2019/07 現在のTarmac Pro

2019年09月09日 12:00

テーマは「脱シマニョーロ」

親指シフトの気持ち良さは捨てがたいが、11速化して変速調整がシビアになり、こだわって少し面倒な機材を使うのにも飽きたので互換性の確約されたフルシマノに戻します。シマノ内でもグレードや型番で互換性がないものもありますが、その辺にも考慮してスッキリさせたい。
「脱シマニューロへ」より


【 2019ver 】 チューンナップ案(2019年2月の記事)」で宣言した通り脱シマニューロ。3月の時点で部品集めはほぼ完了。それらを組み付けて2019年Verが3月の時点で(ほぼ)完成しました。

201903tarmac.jpeg
2019/03/22

st9001r.jpeg

FD-9000-B.jpeg

br9000.jpeg

3月の段階でSTI、ブレーキ、FDを交換する事で脱シマニョーロは完了。微妙な変速不良とまでは言えないフィーリングの悪さから脱し、メーカーが約束してくれた互換性パーツの完璧な動作を手にしました。

34T化と1番古い部品の交換
これで当初の予定は終了だったのですが、昨年も参加した過酷な真夏のライド「Attack!299」に向けて更に手を入れることに。RDをダウングレードすることによってロー34Tを使えるようにして、更にTARMAC PRO購入当時から愛用していたTIMEペダルを交換しました。

tarmac201907.jpg
あとで写真差し換えよう

その他
thomson2.jpg

アメリカンバイクにアメリカンパーツを。ボトルケージからスタートしたこのムーブメント(大袈裟)がステム選びにも影響を与えます。カーボンバイク=黒系部品での統一に一石を投じるチョイス(大袈裟)。ステムをトムソンにしました。次はクリスキングのBBかな。

(未計測)kg
今までの最軽量Verが7.785kgでしたが、昨年はタイヤ交換などが響いて7.9kgに。軽量化を目指したペーツチョイスでもないので計測もしてません。気が向いたら測ります。

左右デュアルコントロールレバー:SHIMANO DURA-ACE ST-9001 NEW!
フロントディレイラー:SHIMANO DURA-ACE FD-9000-B NEW!
リアディレイラー:SHIMANO ULTEGRA RD-R8000 NEW!
カセットスプロケット:SHIMANO CS-HG800 11-34 NEW!
前後ブレーキキャリパ:SHIMANO DURA-ACE BR-9000 NEW!
クランク:SHIMANO FC-6800
パワーメーター(センサー):パイオニア左のみ
ペダル:SHIMANO ULTEGRA PD-R8000 NEW!
ホイール:FULCRUM RACING ZERO NITE C17
タイヤ:MICHELIN POWER ALL SEASON 25c
チューブ:Panaracer R'AIR
ハンドル:DIXNA アグリーハンドルバー 405mm NEW!
バーテープ:SUPACAZ SUPER STICKY KUSH Galaxy NEW!
ステム:THOMSON ELITE X2 90mm NEW!
ボトルケージ:KING CAGE IRIS

ハンドルバーとか交換したけど触れていなかったパーツもあったので一覧をなんとなく更新。もう基本はできたので、気まぐれなアメリカンパーツムーブメントの波が次はどこに!?ってところかな。調和を目指すならBBにシートピラー、ハンドルバーなんかは交換したい気持ちもあるけど優先順位はとても低いので良いタイミングがあればって感じ。そろそろGARMINメーターとかも怪しくなってくるし、そっちが先かもね。




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



2019/06のSURLY PACER

2019年06月04日 08:00

仮組みして、ちょこっと乗ってみて、ワイヤー類など調整、いくつか注文してあった部品を組んで完成です。仮組みから変更があったのは、サドルとシートポストにホイール。バーテープを巻いた感じかな。

surly_pacer_red.jpg
サーリー・ペーサー(46サイズ)ディスコトマト

サドルは一度は使ってみたいと思っていたブルックスのレザーサドル。BROOKS SWIFT CHROME。シートポストはトムソンを考えていましたが、サイズ的にポストがフレームからあまり出ないことを考慮してNITTO S65にしました。トムソンはポスト自体にロゴの印刷があるので、それが半分隠れたりするのはカッコ悪い(悲しい)ので。

nittos65.jpeg

この自転車で一番のお気に入りポイント。ナローなスチールパイプの雰囲気に合わせたハンドル周り。1本締めクロモリのステムにコラムスペーサー、STDサイズのハンドルまで日東製です。アメリカンフレームだからアメリカンパーツって気持ちもありましたが、削り出しのゴツいステムは違うかな?って思った瞬間に迷いはありませんでした。ココまでやったらシートポスト日東でいいでしょ。

nitto_chrisking.jpeg

そうは言ってもヘッドセットはクリスキング。BBは流用なのでシマノですけどね。それ以外にも、ボトルケージはキングケージ、シートポストクランプはdkg Mountain Clampとアメリカンパーツもちりばめて。

