機材の予備

2019年11月29日 08:00

シクロクロスに参加するときに何を持っていくか?これからはじめようって方向けに「【2019】シクロクロスをはじめたいあなたへ(機材編)」って記事も書きましたが、これ以外にできればトラブルを想定したバックアップ体制が必要になる。基本は予備を持っていくこと。RDやディレイラーハンガーとかチェーンなどの部品はもちろん、ジャージやグローブ、シューズなんかも予備があると安心だ。

IMG_1566.jpg
Photo by Uzzy

予備は壊れた時のバックアップだけではない。雨などの悪天候によりレースがマッドコンディションだった場合に試走だけで相当汚れる。予備がなければそのままレースに参加しなければならない。汗で冷え、雨で冷え、泥で冷え・・・見た目の悪さだけではなく、まともなコンディションでレースに臨ことが難しくなるだろう。

今年の野辺山がまさにこれ。野辺山らしい泥々のコンディションで自転車もウェアもすぐに泥だらけになった。それは分かっていたのでウェアもシューズも全て2セット持参して対応。

個人的なこだわりですが、試走の時はビブではなく、タイツが好き。朝試走のために自宅から履いていっても途中のコンビニやSAなどですぐにトイレ(大)に行けるので。

話が少し逸れました。

ウェア関係を2セット準備したおかげで躊躇なく水たまりも泥も気にせずに有効なラインを探すためにトライし続けられた訳。

mud_nw.jpg
参考:Northwave Hammer CX 購入時レビュー

もちろんシューズも2足持参。試走でNorthwave Hammer CXでレース本番ではGIRO EMPIRE VR90に履き替える予定でした。しかし、結局試走もレースもNorthwave Hammer CXで済ませました。やっぱりこのシューズは良いです。最悪のコンディションでもシューズ内を濡らさないネオプレン製のアンクルカバー。試走後靴を脱いだたソックスは全く湿っていませんでした。このネオプレン製アンクルカバーと踵のカップによる最高のフィット感。程よい剛性のナイロンソールによってラン多めのコースに対応しやすい。

シクロクロス シューズ

シンプルな3本ベルクロは壊れる心配はなく、ラチェットやダイヤルタイプに比べて掃除もしやすい。CXと名乗るだけあってまさにシクロクロスに向いたシューズです。これだけ持ち上げていますが、残念ながらすでに廃盤。ネオプレン製アンクルカバーは新型に引き継がれていますが、固定方法がBoaダイヤルになってしまいました。もう1足買っておくべきだったと後悔。

giroiceb.jpeg

レース用に考えていたエンパイアも泥で汚れた際に掃除がしやすい構造で、ビブラムソールのグリップも良いのですが、ランが多めのコースでは踵が浮く感じもあって具合が良くありません。逆に乗車でほぼクリアできるコースであれば高剛性カーボンソールが良い仕事をしてくれると思うのですが。

元々シクロクロスは自転車2台で参加するのが前提の競技。予備が当たり前の機材スポーツ。そんな訳で全部2セット持って行けば安心って話と、キャラクターの違うシューズを使い分けるのも有効でかもよって話でした。

ブラックフライデーで散財しますか?



ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



それ喘息ではありませんか? 5

2019年11月28日 08:00

1月の記事「それ喘息ではありませんか? 4.html」で詳しく説明していますが、運動誘発性喘息の対処にシムビコートという薬を使い始めました。

シムビコートなら禁止薬物でもなく、申請も必要がないそうなので変更をしました。完全にリーガルな喘息薬です(もちろん用法用量を正しくも守ればね)。メプチンエアーで喘息発作が抑えられていれば変更しなかったかもしれませんが、そうでもなかったので他の薬を試したかったんですよね。シムビコートはメプチンエアーのように発作が起きてからそれを抑えるためにも使えるし、普段から喘息発作が起きないように朝晩定期的に使うこともできます。今まではレルベアとメプチンエアーの2つを使っていましたが、それがシムビコートだけでOKなのは助かります。



smbcort.jpg

昨シーズン中は薬をどの程度使えば、喘息が抑えられるのか把握していませんでした。発作が出ると・・・

発作が始まると、まず咳が止まらなくなります。呼吸が浅くなり酸欠のような症状で頭痛が。そのまま咳を続けていると腹筋(横隔膜?)が攣ります。お腹の中をぎゅーっと握られている感じですね。どこをどうやって伸ばせば楽になるのかわからずにうずくまってしまいます。ベッドに入っても眠れずに疲労がたまるのも困りますね。


