2018-2019 前橋シクロクロス第1戦 CM2+3

2018年10月15日 23:34

茨城CXを2戦消化して前橋へ乗り込むスケジュールはもう3年目。昨年よりは良い手応えを持って前橋へ参戦します。前橋は昨シーズンの2戦目と同じようにポイントによるスタート順は行わずエントリー順でを採用。CM2と3も混走で別の表彰はないオールドスクールな運営方針。その為、エントリーを悩んでいたのですが、ココにしかない雰囲気もあるし、楽しもうと参戦しました。

コースチェック
前橋CXの舞台となる岩上緑地で開催されるCXには今年で3〜4回目の参加。コースレイアウトは基本的にいつもとさほど変わりませんが、メインコースと駐車場(資材置き場)を隔てる木立を通過するレイアウトに変更あり。またコースの分岐があり、どちらを選ぶかの戦略性を楽しめる。バリアは低めでスピードに乗って侵入が可能なので乗車のまま超えられる(バニーホップができる)選手には有利になっている。常設のBMXコースと相まってCXがカッコイイ競技であることをアピールできるコースになっています。

試走が2時間と長く確保されているのも前橋CXの特徴。私は40分くらいしか走っていませんが、木立エリアをどう処理するかを重点的に確認。タイヤの空気圧を調整してフル乗車クリアができるようになったが、レースでは降車した方が速いし確実であると結論。降りる場所は状況によって変更する事とした。

また芝生スラロームとBMXコースのつなぎ区間に設けられたコース分岐は、「最短距離だがバリアが2つがある」or「ちょっと遠回りだけど乗車でいける」のどちらが速いかをチェック。バリアの方は少し速いが体力を使いそう。乗車の方はフカフカの土と木の根っこでちょっと神経を使うのだが、体力的には楽。乗車の方を選ぶ人が多そうなので1周目の混戦はバリアの方を全力で。あとは体力と状況で選択する。

資材置き場エリアが路面もボコボコでスピードに乗せるのは体力もスキルも必要。ココで撃沈することが多いのでスムーズにラインをつなぎながら頑張る。ココに合わせて空気圧は少し低めにした。

家を出るときは大雨だったが前橋は完全にドライ。予想よりも気温が上昇した。

作戦と目標
後方スタートだが、担ぎからの階段でそれなりに前に行けると予想。そこで前に行けなくても資材置き場エリアはラインがたくさんあるので抜けるだろうから慌てずに。試走で決めた降車するポイントでがんばる。順位目標は考えてなかったが1つでも前へ。ここ2戦とも同じくらいのポジションで走っているFAST LANE Racingのパイセンときっとどっかで遭遇するのを楽しみに。

バイク
20181013raizin.jpg
前日は天気予報的にドライだからシケインで大丈夫だろうと、このセッティングにしていました

朝の天気でマッドコンディションだと予想して前後FMBスラローム(TU)に出発前のガレージで交換。実際はドライで後ろだけでもシケインにしたかったがガレージに置いてきてしまった。その代わり空気圧はTUとしては高めのフロント1.75でリアは1.8に。それ以外はいつもと同じ。
今回も一部で好評のオンボードカメラを取り付け。 RECボタンは早めに押すことでスタートの集中を邪魔しないようにした。

CM2+3
CM2とCM3の混走だが、スタート位置はCM2が前でその後ろにCM3となる。ゼッケン番号、デザインで認識できる工夫もない。それなら表彰も一緒なんだしエントリー順でカテゴリー関係なく並ばせてくれてもいい気がするが・・・。1列目、2列目の半分くらいまでCM2でその後ろに我らがCM3。4列目の真ん中ちょい左寄りからスタートとなった。後ろに2列あって、更に30秒の時差でCL2がスタート。

またスタートのギヤを決めてなかったことに気が付いた。でも後ろだからそんなにシビアでもないし適当に下げてスタートに備える。スタートの反応は悪くない。サンドエリアで落車に絡むのが怖いのであまり車間を詰めないようにする。サンドエリアはセンター左寄りを通った。左で落車発生。そのまま階段は奥側から駆け上がった。