IMG_8186.jpeg

クロームが美しいtradizioneのハブにハードアルマイト加工されたMAVIC OPEN PRO手組みホイール。スキンサイドのしなやかで太めなタイヤを履かせたいところですが、まずは手持ちのMAXXISデトネイター。この状態で早速江戸川のグラベルを走ってきました。

詳細仕様
フレーム:SURLY PACER 46
フロントフォーク:SURLY クロモリベンドフォーク
左右デュアルコントロールレバー:SHIMANO ST-4700
フロントディレイラー:SHIMANO FD-4700-B
リアディレイラー:SHIMANO RD-4700-GS
カセットスプロケット:SHIMANO CS-6700 12-30T
クランク:SHIMANO FC-6650SL 165mm
チェーンリング:SHIMANO 50-34T
ブレーキ:SHIMANO BR-R650
カートリッジBB:SM-BBR60 BSA
ヘッドセット:CHRIS KING
ハンドルバー:FAIRWEATHER all road bar (silver) 420mm
バーテープ:
ステム:NITTO UI-31 90mm
サドル: BROOKS SWIFT CHROME
シートピラー:NITTO S65 250mm
ペダル:SHIMANO PD-M540
ホイール:tradizione HUB + MAVIC OPEN PRO CD
タイヤ:MAXXIS DETONATOR 32c

ホイール&タイヤに関しては軽いロードタイヤセットも準備しています。これで一度山へ走りに行こうと思います。

恒例の軽量は部品単位はもちろん、組み上がってもしていません。もてばズッシリくるのでそれなりの重さなのは間違いありません。たイヤのせいもあり乗っても重印象は否めませんが、それと引き換えに気軽にどこでも走れる性能を手に入れました。

乗って楽しめれば最高だし、その予感はありますが、それ以前にどんな部品を組もうか?などと考えるのがめちゃくちゃ楽しかったです。もうそれだけでも十分楽しめたのかもな。



ssalebaner.jpg

【 2019ver 】 チューンナップ案

2019年02月20日 20:00

長かったシクロクロスシーズンも終わりが見えてきました。シーズン中はローラー固定されていたロードバイクですが、春の訪れとともに主力機に格上げされます。

tarmac201901ver.jpg

昨年8月の時点で11速化やホイールのアップグレードなどを行いまして、その後ステムとハンドルも交換。ブレーキキャリパのアップグレードでフィニッシュな予定でした。

カンパの親指シフトは最高!なんだけど・・・
イコールプーリー 緑を使ってカンパエルゴでシマノRDを動かしています。俗に言うシマニョーロってやつ。10速運用していた時は何の不満もなく使えていたのですが、11速化ではトップが入りにくかったり、どっかのギヤでチャラチャラ鳴るなどのシフト不良がありました。なんとか調整をしても、スィートスポットが狭くワイヤーが伸びてくるとすぐダメになります。ヒルクライム中に狙ったギヤが使えないストレスは結構大きい。環境によって違うかもしれませんが、イコールプーリー(緑)で11速を動かすのはあまりお薦めしないかな。

そこでフルカンパにしようかとも思いましたが、ローラー用のホイールをはじめ環境整備を考えるとあまり楽しくない出費が多くてね。いまいち踏み出せない感じ。それなら普通にシマノ組みにしちゃおうかな。CXで使っているST-9001(右)があるので左を新規で購入してロードに移植。レバー比の問題でブレーキは強制的に交換になるし、FDも交換が必要。

・ST-9001(左)


・FD-R9100


・BR-R8000


追加購入する部品は大きくこんな感じ。あとはワイヤーとかショートパーツが少々。CX用に右側兼用レバーが必要になるけど、それは後で考えよう。この機会にCXを油圧ディスクとかにする予定であればこの手が一番無駄がなくて良いのだが、残念ながらそれはないので、左だけ買うのと変わらない金額でST-R8000(左右)を買った方がいいかな。

バイクに関して言えば、あんまり面白くないチョイスになってしまうけど、機材のこだわりなんかよりストレスなく走りに行ける方が優先になりますね。フルカンパは次のバイクを購入する時に第一選択肢として考えようと思います。




ssalebaner.jpg
[ 続きを読む ]

銀に輝くステム

2018年09月18日 17:34

PRO MIYATAの街乗りバイクカスタムで使った日東のステム。この削り出しのステムはずっと前からチェックしていて、いつか使いたいと思っていた逸品。

nittou25silver.jpg
ハンドルもシルバーにしたい

削り出し部品は黒塗装よりもやっぱりシルバーポリッシュの方がカッコイイ。しかし、最近のバイクは黒い部品の方が違和感がなく溶け込むので使いたいけど踏み出せなかったってわけ。クラシック好きのシルバー至上主義じゃないからね。

tomsonsilver.jpg

でもやっぱり手にしてみたらその質感がたまらなく良くて。あるバイクを見てステムだけシルバーってのも悪くないって感触を得ていたこともあって、今度はアメリカンな削り出しシルバーステムもゲット。できればアメリカンパーツで揃えたいと思っていたロードに組み付けます。

thomson1.jpg

thomson2.jpg

引きの写真がなくて雰囲気は掴めないと思いますが・・・ブレーキキャリパーもシルバーなのですが、そんなにガチャガチャした感じもなく違和感なし。実はハンドルも交換したので、今度はそっちと一緒に紹介します。