私がゴール後に倒れ込んで咳き込んでいる姿を想像できる人も多いでしょう。レース中から気道が狭くなり呼吸困難になり、刺激で咳が出る。咳によりお腹が攣り、帰りの車の運転も困難だった時もありました。咳が収まるのに1週間は必要で、その間自転車にも乗れないのでコンディションは下がる一方。シクロクロスを諦めることを考えました。

25330979587_c2386ec16e_c.jpg
レース後喘息でお腹が攣って倒れる Photo by Hiroki Hisano

今までは・・・
普段の生活では喘息にはならず、乾燥している冷たい空気を口からたくさん吸い込むことで刺激されて喘息になります。ですから、普段からシムビコートを吸引することはなく、運動する前に吸い込むだけでした。

今シーズンから・・・
前日の朝と晩に各2吸引、走る日の朝も2吸引するようにしたのですが・・・この方法で3レース共喘息になっていません!幕張は暖かかったし、涸沼も霧が出るほど湿気があり、野辺山も比較的例年より暖かく湿気があり、喘息には優しい条件ではありましたが、発作が1度も出ていないことは快挙です。

シムビコートにおけるSMART療法
1日2回投与の定期吸入に加えて頓用吸入する治療法(SMART療法)では、発作発現時に1吸入し、数分経過しても発作が持続する場合には、追加で1吸入することが可能である。1回の発作発現につき最大は6吸入までとされている。(合計8吸入)

普段のランニングなどでは喘息発作になるほどの口呼吸はしないので問題はおきません。よって、シクロクロスレースやそれに準ずるトレーニングを行う前日からSMART療法をすれば喘息発作を抑えられることがわかりました。ここにたどり着くまでに5年・・・長かった・・・。今後、気温や乾燥の具合などで投薬量を調整することが必要になり、何度か失敗をしつつ頃合いを見定められるようになるでしょう。それでも希望が見えた事は私にとって大きな前進です。

IMG_1537.jpg
Photo by Takashi Saito

レース後に出し切った充実感に包まれて笑顔でライバルと称え合うこと。こんな幸せな時間はなかなかありません。喘息発作に怯えずにシクロクロスを楽しめていること・・・西洋医学へ感謝ですね。私のように喘息に悩んでいる方。現在はここまで酷くなく「クロス咳ですかねーw」なんて軽く考えている方も。参考になれば幸いです。




ssalebaner.jpg

ただのCXレースではない存在

2019年11月27日 20:00

今シーズンも野辺山に帰ってきた。自宅から距離にして約220キロ。金曜日の仕事を早めに切り上げて、なるべく早くベッドに入る。2時のめざましで飛び起きて一路約束の地へ。今年で5年連続5回目の参加となったRapha Super Cross NOBEYAMA。妻と二人で参加する恒例行事となっているが、今年はそこに1匹が加わった。

dogstand.jpg
Photo by Inori Noguchi

10回目を迎えたRapha Super Cross NOBEYAMAは昨年までの2日間のシクロクロスレースイベントから、1日シクロクロス、2日目はグラベルレースイベントへと変貌を遂げた。世界的に盛り上がりを見せるグラベルイベント。サポートするプロツアーチームもダーティーカンザなどへ積極的に参加している背景もあり、この変化は必然なのかもしれない。毎年この地を訪れるのに、ほとんどの参加者が、ほぼ滝沢牧場だけで完結し、雄大な景色を背景にだけしておくには勿体ないと感じていたはずだ。時代の流れとRaphaの方針、参加者の潜在的な欲求が見事に結実したようなイベント。心配された天気も終わってみれば途中から快晴となり大成功に終わったようだ・・・終わったようだ・・・と感想を書かなくてはいけないのがとても微妙なところだけれど。

doro_cowbell.jpeg

これまで野辺山で開催されていたシクロクロスは、2日間同じ場所で開催される日本で一番のシクロクロスレース。多くのCXerが野辺山は特別って共通認識があると思う。だから地元から遠くて日帰りでは参加は無理でも、宿泊を前提で参加する。JCXポイントを争うようなシリアスレーサーなら全国のシリーズを飛び回ると思うが、そうじゃない私のようなファンレーサーにとって宿泊まで決意させるのはそれなりに付加価値や後押しが必要で、その価値観は人それぞれだろう。多くのファンレーサーが「野辺山は宿泊してでも参加したい」と認識しているのは凄いこと。

