OGK Kabuto 301D 購入

2019年11月11日 21:00

過去記事「度入りサングラス愛用者には気になるアイテム登場」で紹介した、OGK Kabutoの新作アイウェア「301D」。サイクルモードのOGK Kabutoブースでフィッティングしたところ、なかなか良い感触だったので通販で購入しました。

参考:メーカーサイト

IMG_1067.jpeg

内容はサングラス本体、ソフトケース、メガネ拭きが付属。

IMG_1066.jpeg

このソフトケースは傷防止にはなるけど、かなり柔らかい素材なので破損防止にはなりません。そして縫製が・・・サングラスの価格自体がとてもリーズナブルなのでそこまで求めていませんが、それなら巾着袋でいいのにな。実際に使うときは余っているOAKLEYのケースを使いたいと思います。

OGK Kabuto 301D
DSC_0004.jpg

DSC_0005.jpg

DSC_0009.jpg

フレームカラーはマットブラックとフローズングレーの2色。私が購入したのはフローズングレーです。レンズはどうせ交換するのでどうでもいいのですが、防曇ライトスモーク(54%)が付属します。

DSC_0007_2019111117001127e.jpg

横からの写真を見るとわかると思いますが、フレームのカーブに対してレンズは前に張り出しています。これによりレンズは6カーブと風の巻き込みを嫌うスポーツサングラスとしては緩めの設定。以前紹介したスミスのODSアダプターと同じ考えですが、301DはDOCK(レンズアダプター)を取り付けた状態でCFD解析を行いデザインされているそうです。
またDOCKにレンズをはめるのも通常のV溝加工でOK。段付きの加工などが不必要となり比較的リーズナブルに矯正レンズ仕様のサングラスを製作することが可能です。

ogk301d_oakleysplitjacket.jpeg
奥:OAKLEY SPLIT JACKET  手前:OGK Kabuto 301D

現在使っているOAKLEY SPLIT JACKETと比較しても形状は割と似ています。前から見た際の彫りの深いディティールなどOAKLEYの方が好みではありますが、上記で説明したメリットを考えれば納得。目が悪い人間にとってはファッションではなく医療器具であるから当然。

DSC_0025.jpg
左:OAKLEY SPLIT JACKET  右:OGK Kabuto 301D

OAKLEYのJAWBONEで初めて発表されたスイッチロックシステム。レンズの下側フレームが開くことにより簡単にレンズ交換ができるシステム。同じ時期に発売されたこのスプリットジャケットにも採用されています。画期的なシステムですが、これにより重量バランスが悪化。ランなどの上下動のある運動ではメガネが跳ねることがありました。自転車、特にロードサイクリングでは気になりませんが、CXなどの激しい動きの場合は影響が出ます。

そこでシンプルな構成のOGK Kabuto 301Dは軽量に仕上がっているだろうと期待したのですが・・・全体重量はほとんど変わりませんでした。(厚く重い矯正レンズに交換済みのスプリットジャケットとの比較)O-Matterって凄いのかもな。

oakleyvsogk.jpeg
左:OGK Kabuto 301D 右:OAKLEY SPLIT JACKET

全体的な形状としてはアジア人に合わせた301Dと全世界共通のSPLIT JACKETの違いがよくわかります。フレーム前面カーブが緩やかなので頬骨に当たるトラブルなども回避できそうです。SPLIT JACKETは当たることはないのですが、汗がレンズ下側に溜まることがありました。
ツルが丸く長いSPLIT JACKETの方がしっかりとしたフィッティングに感じます。ただ全体的なフィットは重量バランスなどもあるのでまだ判断はできません。フルフェイスヘルメットと使う場合はツルの長さが干渉してしまう事もあるのすが、その点で301Dは心配がなさそう。

送料無料 OGK KABUTO(オージーケーカブト) アイウェア 301D フローズングレー/防曇ライトスモーク
by カエレバ

スポーツアイウェアに関しては、いろいろこだわりがあるので長くなっちゃったな。次回は実際に矯正レンズをお願いしに行った話を書きます。




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



優しいフレーム

2018年09月27日 12:00

茨城CXにてスクイッドのCXフレームにちょっとだけ乗せてもらいました。感想は私の表情を見ていただければ察していただけるかと。

squidbikes_cx.jpg
Photo by Yasuhiro Nakashima

今までアルミのシクロクロスフレームって入門クラスのディスクブレーキのすごく重たい印象しかなかったのですが、これは良い意味で裏切られました。すごくしっかりしてるレーシングバイクですね、これ。

5I7A4616
Photo by Takashi Saito

これで浮き彫りになったのは、私のライジンが相対的にとても柔らかくて優しいバイクであること。冒険ランドでブンちゃんに乗ってもらった時にも「ねじれながら路面追従していく感じ」って感想でした。文ちゃん優しいな(笑)

