越後長岡チャレンジサイクリング2019

2019年06月24日 20:00

越後長岡チャレンジサイクリング2019に参加してきました。参加のキッカケは、昨年のブログ記事でも書いていますが、たまたまサイクリングイベントの日のこの地へ訪れ、そのイベントを知ります。父の故郷が開催場所のすぐ近くで、幼い頃から盆と正月に帰省していたものの、周辺地域についてあまり知る事がなかった私。そこでサイクリングコースで回ることにより理解を深めたいと思ったのです。

バイク選択
surlypacer_190622.jpg
SURLY PACERにも乗りたかったしね

まだ組んだばかりで、江戸川のダートを走っただけのサーリーで参加する計画はエントリー時から持っていました。メインコースの距離は100キロですが、獲得標高は2,000m以上と過酷なコースプロフィールにヒルクライムが苦手な平地の民として、なるべく軽量なバイクで参加するのがベターだとは思いますが、別にレースじゃないし、トレーニングも含めて苦しもうと思いました。

バイク選択に関して先に答えてしまいますが、重たいクロモリバイクでの参加は、軽いギヤ比の助けもあって問題はそれほどありませんでした。いや、走っているときは「カーボンで来ればよかった」と何度も思ったのも事実ですが(苦笑)それよりも問題はまだ馴染んでいないブルックスのレザーサドルね。平地なら問題ないのですが、登坂時の前傾ポジションでデリケートゾーンがかなり痺れています。サドル位置調整も含めて、このイベント前に筑波山ヒルクライム練を予定していたのですが、それが雨で流れたのが痛かったですね。

装備的には雨上がりも考慮して変えチューブは2本携行。ポンプもロングタイプで準備OK。フロントライト、テールライトも準備したのですが、フロントのみ取り付けるのを忘れて会場へ行ってしまい、トンネルが何箇所かあって注意が必要でした。

イベント前日
前日受付で会場へ。かなりの大雨でブースを冷やかすこともなく、受付だけ済ませて退散。この日MTBイベントがあったようですが、ギリギリ雨の影響を受けずに走れたみたい。周辺の観光を少しして親戚の家へ。イベントのメイン会場となる長岡市営スキー場は親戚宅から3.8km。ここまでの道のりはバッチリ慣れています。真冬に来たこともあるしね

イベント当日
天気は曇り。スタート前から雨ならDNSを選択する予定でしたが、15時から雨の予報となっていました。普通にゴールできれば逃げられそう。終わってみれば途中小雨はありましたが、気温は上がらずに走りやすいコンディションでした。

この手のロングライドイベントは佐渡に参加したことがあります。エイドが充実していて、自分で準備する必要はありませんでした。しかし、今回も山岳イベントだしハンガーノックは命取りになります。一応、会場であんぱんを2つ購入。ジャージのポケットに突っ込みました。ボトルは2本で水とポカリ。

IMG_8637.jpeg

開会式前、スタート位置に並ぶ様に指示されました。結構遠い位置になってしまったのですが、 スピーカーの位置が適切ではなく、何を話しているのか全く聞こえません。重要な注意事項とかなければいいけどな。今回は1人参加だったので話し相手もなく、ただただ待っていました。

スタート
50人くらいですかね?並んでいた順に区切ってグループに分けてスタートします。完全な交通規制はしていませんが、警察や警備員の方が対向車を止めて自転車を優先して通してくれました。信号に止まったのは1回くらいじゃないかな。道は広く、舗装もしっかりと整備されていてかなり走りやすかったです。

ちょっと遅いかなって感じの集団で山に入るまではゆっくり進みました。山に入ってから自分のペースで走り続けることに集中。エイドに入っても補給(場合によってはトイレを済ませる)したらすぐに再スタート。

IMG_8638.jpeg

下りでも脚を止めずにペダルを回して、うまくその勢いで上がれるくらいのエリアはとても楽しく走れるのですが、ダラダラと続く長い登りはやっぱり苦手。TARMAC PROに比べてブレーキがプアーな事が気になったのですが、感覚を掴めば問題なし。TARMAC PROではブラケットからのブレーキ操作でコントロールできるけど、サーリーの場合は下ハンでブレーキレバーの握るとか、ブレーキングのタイミングを早めにするとかね。

50キロ過ぎ。涼しいこともあって、補給をあまり摂らずに走ってしまい、両足が攣る直前に。何か余計なムーブをしたらOUTな状況。一応買っておいたあんぱんをなんとか咀嚼し腹に入れて、ポカリを飲み、負荷をあまりかけずにペダンリング。この後に、この日最大の山場が来るなんて知る由もなく。