THOMSON(トムソン) ELITE X2 ステム 31.8mm SME146SL シルバー 90mm/±10度
by カエレバ





ssalebaner.jpg

クラシックロードで散歩自転車を作る2

2018年09月15日 21:45

冷蔵庫の残り物でチャーハンを作る感覚で街乗りバイクを組もうって企画がスタートしましたが、お手軽仕様なんでもう完成しました。

promiyatabluetires.jpg
前回のまでのイメージ

126mmエンド幅フレームに無理やり130mmのホイールを押し込んだところで第一関門はクリア。あとはガレージに死蔵してある部品を中心に一部フリマサイト、一部新品部品を組み込んで組み立てます。

シングルギア化
IMG_1900

フロントのチェーンリングはインナーギヤをアウター側に固定しました。リアはgrunge(グランジ)の シングルギアアダプターセットを使いました、サーリー にもカッコイイのがあるのですがお値段が倍するのでこちらで。様々な厚みのスペーサーが入っていますが、目見当でチェーンラインが出ていそうな部分にギヤを入れたら一番薄いのでサンドイッチして微調整ができるようにします。スペーサーは1枚余りました。

grunge(グランジ) シングルギアアダプター用ギアセットのみ 18・20T 18・20T
by カエレバ


クイックよりもボルト固定の方が雰囲気が出るのでTRANZ-Xのツールスキュアーキットを使って六角ボルト固定にしました。

TRANZ-X(トランズエックス) 060-3 ツール スキュア3点セット BK ブラック
by カエレバ


ステムは前回書いた通り珍しい規格だったために、そのまま使うのは諦めてアヘッド化するアダプターを使いました。

GRUNGE (グランジ) ステムアダプター シルバー
by カエレバ


ステムは転がってたMERIDAの純正ステムを使う気でしたが、余りにもミスマッチだったので悩んでいたところ、ダメ元で入札したオークションでNITTOの削り出しステムを落札。

NITTO(日東) ステム UI-25EX CNC UI-25EX-100 φ31.8 φ28.6 100 シルバー
by カエレバ


少しサイズが大きいフレームなのですが、フラットバーなのを考慮して長めのステムにしました。ハンドルはとりあえずTIOGAのフラットバーを仮付けしています。

IMG_1921

ロードバイクをシングル化するのにチェーンの長さがうまく合わせられるかが大きなポイントでシングルギアアダプター用テンショナーを使ったり、エキセンBBを組み込んだり、半コマのチェーンを利用したりしますが、できればギヤの大きさを選んでシンプルに決めたいところ。今回は運良くそのままチェーンを張ることができました。

IMG_1934

ペダルはタンデムバイクに取り付けていたMKSのMT-LITEをとりあえず移植しています。

MKS(三ヶ島) ペダル エムティーライト [MT-LITE ] ブラック 左右セット
by カエレバ


ブレーキレバー、キャリパーは何かの純正品を流用。ハンドルバーはタイオガでグリップはメリダの純正品。シルバーパーツを多めに使っているので、できればハンドルとグリップはそのうちなんとかしたいところ。

IMG_1935

ワイヤーも安売りセット品みたいなやつの余りが家にあったのでそれを使いました。チェーンはシマノの6〜8速用を使っています。(チェーンとブレーキシューは新品)

IMG_1942

サドルはそのまま。味が出ているこの感じがベテランっぽくて良いのですが、厚みがある分シートピラーがあまり伸ばせなくてちょっと悲しい見た目に・・・・で、出来上がりです。

IMG_1943

IMG_1945

miyataflatbarroad.jpg

シートピラーがあと1cm出ているだけでも随分と印象違うのにな・・・ってところは気になるのですが基本的には大満足。これ見てたら自分のカーボンロードもクロモリにしたくなってきました。ハンドルを今っぽいちょっと幅が広めのライザーバーに交換すればバッチリですね。水色タイヤもなんだかネオレトロな感じでそこまで悪くないかも。

miyatasport?flatbarcustom

乗ってみたところ乗り味も軽やかでフラフラと散歩するには最適のバイクに仕上がりました。ちょっとギヤ比が軽すぎる気もしますが、チェーンテンションの問題もあるしちょっと様子を見ようと思います。適当な街乗りバイクのカスタムは楽しいなぁ。




ssalebaner.jpg





最新記事