いわば野辺山で開催されるシクロクロスはただのレースではなくシクロクロスのフェスなんだと思う。

宿泊すれば2日間2レース十二分に楽しめる。お祭りの会場は前日と同じ滝沢牧場で、ロケーションも非日常的で牧歌的な雰囲気もよく、地元の出展ブース、フードも素晴らしい。帯同してくれた家族をそれほど退屈させることもなく安心だ。

dogrun_takizawa.jpeg

そんな風に捉えていたので、今年の初日CXレース、翌日グラベルレースは意欲的な取り組みで流石Rapha(中の人!)だと素直に驚いたのと同時に、妻と愛犬を連れて両方参加するのは難しいと思ってしまった。(グラベルサイクリング中放置することへの罪悪感)宿泊してグラベルに参加せずに家族で他のレジャーを検討するのも、また楽しみが広がるだろう。前泊や後泊してゆったり楽しむのもあり。今回はそれを選択せずに日帰りで慌ただく参加した。それでももちろん野辺山が特別なことには変わりはないのだけれど。

こんな事をぼんやり考えていたらシクロワイアードのレポート「 野辺山グラベルチャレンジ2019未舗装路で味わう大自然 高原の絶景を楽しんだ野辺山グラベルチャレンジ」 の最後に・・・

主催のラファジャパン代表・矢野大介さんによれば、今年は第1回目としてグラベルライドの楽しさをまずは知ってもらうことを考えての併催としたが、今後、いずれはシクロクロスレースとは別日に設定して、夏頃にグラベルイベント単独での開催を目指し、シクロクロスレースも元の2日間開催に戻すつもりだという。


やっぱり流石ですわ。集客力のあるイベントと併催でプロモーションして次回は単独開催の流れなんですね。いろいろモヤモヤ考えちゃったりして、一本取られた感じ。

IMG_1537.jpg
Photo by Takashi Saito

心配するのは自分の衰えとお腹の肉だけでいいみたい。また来年、ココに戻ってこられるようにサイクリングを楽しもうと思います。関わった全てのみなさま、ありがとうございました。



ssalebaner.jpg

OGK Kabuto 301D シクロクロスレースで使ったよ

2019年11月26日 20:00

矯正レンズ入れたOGK Kabuto 301D。出来上がったのが野辺山シクロクロス(Rapha Super CZross NOBEYAMA)を3日後に控えた平日。ぶっつけ本番でシクロクロスレースで着用しました。

rayban_ogkkabuto301.jpeg
左:OGK KABUTO 301D 右:Rayban

受け取った直後は度が強すぎたかと心配しましたが、普段遣いのメガネから架け替えても違和感なし。これなら問題なく使えそう。

nobeyamaride.jpg
Photo by Takashi Saito

試走とレースで合計1時間くらい使ったのかな。泥を被り、落車あり、バイクを担いでのランあり・・・CXで起きうる様々なシチュエーションでテストができました。結果・・・これまで何年も着用していたかのように、何も感じませんでした。不安だったフィットの甘さも感じなかったし、風の巻き込みによるアレルギー反応(涙目)にもなりませんでした。

一言で表すとすれば「問題なし。」

新調したアイウェアの事なんて一切忘れてレースに没頭できたって事。明らかに泥のラインや木の根など一瞬で判別しなければいけない路面コンディションを視認できていたと思います。曇天だったのでクリアレンズであった事も功を奏しました。

mudface.jpeg
Photo by Toshiki Sato

一つ気になっていた可動式のノーズパッド。意図せず動いてしまいフィッティングが狂うのが嫌なので、OAKLEYのように大小の部品があるくらいの方が好みです。過去に使っていたzerorh+のステルスのようにすぐに動いてしまう華奢なタイプではないので問題は出ていません。

そんな訳で実売価格15千円で作った自転車用アイウェアとしてかなりオススメできます。スポーツ用のサングラスで安いものもあると思いますが、自転車に必要とされる巻き込み風に対応している商品は少ないはず。マラソン用とかゴルフ用で売っているものは風が巻き込み自転車には使えません。快晴用に濃い色のレンズやサイクリングなどでマルチに使える調光レンズを入れて作ろうと思います。

