OGK Kabuto 301D 矯正レンズ製作依頼

2019年11月12日 20:00

購入編のつづきです。

以前紹介したスミスのODSアダプターを眼鏡店に持ち込み度入りレンズを製作した場合の見積もりをしてもらった事がありました。今回はOGK Kabuto 301Dを持ち込んで実際に製作してもらいます。

DSC_0004.jpg

今回お願いしたのはメガネハットさん。普段使っているメガネとスポーツサングラス(OAKLEY SPLIT JACKET)を持ち込んで、現在の度入りレンズがどれくらいのスペックなのか調べてもらいました。そのデータを参考にしながら、実際に検眼をします。矯正メガネを使っている人ならお馴染みですね。

【検眼について】
検眼では測定機器の性能よりも、検眼してくれる人とどれだけコミュニケーションできるかが大切。単純に普段の生活に使うのか、本を読みたいのか、車の運転をするのか、スポーツ用なのか・・・用途、目的を明確にしてその状況を理解してもらうのが大事。その点において、まずはスポーツサングラス専門店は経験豊かで安心してお願いできると思います。私もこれまで3本の度入りサングラスは専門店で検眼から製作までお願いしました。私のようにそもそもメガネでは矯正しきれない円錐角膜による強乱視の場合、ある部分で妥協して、どの見え方を重要視するかを自分で決める必要があります。3本作って自分の中で基準ができたので一般眼鏡店でも大丈夫であろうと判断しました。

SPLIT JACKETは8カーブレンズで乱視矯正はかなり難しく(歪みが出やすい)、矯正しても0.1~0.2くらいしか見えていませんでした。今回は0.6くらいは矯正できそうです。これは普段遣いのメガネよりやや劣るくらいのスペックです。普段遣いのメガネと同程度も試したのですが、ちょっと疲れそうなのでやめました。遠くは見えるのですが、近くのピントが合わない。地面が歪むなどの弊害が出るのでバランスが重要です。

【レンズカラー】
使用中のSPLIT JACKETのレンズ色はやや薄めのグレー。暗い夜から日差しが強い日でもなんとか使える程度にしてあります。1本でやりくりするギリギリの選択でした。やはり燦々と降り注ぐ真夏の太陽の元では眩しさを感じるし、薄暗いトレールでは微妙な凸凹などは認識が難しいと感じていました。そこで、今回はクリアレンズを製作します。

IMG_1080.jpeg
メガネハット Web Site

301Dのレンズはスポーツグラスとしては緩めの6カーブで特殊なレンズ加工が必要ではないので、一般的なメガネと同じ加工クリアレンズで問題はないとの事。価格は税込で7,500円だそうです。ちなみにSPLIT JACKETのレンズはハイカーブで段附加工も必要で約4万円でした。

価格表の右側が写っていませんが・・・レンズに色をつけるとこの価格にオプション価格として2,000円〜3,000円未満の追加費用がかかります。

私の場合乱視が強いこともあり、レンズの製作期間は10日間とのことでした。次回は受け取って、いくつかCXレースを走ってレビューをしたいと思います。

OGK kabuto サングラス 301D (防曇ライトスモーク) 自転車
by カエレバ





ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



OGK Kabuto 301D 購入

2019年11月11日 21:00

過去記事「度入りサングラス愛用者には気になるアイテム登場」で紹介した、OGK Kabutoの新作アイウェア「301D」。サイクルモードのOGK Kabutoブースでフィッティングしたところ、なかなか良い感触だったので通販で購入しました。

参考:メーカーサイト

IMG_1067.jpeg

内容はサングラス本体、ソフトケース、メガネ拭きが付属。

IMG_1066.jpeg

このソフトケースは傷防止にはなるけど、かなり柔らかい素材なので破損防止にはなりません。そして縫製が・・・サングラスの価格自体がとてもリーズナブルなのでそこまで求めていませんが、それなら巾着袋でいいのにな。実際に使うときは余っているOAKLEYのケースを使いたいと思います。

OGK Kabuto 301D
DSC_0004.jpg

DSC_0005.jpg

DSC_0009.jpg

フレームカラーはマットブラックとフローズングレーの2色。私が購入したのはフローズングレーです。レンズはどうせ交換するのでどうでもいいのですが、防曇ライトスモーク(54%)が付属します。