確かにクロモリベンドフォークは私のテクニック不足を補ってくれているのは実感しているし、それはメリットではあるんだけど、あの一枚の板に跨ってるみたいな剛性感、反応の良さは魅力的だな・・・そんな風に思っちゃいました。

raizin_nobeyama.jpg
Photo by Toshiki Sato

でもちょっとヌルいと言うか緊張感がないと言うか。フロントフォークをカーボンに差し替えたくなってきましたよ。何度これを繰り返すのか。きっとそれでは、今感じている物足りなさは解消されないとわかってるんですけどね。でもこうやって不満を見つけるってことは経験を積んできた証だし、時期フレームへの欲求でもあるので嬉しくもあります。すぐにどうこうってわけじゃないけど。レースに参加するってことは自分なりの限界で自転車を感じるって作業でもあるから、それが見えてきたことが単純に楽しいわけです。

C2で優勝したアルミディスクCXはどんな感じなんだろう?今まで他のバイクを気にしないようにしてたけど、そろそろ機会があればいろいろ乗ってみようかな。




ssalebaner.jpg

BOSCH コードレス洗浄機「Fontus」ファーストインプレ

2018年09月26日 08:00

過去記事「今シーズンこそ導入したいポータブル高圧洗浄機」で書いていた通り高圧洗浄機を導入しました。選んだのは・・・

BOSCH Foutus(ファンタス)
ボッシュ フォンタス 高圧洗浄機

電源は電動工具などで使用するカートリッジ式(18V強力バッテリー)で水はボディー内に15リットル入れることができます。電源も水道も気にせずに、使いたい場所へキャリーバッグのように転がして持っていくき使うことができます。

fontus2.jpg
バッテリーは本体背面下部に差込口があります

fontus3.jpg
本体背面にはホースを収納する場所もあり

fontus4.jpg
全面のフタを開くとノズルと専用ブラシが収納されています

電源と水だけではなく、ホース、噴射ノズル(専用ブラシ)もちゃんと収納できるので持ち運びも便利ですね。キャリーバッグのように引っ張るハンドルは伸縮式ですが、本体を持ち上げる際には上下に手を掛けるしっかりとしたグリップがあるのもデザインとして優秀だと思います。

fontus5.jpg
本体には15リットルの水が入ります

電源をONにするとモータが周り噴射ノズルへ水圧がかかるのがわかります。モーター出力は3段階から選ぶことができます。(3つの水圧モード)とりあえず出力をMAXにして15リットルの水でどれくらい使えるのか試してみました。泥だらけ自転車、トレッドの隙間に泥のつまったタイヤをブラシで擦らずに水圧だけで洗車してみます。4種の噴射モード(ワンポイント・縦拡散・横拡散・シャワー)がありますが、タイヤは1点に水圧を集中させるワンポイントで車体は縦拡散を使いました。結果は電池残量は3段階の表示で減らず、水は目見当ですが10リットルくらい使ったかな。シクロクロスでの使い方を考えると、試走で泥だらけになった自分の自転車1台を洗うには十分ですね。レース後の洗車も考えると予備の水タンクを持っていけば試走の後、レースの後と2回洗えます。チームで使うとなると更に水の補充を考える必要がありますが、個人で使うには強力なTOOLになります。

会場や練習コースで仲間のCXerにも使ってもらいました。

IMG_2053

IMG_2054

最初に濡らして軽くスポンジやブラシなどで擦ってから最後に水で洗い流すような使い方をすれば水はかなり節約できるとの感想。洗車が楽になるので、その分観戦、応援する時間を増やせると好評でした。

あとバイクだけではなく、泥だらけになった自分のシャワーにもなりそうなんですよね。あまり温度が高くなければお湯もいけそうなので野辺山の後なんかは良いかもな。まだまだ使い始めて少しなのでファーストインプレッションとしてこれくらいで。実際にどれくらい使えるか動画なんかも撮影してみようと思います。

メーカーサイト

ボッシュ(BOSCH) 18Vコードレス洗浄機 Fontus(フォンタス)
by カエレバ





ssalebaner.jpg

【待望】THULEのタイヤ固定式自転車ラック

2018年07月20日 20:00

ルーフに自転車を固定する方法はいろいろありますが、私はタイヤを固定するバイクラックがやっぱり一番優れていると思います。

INNO TIREHOLD II

2005 Audi TT Coupe

イノー タイヤホールド2

市場にはフレーム(ダウンチューブ)を支えるタイプが多いのですが、軽量パイプですとフレームをどれくらいの力で掴んでいいのか結構悩ましい。緩いと不安だし、きつすぎると破損してしまいそうだし。ダウンチューブにはボトルケージもついてるし、空気入れなどを取り付けている場合もあります。またフルサスのMTBなどフレーム形状が特殊な場合、エアロチューブで断面形状が特殊なTTバイクなんかも取り付けが難しい。

その点、タイヤで固定する場合は、その取り付けに関する制約もほぼありません。例外はフルフェンダー付きやパンクしている場合だけ。それ以外は何も気兼ねする事なくしっかりと固定できます。