ドロップオフでもあまり混んでいたら降車を選ぶ予定だったが、そこまで渋滞してなかったので乗車のまま。スラローム区間は隊列を組んでスムーズに行く予定だったが、ちょっとペースが合わなかったので抜いてみようと思ったが砂が浮いているところでわちゃわちゃと。試走でやってないことやっちゃダメだと反省。

そのまま分岐ポイントへ。前の2人が乗車を選んだので私は予定通りバリアを進みパス。そのままスラローム、次のバリアからテーブルトップまでで何人か抜いた。ひろさとさんがパンプエリアでクラッシュしているのにびっくり。

木立を抜けるポイントでは一度丘を超えた後のヘアピン手前から降車。そこからダッシュしてやり過ごす作戦。体制を崩した先行者にフロントホイールを踏まれたが、とりあえず大丈夫そう。資材置き場まででおおよそ混戦が落ち着いてきた感じか。

44216954_2208730536040945_9037476673938784256_o
Photo by Tomoaki Hori

Lap2へ。GARMINのラップボタンを押すくらいの冷静さを保っていた。視界に2人の選手がいることを確認。2列目スタートのFLのパイセンを確認。ホームストレートで差を縮めてサンドエリアに入る頃にテールトゥノーズに。サンドエリアにはおおよそ3本のラインがあったが運悪く重なってしまう。階段の駆け上がりではこちらに分があると信じてプッシュ。

44083894_2208734469373885_2825561664374439936_o
Photo by Tomoaki Hori

2人パスしたと思ったらスラローム区間で夏草の選手にパスされる。BMXエリアでなんとか追いついて木立エリアの降車ダッシュで抜き返すが、資材置き場エリアで自足の差が出て前へ。もう追いつけそうにない感じ。

IMG_2751
Photo by Takeo Usui

ダッシュで疲れているところをパイセンにも前へ行かれてしまう。チームメイトにディーゼル機関と称される安定したパワーで、一度頑張って抜いてもかならず差し返してくるしつこさ・・・それに引き換えココで追いきれない自分の弱さよ。

IMG_2748
Photo by Takeo Usui

どうも資材置き場で引き離される感じ。そのまま抜きどころなくゴールなので、その手前で前に出ないと勝てそうにない。なんとかジリジリと差を埋めたいところだけど見えてはいるが埋まらない。

分岐ポイントは全4周のうち最初と最後はバリアへ。2と3は体力温存で乗車の方にした。この判断は間違いなかった気がするけど、アドバンテージを考えれば単独気味でも全部バリアで行く勇気な。

44043484_344888789596732_124349228888621056_n
Photo by FLR増田さん

ラストラップの木立を過ぎて資材置き場に入る時点でFLのパイセンにはちょっと追いつかない感じ。後ろを振り返るとちょっと離れたところに追いかけてくる選手あり。後ろを気にするとやられるので、無理を承知で前を追う姿勢は変えずにプッシュ、プッシュ、プッシュ。

44023664_2208740059373326_465914324238467072_o
後ろに近く選手あり。この時は気が付いていなかった Photo by Tomoaki Hori

44074929_2208742482706417_6436457381562941440_o
Photo by Tomoaki Hori

なんとかそのまま逃げ切ってゴール。咳がでたところでレース前に喘息の薬を服用しなかったことに気がつく。



リザルト:10位/38人出走 26%
Lap1
Lap2
Lap3
Lap4
合計タイム 26:15.8 (+1:47)

Good!
・降車区間の処理
・ラップタイムの安定

Bad
・安定しないコーナーワーク
・パワー系の直線区間での落ち込み

コース各所の声援もあって安定したペースで走ることができました。昨年までは最初と最後だけ、中だるみするのが特徴でしたが、今期はそれがありません。手元の測定では7:18、6:28、6:38、6:30で1stラップが後方スタートでなければ単純計算だとかなりタイムが削れるイメージ。

後半の集中力が途切れたあたりでコーナーワークーが雑になりムラが出てくる印象。変に前の選手に近くなり過ぎないでスムーズに処理して立ち上がり重視にするなど、戦略的なアプローチが必要か。

舗装路など転がりが良いストレートではスピードに乗せられるが、今回の資材置き場のような場所では息切れしてしまう。課題ではあるがすぐには改善しないので、他で細かく稼ぐしかない。