DSC_0007_2019111117001127e.jpg

横からの写真を見るとわかると思いますが、フレームのカーブに対してレンズは前に張り出しています。これによりレンズは6カーブと風の巻き込みを嫌うスポーツサングラスとしては緩めの設定。以前紹介したスミスのODSアダプターと同じ考えですが、301DはDOCK(レンズアダプター)を取り付けた状態でCFD解析を行いデザインされているそうです。
またDOCKにレンズをはめるのも通常のV溝加工でOK。段付きの加工などが不必要となり比較的リーズナブルに矯正レンズ仕様のサングラスを製作することが可能です。

ogk301d_oakleysplitjacket.jpeg
奥:OAKLEY SPLIT JACKET  手前:OGK Kabuto 301D

現在使っているOAKLEY SPLIT JACKETと比較しても形状は割と似ています。前から見た際の彫りの深いディティールなどOAKLEYの方が好みではありますが、上記で説明したメリットを考えれば納得。目が悪い人間にとってはファッションではなく医療器具であるから当然。

DSC_0025.jpg
左:OAKLEY SPLIT JACKET  右:OGK Kabuto 301D

OAKLEYのJAWBONEで初めて発表されたスイッチロックシステム。レンズの下側フレームが開くことにより簡単にレンズ交換ができるシステム。同じ時期に発売されたこのスプリットジャケットにも採用されています。画期的なシステムですが、これにより重量バランスが悪化。ランなどの上下動のある運動ではメガネが跳ねることがありました。自転車、特にロードサイクリングでは気になりませんが、CXなどの激しい動きの場合は影響が出ます。

そこでシンプルな構成のOGK Kabuto 301Dは軽量に仕上がっているだろうと期待したのですが・・・全体重量はほとんど変わりませんでした。(厚く重い矯正レンズに交換済みのスプリットジャケットとの比較)O-Matterって凄いのかもな。

oakleyvsogk.jpeg
左:OGK Kabuto 301D 右:OAKLEY SPLIT JACKET

全体的な形状としてはアジア人に合わせた301Dと全世界共通のSPLIT JACKETの違いがよくわかります。フレーム前面カーブが緩やかなので頬骨に当たるトラブルなども回避できそうです。SPLIT JACKETは当たることはないのですが、汗がレンズ下側に溜まることがありました。
ツルが丸く長いSPLIT JACKETの方がしっかりとしたフィッティングに感じます。ただ全体的なフィットは重量バランスなどもあるのでまだ判断はできません。フルフェイスヘルメットと使う場合はツルの長さが干渉してしまう事もあるのすが、その点で301Dは心配がなさそう。

送料無料 OGK KABUTO(オージーケーカブト) アイウェア 301D フローズングレー/防曇ライトスモーク
by カエレバ

スポーツアイウェアに関しては、いろいろこだわりがあるので長くなっちゃったな。次回は実際に矯正レンズをお願いしに行った話を書きます。




ssalebaner.jpg

幕張クロス 2019 レポート

2019年11月05日 20:00

土曜日のレース会場にて・・・
Takadaくん「明日公開録音するんですよ。え、やっぱり知らないですよね。誰もいなかったら悲しいので来てください」

自分のレースへ向かう車中でSide by Side Radio(51. 2019-2020シクロクロスシーズン&幕張シクロクロスを小坂光選手が語る)を聞いていたのだが、思いの外渋滞もなかったので途中までしか聞いてなかったのだが、後半に公開録音のお知らせをしていたようだ。

千葉のドッグランへ行く予定だったが、CX会場でリンダに会いたいとの声を多数頂いた事もあり初めての犬連れCX観戦へ。

sxsradio_openrec.jpg

メインパーソナリティの西薗氏とメインアシスタント(ゲスト?)の高田くんに加えてCX会場ならではの多彩なゲスト陣がレース前にも関わらず入れ替わり立ち替わりやってきて貴重な話を聞かせてくれました。その時の模様はコチラ 52. 弱虫ペダル幕張クロスプレゼンツ・公開収録&JCX/UCI MEレース後コメント

nishizono_rinda.jpg
Photo by Yasuhiro Nakashima

「ペコより大きい」「ぺコみたいに吠えない」などシクロクロス界ではペコを基準として評価するようだ。体は大きくてもまだ10ヶ月の子犬。世界中の全てのモノ、現象に興味があり、犬の形を借りた好奇心の塊。皆さんに可愛がってもらってありがたく思っています。