送料無料 OGK KABUTO(オージーケーカブト) アイウェア 301D フローズングレー/防曇ライトスモーク
by カエレバ





ssalebaner.jpg

2019-2020 Rapha Super Cross NOBEYAMA CM3

2019年11月25日 20:00

今年で開催10年目を数えるRapha Super Cross NOBEYAMA。私自身の参加は5年連続5回目。妻と泊まりで参加する家族イベントになっています。今年からCXレース自体は土曜日のみの開催となり、翌日には立地を生かしたグラベルサイクリング(レース?)が組み込まれました。雄大な八ヶ岳を眺めながら、このバイクトリップを滝沢牧場だけで終わらせてしまうのは勿体ないと感じていたサイクリストにとっては朗報でした。もちろん私もその中の一人。グラベルチャレンジ参加を検討していましたが、新しい家族(フラットコーテッドレトリーバーのリンダ)との兼ね合いもあり、残念ながら今年は見送りました。翌日は晴れて最高の1日になったようですね。

IMG_1379.jpeg
リンダが後部座席を占有するので積載量が足りない自体に

アクセス
自宅を3時に出発。圏央道、関越道、上信越道を経て滝沢牧場まで220km。6時過ぎに現地に到着。すでにP2は埋まっていてP3(コース奥)に誘導される。駐車場入口を間違い、畑の中に入るアクシデントもありましたが、スタッドレスタイヤと4輪駆動のおかげで事なきを得ました。佐久辺りから妻が運転してくれたので1時間ほど眠れたのは大きかったな。

コースチェック
基本的には例年通り。野辺山名物となった溝越えは私の参加するカテゴリーには使われません。前日までの雨でコースは野辺山らしい重い泥。ピット前の畑は朝の試走の段階では乗車は不可能。CM3の前に3レースほどあるのでそこで走行ラインが形成されるかがポイント。泥エリアでは自転車を転がすとタイヤに泥がまとわりつき重くなるので担いで走る事を言い聞かせる。

作戦と目標
例年後列スタートなのだが、なぜか今年は2列目。ただフィットネスレベルは最低なので上げすぎず、イーブンペースで乗り切る。舗装路の登りは休まないでしっかり追い込む事。メインエリアの芝区間は他者のラインに惑わされず、ワイドになってもいいからグリップする場所を選んでスムースに。これくらいで、今思えば全く集中してなかったな。

機材
raijzincx_nobeyama.jpeg

これといって特別なことはない。タイヤはFMBスラローム(TU)で空気圧は2barくらいから走りながら適当に下げた。ちょっと高め過ぎな気もしたが、不安地な路面でグリップを求めるよりも段差でパンクしない方向に振った。

ウェアは裏起毛のワンピしか持ってこなかったが、この気温なら薄手の方が良かったかも。シューズは今年から投入したGiroの紐靴ではなく、ノースウェーブのハンマーCX。ウィットスーツ素材でできたシューズインナーのおかげで泥が靴に入らず冷たくならないので快適。試走で使い汚れるから、履き替える予定だったが、感触が良いのでそのまま使った。



試走で泥々になったのでレース前に洗車が必要になるが、野辺山は洗車機が準備されているので助かります。自分で持ってきた水、バケツなどの洗車道具で大まかな泥を落としてから洗車機へ。並んでいる人と同意した意見ですが、余りにも時間をかけて洗う人が多い印象。そのまま床の間に飾るわけじゃないんだから要点を絞って手早くやりましょう。

CM3 レースレポート
昨年は完全に混走でしたが、今年はCM2との1分時差スタートで別表彰。55人以上出走なので昇格は・・・今年は緩くなったのは確認していますが、ノーチャンスなので詳細は知りません(笑)

cm3startnobe.jpg
Photo by Shinya Yoshiwara

前のレースで何かあったらしく、スタート前の静けさの中、救急車のサイレンが響く。「不吉だなぁ」と思わず漏れた言葉に笑みが浮かぶ。

スタートの反応は上々。前列に合わせて余裕を持って踏む。観戦していたC3では1コーナーで激しいスリップからの落車を見ていたので慎重に。左前の選手がブレーキングでロックしてスリップしたのでそれを避ける準備をするくらい冷静に。(オンボード動画に映ってたよ。)1コーナーを立ち上がり舗装路から左に曲がってインフィールドへ。アウト一杯に使って曲がりゴール地点へ。この辺までかな予定通りだったのは(苦笑)