44043508_1686926154753100_8655736050775228416_o
Photo by Yasuhiro Nakashima

会場ではいつにも増して色々な方から声をかけてもらって楽しい時間を過ごせました。ありがとうございます。
次は幕張2連戦です。




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

前橋CX前夜

2018年10月14日 00:00

さて、明日は前橋CXです。茨城CXを2戦消化して前橋へ乗り込むスケジュールはもう3年目。(昨年の前橋CXレポート

IMG_2333
Photo by GTI_Fb

降り続いた雨でコンディションはCXらしいマッド。テクニカルな部分はディスマウントしてランを選択して、そこではアドバンテージを得たが、息が上がってしまいストレートで抜かれる悪循環を繰り返し結果は57%と散々なものに。この日の泥水でBBベアリングはダメになるし散々な思い出。昨シーズン前半は特に体力的に底だったので特にね・・・。

今シーズンはM3へカテゴリーチェンジして昨年よりは自身のコンディションも整っています。スタート位置はかなり後方ですが、ディスマウントとランを積極的に使って前に出る昨年と同じ作戦で。そこからどうやってストレートで踏ん張れるかが課題ですね。脚も心肺もキツイ状況でどれだけ我慢してプッシュできるか。その後スラローム区間でどれだけ回復できるか。インターバル能力が試される時。

43604494_1889417314687821_5162404046723612672_o
Photo by Takashi Saito

M2とM3、L2が一斉にスタートなので競い合う相手はどこにでもいそうな感じ。気負わずに前走者をパスする練習だと思って、スターライトクロスに繋げられたらいいと思っています。




ssalebaner.jpg

Zwift 93〜96

2018年10月13日 08:00

Zwift環境を再構築して2回目。茨城CX#2に向けて脚に刺激を入れておこうとワークアウトを選んでいたらはじめて見るメニューが。離れていた間にワークアウトメニューがかなり充実されたらしい。短い時間のメニューが増えるのはCXerには嬉しいところ。短い時間のメニューはそれだけ負荷も高いって事。

93 Emily's Short Mix
女性トライスリートが関わっているメニューらしい。構成は・・・

emsmix.png

ウォームアップ 3分
85% 3分
100% 1分
115% 1分
75% 1分30秒
85% 3分
100% 2分
115% 2分
75% 1分30秒
85% 3分
100% 3分
115% 3分
クールダウン 3分

ウォームアップ3分と比較的短いのが好印象。その後FTP85%、100%、115%を1セットとして3セット行う。100%、115%が1分、2分、3分と後半にキツくなっていくのがキモ。乳酸が溜まった脚に喝を入れる。3セット目はかなりキツかった。CXと同じ30分のメニューで特化したワークアウトをいろいろアレンジして作ればいいんだけど、なかなか鬼になれなくて(苦笑)とりあえずこいつを定期的にやってみようかな。

94 30min easy spin/Tabata
茨城CXの翌日は朝のランと夜のローラー。どちらもリカバリー的な感じ。最後にタバタをやったけど、タバタやりましたと言えるほど追い込めずに終わり。

95 SST(Short)
朝のランは休んじゃったけ分、夜はローラーでちょっとがんばる。体重の3倍に設定したFTPを元にSST。パーフェクトクリアできてるけど、175w要求のところ、165wとか範囲下限でどうにか走っている感じ。疲れているのか前回よりもダメでした。

96 Jon's Short Mix
FTPを高め設定してからはTRYしてなかったこの短いインターバルメニュー。Emily's Short Mixをやる勇気が出なくてこっちに逃げました(笑)ただネットなんかを見てるとコッチのが辛いって人もいて、あたり前ですがいわゆる脚質の違いで変わるもんですね。今回やってみたけど、やっぱりEmily's Short Mixの方が辛い。トレーニングとしてはEmily's Short Mixをやった方がいいって事か。