IMG_8642.jpeg

走っている間で唯一エイド以外で止まったのはこのダムのところ。コースプロフィールを確認しないで走っていたので、これがどこなのか全くわからず。

IMG_8646.jpeg

エイドで確認すると、この日1番の山場の途中にあったダムでした。この登り(60キロから70キロあたり)が長くて辛かったなぁ。ダンシングすると終わりそうなので、シッティングでやり過ごしました。このエイドでコース図を確認し、あと1つ山を越えれば終わりと認識。最後の山は長岡側から上がったことは5回くらいあると思うけど、栃尾側からははじめて。気を紛らわせる様に、同じくらいのペースで走っている人に「辛いですねー、がんばりましょう」「これで最後らしいですよ」と声をかけながら走ります。八方台を上がり、峠から長岡市街地が見えたときはガッツポーズでした。

tougewb.jpg
この写真は昨年撮影したもの

慣れ親しんだダウンヒルを快調に飛ばし、あとちょっとでゴールってところ。道路を横断するグレーチングをジャンプで超えたところでチェーン落ち。ごまかしながら下りつつ、ペダルを逆回転させたりしてたら入ってくれた。安心して最後の平地区間を踏みたいところだけど、また両脚が攣る直前になる。くるくる回してゴール。ガーミン調べて5時間24分くらいかかりました。移動時間は4時間52分なので、それでも合計30分は休んだんだな。

IMG_8647.jpeg

ゴールするとチケットがもらえます。内訳は栃尾名物の油揚と山古志汁の引換券と会場ブースで使える500円(100円x5)。500円の山古志牛串も美味しかった。

終わってみて
自転車に乗れていない体で、重たい自転車でどこまで走れるか?がひとつのポイントでしたが、思ったより走れたのが好材料。無理をしないペースで刻めばなんとかなりますね。この日の最高心拍が165bpmと、この数値からも心肺的には、極限まで追い込んでいないことがわかります。

バイクに関しては最初に書いた通り。TARMAC PROもこれと同じギヤ比にしておけば夏のあのイベントへの不安は少し解消されるかな。

今回、自転車で子供の頃から馴染みのある地域とその周辺を走りました。信号はなく、交通量は少なく、道は広くきれいでサイクリングをするには最高の場所ですね。これで避暑地なら最高なのですが、真夏は盆地特有の蒸し暑さが残念ですが。今回のサイクリングイベントを通じて知ったルートを分割して、今後楽しみたいと思います。

このイベントは10回目を迎えて一区切り。装いも新たに何かが始まる様です。期待して待ちましょう。また来るよ。




ssalebaner.jpg





スポンサーサイト

TOPEAK ROAD MASTER BLASTER

2019年06月22日 08:00

自転車に出掛けるのに携帯するアイテムは様々ですが、その中でもサイクリストを悩ませるモノと言えば空気入れではないでしょうか?

自転車携帯ツール

私も過去を振り返ると超小型のポンプ、CO2インフレーターの時代が一番長かったかな。現在ロードはパナレーサーのポンプをフレームにマウント、MTBはインフレーターも携帯しつつ、リュックにちょっと大きめのパナレーサーのポンプを入れていきます。サドルバッグに入れようと思うと大きさや性能が制限されて、いざパンクした時に時間がかかったり、空気が入れきれなかったりするのでそれを嫌った形です。

その考えからSURLY PACERにもフレームマウントの空気入れを取り付けることにしました。

TOPEAK ROAD MASTER BLASTER
topeak_longpump.jpeg

選んだのはトピークのロードマスターブラスター。太めのエアーボリュームの大きなタイヤを取り付けることが多いので、できるだけ1ストロークで空気の充填量が大きい方がいいと思いました。そこでボトルケージにマウントする小型のポンピは却下。スチールフレームの自転車らしい雰囲気も良いでしょう。

4種類のサイズからトップチューブの長さに合わせて選びます。スプリング力でガッチリ固定されますが、付属のベルクロを使ってもしもに備えます。フレームの色に合わせてカラーマッチングすると今っぽいんでしゅけど、このシルバー&グレーのいなたい感じも気分かな。

【20%OFF※】TOPEAK(トピーク) 携帯ポンプ ロード マスターブラスター ROAD MASTERBLASTER[PPM071]【160psi】【米式/仏式】【自転車用】【ポータブルポンプ】
by カエレバ

シルバー系サイコンマウント

2019年06月21日 20:00

組み上がって、ちょこっと乗り始めたSURLY PACER。ボトルケージくらいは手持ちのモノを取り付けましたが、あとはどこまでアクセサリーを取り付けるか悩むところ。サイクルコンピューターに関しても取り付けずにGARMINウォッチに任せていましたが、週末のサイクリングイベントに向けて取り付けることに。

LIXADA サイクルコンピュータ用ブラケット
cpmount.jpg
箱ボロボロw

せっかくハンドル周りをスッキリ仕上げたのにゴチャゴチャ取り付けるのは避けたかったのですが、なるべく目立たず雰囲気を壊さないようにセットしたいと思います。

早速取り付けます。マウント自体は31.8mm用ですが、シムが入っていて25.4mmにも使えるようになっています。この樹脂スペーサーの設計がイマイチで残念な感じですが、とりあえず固定はできました。