IMG_1101.jpeg

もう最初の畑の泥区間で降車してランでズブズブと沈み、かなりたくさん抜かれました。脚が重く、今日もダメだと悟ります。なんとか畑区間をクリア。応援している妻とリンダに探し見つけるくらい集中できてなかったな。

IMG_1106.jpeg

バギーコース手前で今シーズン初レースに重田さんに抜かれる。それでもなんだかぼーっとしていてなんでもないコーナーで落車。そんなピンチの時に後ろからやってきて声をかけてくれる小野さん。これ全く昨年と同じやつだ(笑)小野さんの後ろでペースを作ってもらってバギーコース終盤で追い抜き前へ。

IMG_1114.jpeg

スプリントをする余裕はないので、前の選手にジワリジワリと近づき、コーナーワークで抜く作戦。これではダメなんだけど、現状これしかできない。

IMG_1524.jpg
Photo by Shinya Yoshiwara

フライオーバーで重田さんに追いつく。ココで抜こうと思ったがラインが交錯して危ないのでジッと機会を待ち舗装路に出る手前でパスできた。

Lap2に入る。残り2周。どのようにコースを走るかもう一度暗唱。試走ではどうするか曖昧だった畑区間はできるだけ乗車しようと決めた。ランの方が早いかもしれないが、その後息が上がって回復できないのでできるだけ乗車にする。一か八かだったが、なんとか7割くらいは乗れたと思う。最後のくねくねは諦めて降車した。基本的には後ろを振り返ることはない。こうやって撮ってもらった写真を見返すと思ったより重田さんとの距離が離れていなかった。

haigo.jpg
Photo by Shinya Yoshiwara

朝の試走から3レースを終えてコースのコンディションは変わっていた。特にフライオーバー前の林間区間。泥が重くヘアピンの立ち上がりで消耗する。また小さなドロップオフで地面がえぐれてしまい気をつけないと前転しそうな場所もあった。

IMG_1543.jpg
Photo by Takashi Saito

試走で何も問題がなかった、フードコート(テント)へ入るスロープやフライオーバー手前林間にある階段などは疲労によりバイクコントロールが雑になってしまいLap2ではどちらも落車などのトラブル。

IMG_1538.jpg
IMG_1540.jpg
IMG_1539.jpg
Photo by Takashi Saito

決定的瞬間!何が悪かったか落車になる瞬間(1枚目)で理解したが、Lap3ではディスマウントしようと決めた。

lastlap.jpg
Photo by Takashi Saito

ラストラップへ。これまでに決めたプランを実行。Lap2と同じように畑の泥区間は乗車でクリアする。良い感じでバイクをコントロールできて早くはないが確実に泥スラロームをしていると・・・そこにバイクを担いで重田さんがやってきた。心は折れかけましたが、まだゴールまでテクニカルな区間が残っている。体力で負けてもテクで勝てると信じてココは我慢。

バリア越え
Photo by Shinya Yoshiwara

畑からバギーコースまででかなり離されたけど、フードコート手前でロックオン。リマウントのタイミングでパス。あとはもう逃げるだけ。

IMG_1513.jpg
Photo by Inori Noguchi

試走の2周とレースの2周。この経験と抜いていったCM2の選手?のラインを参考にしながら最適なラインを丁寧に狙う・・・気持ちはね。フライオーバーでオーバーランしそうになるなどわちゃわちゃしつつ、前の選手に逃げられたけど(CM2の選手だったみたい)最後は踏み切ってゴール。

goalnobeyama.jpg
Photo by Takashi Saito

リザルト:16位/55人出走 29%
Lap1 12:35
Lap2 11:27
Lap3 11:28
合計タイム 35:40(+5:11)

Good!
・レースを楽しめた
・喘息発作や坐骨神経痛などの症状が出なかった

Bad
・試走を含めてレースに集中できなかった

レースまで時間があるとドッグランで遊んでいたら招集ギリギリになってしまいちょっと焦った。タイヤの空気圧決定も含めて全てが適当。コンディションが上がっていないからと、そこまで適当になっちゃダメだよね。参加するからにはその現状で最善を尽くそう。皆さんの声援、一緒に走ってくれている選手、後から振り返られ写真・・・全てのアシストで楽しく走ることができました。やっぱ野辺山最高だな。できれば2日間参加しいてフェスを楽しみたいね。



宇都宮CXに後ろ髪を引かれつつ・・・これにて2019年のCXレースは終わり。年明けに向けてもう少しコンディションをあげられるように努力しようと思います。




ssalebaner.jpg



最新記事