ただ終わると脚にくる感じ。寝る前に着圧ゲーターを履いて翌日しばらく歩くと脚もスッキリ。このサイクルを飽きずに続けられればいいのだけれどね。

ザムスト(ZAMST) ふくらはぎ コンプレッションアイテム LC-1ふくらはぎ ランニング バスケ Mサイズ 両足入り ブラック 375502
by カエレバ





ssalebaner.jpg

凄いグリップのバーテープ「凄グリ®」使用レポート

2018年10月12日 08:00

まずはロードに巻いてみた「凄グリ®️」と呼ばれるバーテープ。ポリウレタンに滑りを抑える効果のある素材を添加してつくられた素材で、すでに様々な分野で使われているそうです。

grip_ex.png
オーイソ株式会社Web Siteより

オーイソ株式会社のWeb Siteに掲載されている事例には釣り具メーカーのグリップ、グローブにも採用されているとありますね。主要納品先にはシマノの名前があるので・・・きっとそうなんでしょう。

まずロードに巻いて使って見たのですが、素手で乗ることが多いローラートレーニングにおいて、汗で手が滑るような状況でもバーテープが手に馴染み安心して乗っていられることが実感できました。

yellowgrip.jpg

もっと過酷な状況になるシクロクロスではどうか試してみます。今回ご提供いただいた凄グリ®️は自転車バーテープ用ではなかったため、長さが足りず、幅も少し狭く、裏に両面テープが貼ってありません。巻くのにちょっと悩みましたが、ブラケットの所で分割して巻きました。あまり変形しない程度に伸ばしながら巻くと裏面粘着テープがなくてもずれる感じはありません。ハンドル側にも凄グリ®️している感じ。

施工後の写真でワイヤーの凸がわかるように、かなり薄手なのでクッションがあるテープが好みの方には向いていないかもしれません。写真ではわかりませんが、テープが薄いのでブラケットのゴムカバーが浮いている感じになっているのはちょっと気になるかな。

yellow_sggrip.jpg
Photo by Keiji Kaneko

まずはマディな路面コンディションの時にテスト。小雨がパラつく時間帯もあり。基本的に写真の通りブラケット部分を持っているのでバーテープを触る事はあまりないのですが、長い直線ではドロップハンドルの下側部分へ握り変える事があります。その際に手が滑ると大きな落車に繋がる恐れがありますが、水で濡れていても滑りにくいのは安心感につながるでしょう。

43685133_1889370271359192_4582709858356166656_o
Photo by Takashi Saito

公式戦でも使用。バックストレートでは下ハンを握ってもがく場面もありました。この日はドライコンディションでしたが、雨や雪などのもっとハードなコンディションでは更にこの凄グリ®️の真価を発揮してくれる事でしょう。

今後どのような開発をされるのかはわかりませんが、もしかしたら他の前でひっそりと自転車のバーテープとして売られていたり、自転車のグローブに素材として採用されるのかもしれませんね。「凄グリ®️」名前だけでも覚えておいて下さい。




ssalebaner.jpg

茨城シクロクロス 第2戦 取手ラウンド(小貝川)CM3

2018年10月11日 13:49

今シーズンの2戦目は茨城シクロクロス第2戦取手ラウンドです。俺たちのホーム冒険ランドへ全国のCXerが集結するJCXシリーズの第1戦でUCI CLASS2のレースとなります。まぁ、そんなのはトップカテゴリーの話で、それ以外のカテゴリーには直接関係ありませんが、いつもはご年配のグランドゴルファーの方が多いこの地にたくさんのCXerが集まるのですから楽しくないわけがありません。

コースチェック
勝手知ったる冒険ランドですが、本大会の際にはいつも走行が禁止されているエリアも追加されます。特に舗装区間となるバックストレートの長さはかなりのもので、そこで踏めなければ良い成績は残せません。普段はテクニカルな冒険ランドエリアもコース幅をしっかりと確保する関係もあってアベレージスピードが上がっています。普段のレイアウトと似ていますが、コースを感覚的に体で覚えているローカルにとってはちょっとしたコーナーの大きさの違いでも戸惑うことが多く集中力が途切れる後半は特に注意しなければなりません。
前日季節外れの夏日を記録し完全なドライ。秋晴れの予報だったが雲が多く、予想よりも涼しいがTシャツと短パンで問題ないくらいの気温。シクロクロスを行うには問題なし。

作戦と目標
冒険ランド内はなかなかパッシングポイントはないのでとにかくスムーズに。舗装路など直線は踏まなきゃ死を意味するのでとにかく早めにスピードをあげて下ハンで巡航する。前回獲得したポイントがあったので2列目スタートと良いポジションを確保。無難にスタートしてシングル順位を目指す。

