷だったはずなんですけどね。

17635309_1293199447423814_266220525179509580_o.jpg
右シートステーのクラック

写真の見た目は表面だけに見えますが、下から覗くと長手方向に5〜6cmくらい亀裂が広がっているように見えます。打音チェックではあまりわかりませんが、指で押してみると上側も内部剥離しているようなペコペコした感触。

17779111_1292942000782892_700523025_o.jpg
日光廃道ツアー

この傷自体は前からあったと書きましたが、振り返ってみるとMTBを購入してすぐの筑波山で負ったものだと思います。筑波山できのこ山登ったあとの写真には傷はなく、その後の一本杉林道かなぁ?次の日光廃道ツアー時にはしっかりと傷がありました。

原因は覚えていませんが、段差から降りる時に岩などにぶつけた?飛び石?何とも言えませんね。最初は表面の傷しか見えませんでしたが、内部的には破損していて、それが広がって表面的にもわかるようになってきたのではないでしょうか?

修理について
昔FRPの部品を作ったことがあるのでなんとなく表面にカーボンを巻いていく手順は想像できるのですが、骨折している部分にギブスで補強するだけのイメージではあまり良い結果を想像できません。やはり内部剥離をエポキシ樹脂などで一体化させてカーボンシートで補強するような作業は必要になりますよね。ただ、シフティングケーブルが中に通っているのでそこのルートは確保しないといけないなどのハードルもあります。

ネタ的にはDIYも興味あるのですが、自転車の性質上これが原因で事故を起こし迷惑をかけるわけにはいきませんからね。肩く補強した部分は大丈夫でも、その境界が壊れるなんてこともありそう。そこについては慎重に考えたいと思います。

ファイバーフィックス 2インチ 2個入り 5×120CM×2
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg



最新記事