プロライド スーリー

今回、THULEのトップモデルだったプロライド591を借りて使ってみたのですが、小さいフレーム故ボトルケージと固定するポイントの取り合いに余裕がありませんでした。ただ、それ以外はTHULE製品の質感は大変素晴らしくベストセラーである事は頷けます。そんなTHULEから待望のタイヤ固定式ルーフ用自転車ラックが発売されました。

THULE UpRide

603346_sized_900x600_rev_1.jpg
アップライドはフロントタイヤをガッチリと固定して、リヤタイヤはベルトで補助的に固定する方式。ヤキマのハイローラーに近い方式ですね。後発であり、THULEって事もあり、細部にかなりこだわってデザインされている事が動画を見るとわかります。



レール内にワイヤー錠が仕込んであるところなんかはKüatの製品を彷彿とさせます。

locksoldthule.png

後輪がベルト式はプリミティブですが、十分な固定力をフロントで得られるので問題ないのでしょう。ただカーボンディープホイールやディスクホイールなら、固定が難しいのでリアホイールの交換をする必要がありますね。それならINNOタイヤホールドの方を選ぶ方が良さそう。

このように絶対にUpRideが優れているとは言い切れませんが、かなり良い線を狙ってきた製品じゃないでしょうか?

THULE サイクルキャリア アップライド Thule UpRide TH599 前後ホイールマウント方式
by カエレバ


CARMATE カーメイト INNO イノー サイクルキャリア タイヤホールド2 INA389
by カエレバ


【正規輸入代理店】YAKIMA ヤキマ ハイローラー High Rollerルーフマウントバイクキャリアバイクラック/自転車ラック(クロスバー取付用)※BMXなどにも!
by カエレバ


【送料無料】THULE(スーリー) プロライド 598 サイクルキャリア THULE PRORIDE TH598 シルバー【SMTB】
by カエレバ

マイナーアップデートをしてネガを潰してきたプロライドのフラッグシップもなかなか魅力的です。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

ボトルケージの王様

2018年06月26日 21:00

樹脂が劣化してダメになったボトルケージの次をずっと考えていました。とりあえずガレージにあったボトルケージを使いながらね。そしてやっぱりこれにしましたよ。

kingcage_2ps.jpg

アメリカのコロラドにてロンさんがハンドメイド一個一個手曲げと溶接で作っているボトルケージです。



いわゆるビスポーク系スチールフレームのバイクにはお約束のアイテム。いくつか種類がありますが、エリートのパタオ形状のアイリスをカーボンフレームの外しに使うのはどうかな?と思いまして。

kingcageiris.jpg
King Cage Iris Cage 素材:304ステンレス 重量:49g

kingcageiris3.jpg

kingcageiris2.jpg

ステンレス生地特有の輝きがたまりません。上から覗き込んだ際に見える曲線が美しい。雨上がりを見計らって実走テストをしてきました。

kingcage_tarmac.jpg

ボトルの固定力は抜群ですが、それとトレードオフで出し入れは結構力がいります。保冷ボトルなどの硬めのボトルでは余計にその傾向が強くなります。ロングライドの後半なんかは嫌かも。斜め出し入れに向かない形状なので私のようにフレームが小さいとシートチューブ側はロングボトル使いにくいですね。

正直、使い勝手を考えると樹脂製のボトルケージの方が上だと思うところも多いのですが、それでも使いたくなる魅力がキングケージにはあると思います。と言ってもアイリスの使い勝手が心配な方がポピュラーな形状のもありますのでご検討してはいかがでしょう?

kingcage_oliginal.jpg

アイリスを使ってみて使い勝手に不満はなかったのですが、CX用にも欲しくなって追加購入しました。

duracage_kingcage.jpg
左)MINOURA DURA-CAGE 右)King Cage Stainless Steel Cage

今まで使っていたMINURAのDURA-CAGEは値段も安く、入手性もよく、軽量(38g)であり、ボルトまで付属するジュラルミン製ボトルケージ。これも悪くないけど(キングケージの)ステンレスの質感がとても新鮮に映ります。アールのだらっとした感じが気分ですね。値段は3倍弱ですけどね・・・。

birdcage_duracage.jpg
DURA-CAGEはタンデムバイクに取り付け

いつのまにか全てのボトルケージが金属製となりました。樹脂の使い勝手やデザイン性も捨てがたいのですが耐候性に優れていて、丈夫で(モニニよっては)軽量な金属製ボトルケージ・・・ありだと思っています。

KING IRIS WATER BOTTLE CAGE
by カエレバ


KING STAINLESS BOTTLE CAGE SUS304 48グラム
by カエレバ


KING TITANIUM BOTTLE CAGE チタン ボトルケージ 3Al-2.5V チタン 28グラム
by カエレバ


《即納》MINOURA (ミノウラ) AB-100-4.5 DURA CAGE (AB100-4.5デュラケージ) アルマイト仕上げ[ボトル・ボトルケージ][ノーマルボトル用]
by カエレバ


スマイリーなドリンクホルダー、PDWのボトルケージ、THE BIRD CAGE(バードケージ)
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg





最新記事