バイク
IMG_2369
狙った訳ではないが、成り行きで使ってる黄色いバーテープがLOTUSっぽくて気に入っている

30分と短い試走時間で決めなければならないが、タイヤは前後チャレンジのシケイン(WO)で空気圧についてはフロントは1.8、リアは2.0とした。舗装路の転がりを考えて空気圧を高めることも考えたが、ポニー広場付近の泥コーナーが気になって空気圧はこれ以上高くするのはテクニック的に危険と判断。

今回はオンボードカメラで撮影するのが大きな違いか。レース後の記憶が曖昧な部分を保管してくれるだろうし、一緒のカテゴリーで走る皆さんのちょっとした楽しみになればいいな。まさかこのカメラがレースに影響を及ぼすとは・・・

CM3
召集が始まり2列目の中央に並ぶ。並んで気が付いたがスタートのギヤを決めてなかったことに気がついて適当にギヤを落とした。この行動を見てギヤを変えてた人もいたしまだシーズン初めって感じ(笑)CM2と混走で30秒後にスタート。CM2がスタートする頃にカメラのRECボタンを押したが反応したのかわからず・・・画面に赤文字でタイムが表示されるはずだがよく見えない(目が悪い)他にREC状態なのか確認できる術を理解してなくて潔く諦めてスタートポジションに。

43500591_1857036751048478_6269480434757795840_o
Photo by Kazutaka Inoue

しかし、そんな集中できていない状態ではやっぱりダメでクリートのキャッチを失敗。得意のスタートダッシュを決めることができなかった。だいぶ左右から飲み込まれてしまったが気を取り直して1コーナーへ。10〜15番手くらいで最初のヘアピンをクリア。遅れを取り戻せてまずは一安心。斜めに冒険ランドへ侵入しいて小山を2つ超える。この2つ目の頂上でカーブするあたりで渋滞になるのは予想できていたので10番手くらいで飛び込みたかった。

43349964_2226496067569277_1454683540296826880_n
Photo by ドンマイ

降車を選択するほど渋滞する前にクリアすることができて、次のキャンバーからのヘアピン。ここも渋滞ポイントで注意するポイントだと認識していた。ヘアピンの登り返しで落車発生。自転車が横になってコースを塞いでいる。レコードラインを通れると判断したが起き上がるアクションを察知して避けたがそのままこちらも落車してしまった。

43378267_1914566585296429_803322801778851840_o
Photo by Atsushi Miyahara

リカバリーをそんなに時間はかからなかったがうまくクリアできた数名にパスされる。冒険ランド内はスムーズにと決めていたが、先行者に付いていくと前が逃げていく感じだったので、ちょっと無理してでも抜こうと判断。でもこれがやっぱり難しく。染み付いた冒険ランド内のコーナーワークが邪魔をした。

43450083_2226496160902601_8355761305595936768_n
インに差し込んでこのまま加速すればパスできたのに・・・ Photo by ドンマイ

いつもの癖でコーナーリングスピードを減速、左に切り込もうとアクションをしているのがわかる(オンボード動画)。普通にスムーズにコーナー抜ければココでパスしていただろうに。その後冒険ランドから一度舗装路にドロップオフで林間部分に入る前にパス。

思ったより前の集団が逃げてはいなかったので一安心。ポニー区間でなるべく差を詰めてバックストレートで追いつこうと決めてプッシュ。バックストレートでこれで終わる勢いでダンシングしたけど、周りもめっちゃプッシュしているからなかなか追いつかない。なんとかバックストレートで3人をパス。その後のことなんか考えずに前を追いかけることに集中。写真見ると結構張り付かれていたみたいで危なかったな。

43610560_1933170436765833_3974197276951183360_o
Photo by Harumi Yoshiwara

バックストレートでパスしたひろさとさんにしばらく張り付かれてたことを写真で知る。油断できないぜ。

43371218_1914566691963085_4041342347525488640_o
Photo by Atsushi Miyahara

ここまで読んでいただいて気がついていると思いますが、結局オンボードカメラはしっかり録画されていて、記憶の補完をしてくれています。1周目の展開は覚えていましたが、2周目はあまり記憶になく、抜いたことは覚えていても、抜かれたことって忘れているんですね。すごい勢いで抜いていく大きな番号の選手は後方スタートでここまで上がってきた選手だから「速い人認定」して気にしないフィルターがかかっているのかもしれません。抜いたり抜かれたりとしながらもとにかく前方に見える集団に追いつこうって思える調子の良さがありました。