IMG_0954.jpeg

会場到着後、余りにもテンションが高いので、砂浜で遊んで体力を削ろうと試みましたが無駄な抵抗だったみたい。海は怖くて入らないものの、砂浜では転がってゴロゴロ砂まみれ。会場で皆さんが撫でてくれたのですっかり砂は落ちました(笑)攻撃性0の人懐っこさなので、会場で見かけた際には汚れ落とし撫でていただければ幸いです。

after_race.jpg
Photo by Zenmei Kageyama

早起きして、レースで出し切って、脱力して倒れ込んで大の字になり、芝生の上でご飯食べて、レースに声援を送って、自転車イベントで新製品をチェックして、犬連れて遊びに来て、海でドッグランして、公開録音を賑やかして、昨シーズン振りに会った仲間とくだらない話をして、写真や動画をシェアして帰ってからも楽しんで・・・これ全てがシクロクロス会場でできちゃったんですよ。シクロクロスってハンパないですよね。

これから寒くなって本格的なシクロクロスらしい天候に恵まれる事でしょう。その前にこんな穏やかなピクニック気分で楽しめる幕張クロスは最高でしたよって話でした。




ssalebaner.jpg

2019-2020 幕張クロス CM3

2019年11月04日 11:07

台風の影響で例年よりもシーズンインが遅れてしまいましたが、なんとか無事に開幕を終えました。毎年参加している幕張クロス(旧スターライトクロス幕張)は、好きなだけに入れ込みすぎて怪我も多いコース。安全第一で楽しんできましたよ。

コースチェック
makuharicross_map.png

恒例の試走時間前徒歩でのコースチェック。エリートはUCIレースとなるのでコースは右回り。基本的なレイアウトは作シーズンと変わらない感じだが、下位カテゴリーは芝生エリアがショートカットされる様子。この日のチェックポイントはコースコンディション。排水ポンプを使ってコース内の水たまりはほとんどなくなっているが、一部だけ意図的に残してある場所あり。また染み出しによりぬかっている場所もあり。後半のスケジュールであればラインもできてドライになりそう。

IMG_0898.jpeg

コース図左側とコース奥にある2連キャンバーの2つめ登り返し(忍者返し)はディスマウント。それ以外は基本的に乗車でクリアできる(バリア除く)。

作戦と目標
昨年は自分史上最も仕上がっていたシーズンだったが、今年のオフは本当に自転車にまたがっていなかった。そんな中の初戦でスタートは43番コールなので5列目。順位目標はなし。現状できる限りの力でプッシュをして、どれくらいのポジションで走れるのかを確認するレースとします。もちろん安全第一でね。

機材
19-20_raizin_cx.jpg
詳細はこの記事で

昨年は芝生エリアの転がりを重視してタイヤをシケイン(チャレンジ)にしたが、登り返しのキャンバーでトラクションが抜けることが多かった。試走では丁寧に走るから問題なくてもレースだとやっぱり神経が行き届かない。今回は芝生エリアも短くなっている事もありオールラウンドのスラローム(FMB TU)にした。不安だったのはタイヤ貼ってから一度も使ってなかった事くらい。

CM3 レースレポート
IMG_0985.jpg
Photo by Tomoaki Hori

スタートは周りの動きを見つつ落ち着いて。1コーナーまではあまり車間を詰めないようにして安全第一。そこから芝生エリアのヘアピンでガラ空きのラインを見つけてちょっと踏む。焦って踏んでも前に詰まるだけなので冷静にラインを探して空いたらそこに入る感じでバリア前まででそれなりに挽回できたかな。

IMG_0987.jpg
Photo by Tomoaki Hori

体力は持つはずがないので、出しどころを制限して、滞りなくフローするようなイメージ。芝生エリアに入ったらダンシングで早めにスピードに乗せるのは心がける。プッシュ、プッシュ!

IMG_0981.jpg
Photo by Tomoaki Hori

試走よりコースが絞られて逃げ場がなくなった水たまりポイント。まだラインができていない泥部分を走るより水の中の方が抵抗が少ないと信じて。

74426185_2551909774891893_5416872466645516288_o.jpg
Photo by Shinya Yoshiwara

Lap2の水たまりポイントではひろさとさんのオンボードに映っているが、加速も含めて2名をパスしている。

IMG_0983.jpg
Photo by Tomoaki Hori

決めたプランを淡々とこなし、前が見えたら追いつけるようにプッシュ。Lap2後半で前太ももに乳酸が溜まって踏めず。Lap3入って一度抜いた選手2名にパスされる。

IMG_0943.jpg
Photo by テリー

後ろを気にしつつ、これくらいの位置かと漕いでいたが、キャンバーなどの処理は破綻なくクリアできた事もあり抜かれた1名は射程距離に入った。最終コーナー手前の芝生エリアで踏んで気づかれないくらいの位置に上がって、最終コーナーで一気に真後ろにつき、そこからスプリント!声が出るくらい踏んで抜いてゴール。