IMG_8607.jpeg

ステムを中心として右側にセット。分解してガーミンマウントのホルダーを裏面に付け直せば左側にも取り付けが可能です。

IMG_8608.jpeg

丸穴の肉抜きとかダサいなぁ。サイコン取り付けてしまえば見えなくなるけどね。グレー塗装はシルバー系で揃えているハンドル周りにうまく溶け込んでいると思います。

IMG_8606.jpeg

付属のホルダーをセットすればGoPro系マウントもぶら下げられるようです。それを考えるとこのゴツさも意味があるのかな。サイコンだけだと大袈裟な気がしますけどね。



注文してから届くまで2週間以上かかりました。もう注文したのも忘れてましたよ(笑)色はグレーの他に黒と赤があります。待てる方。こんなの何でもいいよって方はどうぞ。



ssalebaner.jpg

フレームにミスマッチなスキンサイド

2019年06月17日 20:00

賞味期限が切れたチェーンが切れ、タイヤは柔軟さを失い全くグリップを感じさせずスキル不足の私に襲いかかってきました。今回は「MTBのタイヤ選び」からつづきです。

2014teamisuue.jpeg

以前は王滝を完走するという明確な目標とフィールドがあったうえでのタイヤ選びでした。今回はそこまで明確ではありませんが、たまにしか乗らないシングルトラックを中心とした山遊びでスキル不足を助けてくれるタイヤであって欲しいところ。なるべくエアーボリュームがあって、なるべくしっかりとタイヤのノブがある感じかな。クロカンフレームの許容サイズとかよくわからないけど、Twitterなどでアドバイスをいただき決めました。

maxxis_ardentskinwall.jpeg

選んだのはMAXXIS ARDENT(29x2.25)です。サイトが見やすいMAXXISはMTB門外漢にとってユーザーフレンドリーでとても良い。オールラウンドなアーデントにスキンサイドのタイヤがあり、それに一目惚れ。一応、他のタイヤも調べたけど、やっぱりこれに。TEAMモデルってことはレーシーな雰囲気のフレームなわけでそれにスキンサイドってどうなの?って感じもしますが、CXだってそうだしね。迷ったのは太さ。2.4の太さが入らないかなーと思ってフレームとフォークを測ってみたけど無理な感じなので諦めました。

bignine_ardent.jpeg

さっそく交換したけど、2.1から2.25のサイズアップで、太さからくる安心感はかなりのものですね。その安心感は実際に走る時にも大きく影響してくることでしょう。次のライドが楽しみになりました。





ssalebaner.jpg
[ 続きを読む ]

サイクリングペース向上

2019年06月12日 12:00

昨年を振り返ると、自転車を初めてから一番良い状態でサイクリングを楽しみました。その理由は効果的なトレーニングとかではなく、朝ランと玄米食に取り組み、適度な運動をするくらいの生活習慣の改善によるものです。それを維持していれば良かったのですが、CXシーズン中に発症した坐骨神経痛にはじまり、交通事故(オートバイ乗車時)、ペットロスからの子犬を迎えたことなどなど・・・肉体的にも、精神的にもいろいろあったのが原因かな。完全に46歳の平均的おじさんに戻りました。

82760de1-s.jpg

改めて昨年のことを思い返すとどうやら5月くらいから生活改善に取り組んだみたい。今年はちょっと遅れて6月スタート。でもそう決めただけではまたズルズルとモチベーションが上がらないままCXシーズンに突入することが目に見えているので、今月の越後長岡チャレンジサイクリング(初)と昨年初チャレンジしたロードのイベントも再チャレンジしようとエントリーしています。

_DSC9373-62 2

土日のどちらかは、必ずサイクリングの時間を取ることにして、平日は短い時間で集中して乗るように。朝ランでもいいけど、昨年と同じでもつまらないので、その時間自転車に乗ることにします。この日は江戸川の白い道を走りましたが、ちょっと時間が必要。そこまで確保できない時や雨の時はやはりローラーで。

IMG_8388.jpeg

20分〜30分を目安にはじめました。ちなみにSTRAVAZwiftは未接続。CXシーズンが終わって解約をしているのもありますが、Macを立ち上げて云々やってる時間も無駄な気がするので、しばらくはパワー数値を見ながらやってみます。

IMG_8342.jpeg

愛犬の散歩はもちろん変わらずに継続。成長著しく、一緒にフリーランニングできるようになってきたから、楽しみながらフィットネス向上に繋げたいと思います。そうじゃないとみんなと一緒にサイクリングできないからね。目標は千切れない。これです。




ssalebaner.jpg



最新記事