43565412_1933171003432443_3809407512176754688_o.jpg
Photo by Harumi Yoshiwara

1周7分くらいなので、普通に考えたら4周で争うはずですが、例年朝一レースは結構タイムを短縮されることが多く(集団のタイム差が激しいことが理由)恐らく3周だろうと思っていましたが、予想通り2周目を終えてラストラップのジャンが鳴ります。

ibarakicx_gogogo.jpg
Photo by Yasuhiro Nakashima

3周目に入る時のも10mくらい離れて2人パックがいるのを確認。あそこのトップになろうとプッシュします。

43685133_1889370271359192_4582709858356166656_o
Photo by Takashi Saito

順位とかはさっぱりわかってなかったし、そんな事は考えてなくて、とにかく前を追うことだけに集中できてた。ジャージを見て2人とも前回のレースで同じくらいを走っていた選手だと認識。更にその前を追う事を考えていたので冒険ランドで早めに仕掛けたいとタイミングを測る。そしてココだってところでアタック。ゆるいアールの高速左コーナーで前に出るつもりが・・・この日はS字侵入のキツイ左コーナーでした。インを塞いだ形になってしまい接触。「ゴメンナサイ!」と謝りながらペダルを踏みます。落車にならなくてよかった。結局この日2回冒険ランドの癖が邪魔しました。

前を追うが林間セクションで離され、更に後ろから抜かれる。バックストレートの立ち上がりでも置いていかれて苦しい展開。ここまでだいぶ無理してきたのでなかなか追いつけない。ひとり選手をパスしてシケイン(バリア)へ。いつもは得意なシケインですが、このスピードが落ちた状態のバリア超えは差が付かないのでアドバンテージにならないどころか、バックストレーとで無理しているのでクリートキャッチが毎回うまくいかなかった。この隙に先ほど抜いた選手に抜かれてしまう。(あとで確認したらCM2の選手で順位には影響なかったみたい)それでもピット前で抜き返したがその前の選手は遠く・・・後ろを振り返って誰もいないことを確認したけど、一応スプリントでゴール。

43706418_1889435554685997_7601666620099919872_o
Photo by Takashi Saito

写真見たら死角にFLの先輩が迫ってました・・・スプリントしなかったらやられてましたよ。(ゴール動画)
ゴール後に冒険ランド内での接触を詫びて握手。前回レースでも良い感じに絡んでバトルできて良い目標になっています。またよろしくお願いします。



リザルト:8位/56人出走 14% (22pt)
Lap1 7:03.8
Lap2 6:55.9
Lap3 6:51.2
合計タイム 20:50.9 (+0:29)

Good!
・ラップタイムが尻上がり
・プラン通りの走りができた
・シングル順位

Bad
・スタートルーティーンの失敗(ギヤ選択、カメラ準備、サイコンの設定、クリートキャッチ)
・バックストレートに入る立ち上がりなどでかなり離されてしまう

Attack!299に向けて行ったダイエットが功を奏したのか、パワートレやインターバルトレをほぼやっていないのにも関わらず調子は良い。いつも上位カテゴリーの人と走っているから気がつかなかったけどもしかしたら自分史上最強じゃない?って思いながらC4のラップタイム見たら昨年のライバル達より・・・まぁ、楽しめているからいいよね。順位もさることながら、トップとのタイム差が30秒以内ってのが嬉しいポイント。これはやる気出ちゃうな。

43372278_1114284585401505_4310582229425192960_o
Photo by 薄井猛生

オンボードを見て改めて気になっているのがバックストレートの立ち上がり。かなり前者に離されている。一瞬の出力立ち上がりの踏み始めをもっと意識して早くしないとダメっぽい。長いストレートのおかげで追いつけたけど無駄な力を使っているわけだし、ストレートが短い場合は勝負にならない。

次戦は来週の前橋CXです。シングル順位の常連とレースの中のレース(CX老人会内抗争)を目指して楽しむぞ。




ssalebaner.jpg



最新記事