リザルト:10位/49人出走 20%
Lap1 8:38(14)
Lap2 8:12(7)
Lap3 8:17(8)
合計タイム 25:09 (+1:23)

Good!
・決めたプランを確実に遂行できたこと
・できすぎのリザルト
・喘息発作や坐骨神経痛などの症状が出なかった

Bad
・オンボードカメラの操作失敗でデータなし

Lap2終了時に9位に上がっていたみたいだけれど、抜かれて抜き返して最終的には10位のリザルト。暑さを感じたが、空気の乾燥はなく、体調を崩すことなく走りきれたのは大きい。これからフィジカルを積み上げるのは困難なので、できる限りプッシュしつつ、冷静なマネージメントでリザルトを残せたらいいね。

IMG_0938.jpg
TEAM 48PRODUCT マスターズは無事にシーズンイン。NEWシューズはジャージデザインにドハマリしていると話題に。

最後に幕張クロスについて。昨シーズンまで売りだったナイトレースがなくなり、2日間に分けて1日分のスケジュールを消化する宇都宮のような運営になった。下位カテゴリーの参加人数減少によりレースグループが減ったのは長期的には問題なのかもしれないが、レース進行的には余裕ができた。UCIカテゴリーと下位カテゴリーでコース長の調整もあり、ちゃんと30分のレースが開催された。

ちなみに昨年までは20分前で終わることが通例だった。

昨日に引き続き20分弱のレース。ルール通りトップのラップから算出すれば3周回のレースになるはず。競技の性格が変わってくるくらいの状況だし、どうにか対策をして欲しい。ちなみにこの日は私たちとC3は2周回でC4は3周回のレースとなりました。なんだそりゃ。
UCI基準に合わせることによる弊害(コースが長くなり、遅い選手に合わせておかないとタイムスケジュールのコントロールが難しい)があるのは予想できるが、それにも対処方法はあると思う。今回スタートがホームストレート内だったが、これを別のスタートループを設ければ、前のレースの遅い選手をコースで走らせつつ、召集も完了できたりするでしょう。年々良くなっているイベントだけに次回に期待します。
昨年のレポートより



次回はRapha Super Cross 野辺山です。茨城の新会場も気になるけど体力的に難しいので観戦だけにしておきます。いやぁ、シクロクロスって辛くて楽しいですね。



ssalebaner.jpg

シーズンイン前日

2019年11月01日 08:00

私のCXシーズンがいよいよスタートです。幕張クロス(旧スターライトクロス幕張)は6年目で6回目の参加になる予定です。

IMG_3392.jpg

幕張のコースは右回り、左回りがあって、それぞれ面白いエリアがありますが、共通して言えるのは縦移動のスキルが求められるところ。急加速してトラクションを確保しながら一気に駆け上がったり、難しいラインを通るキャンバーが連続するなどのテクニックが求められます。

それをクリアできるテクニックはもちろんですが、混戦時にどのラインを選ぶか、乗車のまま行くのか?それとも降りて担ぐのか?そんなマネージメントでも差が出るのも面白い。

38170200822_281d505914_c.jpg
Photo by Takashi Saito

今年は千葉を中心に大きな被害をもたらした台風と大雨の影響もあって、コースの土壌はかなり水を含んでいる様子。レースまでの天気予報では晴天が続きそうですが、それまでに泥区間が完全に乾くのか?長い直線などがある芝生エリアの転がりを重視するのか?それと泥区間のトラクションを優先するのか?タイヤ選択なども含めてCXerの個性が出る部分でしょう。

幕張のコースは、普段練習でお世話になっている野田の森で培ったスキルが生きる部分も多く好きだし、ロードしか乗ってないCXerよりもアドバンテージはあると思っています。過去にもファーストラップをほぼトップで走るなんてこともあったのですが・・・骨折もひどい擦過傷も幕張で経験してたりしてね(苦笑)

Twitterなどの情報を見る限り、大きな水たまりは排水ポンプで抜いたようですが、水が染み出し水たまりが復活している模様。きっと2017年のようなレースになるんじゃないかな。ドライの高速エリアとマッドなテクニカルエリアが同居するような最高のコースになる予感。

鈍りきった体で数値的な目標を掲げるなんておこがましい。とにかく怪我のないように楽しみたいと思います。



ssalebaner.jpg



最新記事